ホンダ 新型 フィットと現行フィット スペック徹底比較

2019_Honda_FIT 新旧比較

ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2019年11月に発売するが、何が変わったのか比較してみた。

フィットがフルモデルチェンジ

4代目となる新型フィットは現行同様にキープコンセプトとし、全長を伸ばし、室内空間を更に広げ使い勝手を向上させる。新型フリードまではいかないが4,000mm前後が予想される。

2019_Honda_FIT

オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれる

テレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となる。「パーキングブレーキシステム」を採用しリアバンパーに4つのセンサーを配置し後方の障害物を感知して音と表示でお知らせする。

新型フィット と現行フィット  エンジン比較ついて

現行は「SPORT HYBRID i-DCDハイブリッドシステム」を搭載しJC08モード燃費を37.2km/Lであるが、「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD」を採用しJC08モード燃費40.0km/L前後まで達成させる。

新型フィット 先進運転支援システム 全車標準搭載

現行よりも更に進化したHonda SENSING(ホンダ センシング)全車標準搭載。衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)は昼・夜間歩行者と自転車に対しても衝突回避を支援。更に渋滞追従機能付ACCとなり「後方誤発進抑制機能」「オートハイビーム」も搭載。

システム 装備 新型フィット 現行フィット
CMBS
(昼・夜間歩行者 自転車)

(昼・歩行者 )
誤発進抑制機能
歩行者事故低減ステアリング
路外逸脱抑制機能
渋滞追従機能 ◯(付ACC)
LKAS
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
後方誤発進抑制機能
オートマチックハイビーム

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?
2014年10月にホンダが発表した安全運転支援システム「Honda SENSING」HiDS(ホンダ・インテリジェントドライバーサポートシステム)に、衝突被害軽減ブレーキのCMBSなどを統合した新たなシステムとして発表。2015年1月22日...

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ ハイブリッド「i-MMD」搭載 2019年11月発売

ホンダ 新型 フィット 4代目 フルモデルチェンジ ハイブリッド「i-MMD」搭載 2019年11月発売
ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2019年11月に発売する。2019年2019年10月24日~11月4日に開催予定の東京モーターショー2019で世界初公開する。「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD」を採用しJC08モード燃費40.0km/L前後まで達成させる。

フィット

https://www.honda.co.jp/Fit/

ホンダニュースリリース

https://www.honda.co.jp/news/2019/c190508b.html

ホンダ

https://www.honda.co.jp/

新旧比較
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました