MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

2025年 レクサス 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
Lexus Electrified Sport

2025年のレクサスは、新型モデルを多数投入する計画です。さらに、従来の「ガソリン車」「HEV(ハイブリッド車)」「PHEV(プラグインハイブリッド車)」に加えて、「BEV(バッテリー電気自動車)」の全てのパワートレインを採用します。新世代モデルとして、新しいエクステリアデザインや、新しいLEXUSプラットフォームである「GA-L(Global Architecture for Luxury)」が全車に採用されます。さらに、安全支援システムも強化され、衝突回避支援や予防安全パッケージ第3世代版「Lexus Safety System+」が全車に採用されます。レクサスは、トヨタ自動車が世界65か国で展開している高級車ブランドであり、2005年から日本国内で展開されています。

目次

レクサス 新型「LM」一部改良「LM350h」を追加 2025年5月発売

レクサス、初のミニバン新型「LM」は一部改良を行い新たに「LM350h」を追加し2025年5月発売する。新たに追加される「LM350h」には2代目新型「NX350h」5代目新型「RX350h」と同じく最大熱効率40%以上を実現したエンジンとハイブリッドモデルを組み合わせ小型・軽量化されたハイブリッドシステムを採用し燃費向上を果たす。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

レクサス 新型「LFA」スーパーカー再参入へ!2025年発売か?!

レクサスが新型LFAスーパーカーの再参入を検討しているという話が浮上しています。2014年8月8日、レクサスインターナショナルのエグゼクティブ・バイス・プレジデントであるマーク・テンプリン氏は、トヨタの豊田章男社長がどんな世代にもLFAのような車が存在すべきだと信じており、「我々は今の世代に向けてLFAを作る」と福岡県内の記者団に語りました。

2018年のデトロイト自動車ショーでの副社長兼ゼネラルマネージャーであるジェフ・ブラッケン氏は、日本の自動車メーカーが最終的に新しいスーパーカーを作り出すかもしれないことを示唆しています。

彼は、「より多くのハロー表現を必要としている。LFAのフォローアップができれば、ディーラーからよく聞きます。「私は、LFAへのフォローアップのために非常に多くの感情的でたくさんの要求を聞いても、それを無視しないと確信しています。」

lexus-lfa
LEXUS LFA
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
レクサス LEXUS 新型 LFA スーパーカー再参入へ!2025年発売か?!

レクサス 新型「TZ550e」「TZ450e」新たなEVモデル 3列シートSUVの可能性あり

レクサスは、新型BEV(バッテリー電気自動車)「TZ550e」と「TZ450e」を2024年に発表しました。これらのモデルは、2025年に発売される見込みです。「TZ」の「Z」は、レクサスが「RZ」SUVなどの完全電気モデルを識別するために使用されています。「550e」と「450e」の「e」も同様に、レクサスの「UX300e」などの電気自動車モデルに使われています。そして、「T」はおそらく「TX」をベースにしていることを示唆しています。「TZ」は「RZ」よりも大きなBEV(バッテリー電気自動車)3列シートSUVである可能性が高いと考えられます。このコンセプトモデルは、「bZ LARGE SUV」のレクサス版に近いものと言えます。

関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
レクサス 新型「TZ550e」「TZ450e」新たなEVモデル 3列シートSUVの可能性あり 2024年発表

レクサス 新型EV 「RZ350e」「RZ500e」「RZ550e」商標登録で明らかに さらにラインナップを追加する

レクサスは新型EVモデル「RZ」のラインナップに「RZ350e」「RZ500e」「RZ550e」を新たに追加する予定です。米国メディアによると2023年12月5日(現地時間)にLEXUSは米国特許商標庁(USPTO)にRZ350e」「RZ500e」「RZ550eの商標登録を出願しました。

関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
レクサス 新型EV 「RZ350e」「RZ500e」「RZ550e」商標登録で明らかに さらにラインナップを追加する

レクサス 新型「LQ」SUV 2025年発売

レクサスは新型「LQ」を2024年頃に発売する予定です。2018年5月7日(現地時間)に米国で「自動車とその構造部品」の商標として「LQ」を登録しました。クロスオーバーのコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless concept」の市販モデル名が、レクサスLQであると言われています。

Lexus-LF1
Lexus LF-1 Limitless concept
サイズLexus LF-1 Limitless
全長5,014mm
全幅1,986mm
全高1,605mm
ホイールベース2,974mm

LQ500

スペック新開発V型6気筒3.5L
ツインターボエンジン
最高出力421ps/5,200~6,000rpm
最大トルク61kgm/1,600~4,800rpm
トランスミッション10速AT

LQ500h

スペックV型6気筒 3.5Lエンジン
+モーター
最高出力299ps(220kW)/6,600rpm
最大トルク348Nm/4,900rpm
トータル最高出力358ps(264kw)
トランスミッション電気式無段階変速機
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
レクサス 新型 LEXUS LQ クーペSUV 2025年発売

LFA復活か?レクサス 新型 BEV(電気自動車) スポーツ 0-100km/h 2秒台 航続距離は約700km超えるかも

レクサスは、次世代の「BEV(電気自動車)」スポーツ、セダン、SUVのコンセプトを秘めた新しい写真とアニメーションのギャラリーをリリースしました。新型BEV(バッテリEV)「bZ」シリーズは2021年12月14日に公開され、驚くべきことに、トヨタとレクサスの合計で一気に16車種のバッテリーEVが発表されました。さらに、2030年までに30車種に拡大する計画です。

レクサスBEVスポーツのコンセプトは、高性能スポーツカーに求められる大胆なプロポーションと低い車高を備え、象徴的なレクサスLFAの精神を復活させながら、高級ブランドの未来を象徴しています。全固体電池の使用の可能性により、0-100km/h加速は2秒の低い範囲になり、航続距離は430マイル(約692km)を超える可能性があります。

関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
レクサス LEXUS 新型 LFA スーパーカー再参入へ!2025年発売か?!

関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
LFA復活か?レクサス 新型 BEV(電気自動車) スポーツ 0-100km/h 2秒台 航続距離は約700km超えるかも

レクサス 「LFA」後継は「LFR」となるの? 日本で商標登録を確認

レクサスは、新型「LFA」のフルモデルチェンジの開発を進めていると言われています。2022年12月7日には、日本の特許庁に「LFR」の商標申請(商願2022-140089)が行われました。「LFA」の正式な車名は、コンセプトカー「LF-A(Lexus Future Advance)」に敬意を払ってハイフンを除いた「LFA」と命名されました。しかし、後に「F」シリーズの本格展開によって、「LFA」が「F」シリーズの頂点とシンボルであることをアピールするため、正式な車名が「Lexus F Sports Apex(LFA)」と改称されました。「Lexus F Sports R〇〇〇(LFR)」という名称は、車名として不自然ではなく、その由来としては、多くのスポーツグレードや“Racing”に由来する命名法があります。「GT-R」「シビックタイプR」などのスポーツカーでこの「R」が使われています。

関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
レクサス 「LFA」後継は「LFR」となるの? 日本で商標登録を確認

レクサス BEVフラッグシップモデル「LF-ZL」

レクサスは、2023年10月25日に次世代バッテリーEV(BEV)のコンセプトモデル「LF-ZC」を世界初公開しました。この次世代BEVでは、すべての車体構造・コンポーネントを小型軽量化することで、より自由度の高い車両パッケージングを実現しています。LEXUSは、長年にわたり磨き上げてきた走りの味の継承と、電動化技術の進化によって、機能と美しさに妥協のない「クルマ屋ならではのBEV」を目指しています。このビジョンを具現化したのが、「LF-ZC」です。低重心かつ凝縮感あるフォルムと広々とした室内空間に、心揺さぶるドライビング体験を予感させるスリークなプロポーションで、優れた機能性と美しさを両立させ、情感あふれるデザインを実現しています。

「LF-ZC」のボディサイズは、全長4,750mm×全幅1,880mm×全高1,390mmで、ホイールベースは2890mmです。目標値CLTCモード航続距離は1000kmで、目標値Cd値は0.2以下を目指しています。

関連記事

レクサス 次世代バッテリEVモデル「LF-ZC」

レクサスは、2023年10月25日に次世代バッテリーEV(BEV)のコンセプトモデル「LF-ZC」を世界初公開しました。この次世代BEVでは、すべての車体構造やコンポーネントを小型軽量化することで、より自由度の高い車両パッケージングを実現しています。LEXUSは、長年にわたり磨き上げてきた走りの味の継承と、電動化技術の進化によって、機能と美しさに妥協のない「クルマ屋ならではのBEV」を目指しています。このビジョンを具現化したのが、「LF-ZC」です。低重心かつ凝縮感あるフォルムと広々とした室内空間に、心揺さぶるドライビング体験を予感させるスリークなプロポーションで、優れた機能性と美しさを両立し、情感あふれるデザインを実現しています。

「LF-ZC」のボディサイズは、全長4,750mm×全幅1,880mm×全高1,390mmで、ホイールベースは2890mmです。目標値CLTCモード航続距離は1000kmで、目標値Cd値は0.2以下を目指しています。

関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
レクサス 次世代バッテリEVのコンセプトモデル「LF-ZC」2026年導入予定

レクサス 新型「LS」フルモデルチェンジ 自動運転技術「Highway Teammate」採用 2025年発売

レクサスは新型「LS」のフルモデルチェンジを行い2025年に発売する。第45回東京モーターショー2017(2017年10月25日(水)~11月5日(日))にてLS+ Conceptで発表した。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
レクサス 新型 LS フルモデルチェンジ LF-FC「LS+ Concept」自動運転技術「Highway Teammate」採用 2025年発売

レクサス 新型「IS」フルモデルチェンジ TNGA採用 2026年10月発売

レクサスは新型「IS」のフルモデルチェンジを行い、2025年10月に発売する予定です。今回のフルモデルチェンジは7年目にあたり、トヨタは新型プリウスから採用された「TNGA(Toyota New Global Architecture)」を次々と新型に導入しています。新しい開発プラットフォームである「TNGA GA-Kプラットフォーム」の採用に加えて、レーザースクリューウェルディングや構造用接着剤の使用箇所の拡大、そしてドア開口部の環状構造の採用により、ボディの高剛性化が実現されています。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。

レクサス 新型 IS フルモデルチェンジ 4代目 TNGA採用 2026年10月発売

※最新自動車情報 調べ

発売日の間違え、予想も含まれております。

関連記事

詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
2024年 レクサス 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

レクサス

https://lexus.jp/

Lexus Electrified Sport

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次