MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

マツダ 新型 CX-60  ディーゼル か ガソリンどちらを選ぶ?

マツダは新型「CX-60」を新たにラインナップ、エンジンは4つあるがその中で「ガソリン車」「ディーゼル車」から選ぶ。「CX-60」の燃費性能の、ディーゼル車・ガソリン車の違いや、グレードによる違いなどを詳しく解説します。

目次

新型 CX-60 グレード選択について

エンジンは4つあり「ガソリン車」「プラグインハイブリッド車」「ディーゼル」「ディーゼルマイルドハイブリッド」から選ぶ。更にグレードは「S Package」「L Package」「Exculusive Mode」から選択する。まず一番頭を悩ますのがエンジンの選択である。

マツダ 新型 「CX-60」 価格 グレードについて

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
25S S Package 直列4気筒DOHC
2.5L 直噴 エンジン
SKYACTIV-G 2.5
8AT 4WD 3,217,500円
2WD 2,992,000円
25S L Package 3,415,500円
4WD 3,641,000円
25S Exculusive Mode 2WD 3,844,500円
4WD 4,070,500円
XD 直列4気筒DOHC
3.3L デーゼルターボ
SKYACTIV-D
8AT 2WD 3,239,500円
4WD 3,465,000円
XD S Package 2WD 3,580,500円
4WD 3,806,000円
XD L Package 2WD 4,004,000円
4WD 3,229,500円
XD Exculusive Mode 2WD 4,433,000円
4WD 4,658,500円
XD-HYBRID Exclusive Sports 直列4気筒DOHC
3.3L デーゼルターボ
e-SKYACTIV D
8AT 4WD 5,054,500円
XD-HYBRID Exclusive Modern 4WD 5,054,500円
XD-HYBRID Premium Sports 4WD 5,472,500円
XD-HYBRID Premium Modern 4WD 5,472,500円
PHEV S Package 直列4気筒DOHC
2.5L 直噴 エンジン
SKYACTIV-G 2.5
PHEV
8AT 4WD 5,390,000円
PHEV Exclusive Sports 4WD 5,846,500円
PHEV Exclusive Modern 4WD 5,846,500円
PHEV Premium Sports 4WD 6,264,500円
PHEV Premium Modern 4WD 6,264,500円

新型 CX-60 燃費データ

ガソリン車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:13.1km/L(10.0km/L)

ハイブリッド車(2WD)の燃費はWLCTモード燃費:19.8km/L(14.0km/L)

(  )はおおよそ実燃費 ※他のモデルをベースで考えた。

スペックSKYACTIV-G 2.5SKYACTIV-D
エンジン直列4気筒DOHC
2.5L 直噴 エンジン
直列4気筒DOHC
3.3L デーゼルターボ
最高出力138kW(188ps)/
6,000rpm
170kW(231ps)/
4,000~4,200rpm
最大トルク250Nm(25.5kgm)/
3,000rpm
500Nm(51.0kgm)/
1,500rpm~3,000rpm
トランス
ミッション
SKYACTIV-DRIVE
8速AT(8速自動変速機)
SKYACTIV-DRIVE
8速AT(8速自動変速機)
駆動方式2WD(FF)/4WD2WD(FF)/4WD
WLTCモード
燃費
13.0-13.1km/L(2WD)
14.1-14.2km/L(4WD)
19.0-19.8km/L(2WD)
18.3-18.5km/L(4WD)
乗車定員5名5名

ディーゼルで元が取れるまで

燃費と価格を考えたときに非常に悩ましい問題となった。両方のグレード「Exculusive Mode」2WD で比較した場合、ガソリンモデルは3,844,500円、ディーゼルモデルは4,433,000円と588,500円の差額となる。

ここでガソリンの計算となるが588,500円のガソリン代を埋める場合にどれほど乗ればお得となるのか検証する。現実的に上記記載の実燃費を元に計算すると。

ガソリン車(2WD)の燃費は10.0km/L。ディーゼル車(2WD)の燃費は14.0km/Lで計算。

ガソリン価格 1L 160円の場合

ガソリンモデル 10,000km=160,000円

ディーゼル車 10,000km=114,285円

10,000km走って45,715円差なので50,000km走って228,575円差がでた。つまりこれでも本体代の差額588,500円を埋めることができない。

通常5年ほどで新車を手放す可能性が高いかもしくは100,000kmと考えてもディーゼル車を選ぶと+359,925円となる。燃費のいいディーゼル車だからと言って安易に選ぶことができない。更に、「CX-60」の場合エクステリアデザインにハイブリッドとの差がなくドヤ顔できる訳でもない。50,000km乗ることで本体代をペイし、ガソリン車の方が、リセールバリュー(中古車売却)したときに価値が残る可能性が高いことを考えるとおすすめは「ガソリン車」である。

目次に戻る

快適性について

今までは金額的な話をしてきたが、快適性の話もしたい。SKYACTIV-G 2.5」モデルは金額面では申し分ないが、快適な面で言うとそうでもない。筆者は、4代目RAV4のガソリン 2.0Lに乗った経験があるが非常に走り出しが遅いと言う感想だ。車重に対してトルクが足りない、Direct Shift-CVTで改善されたとしても遅いと感じるはずだ。「SKYACTIV-D」はマツダお得意のクリーンディーゼルであり、走り出しはトルクがありとてもいい走り出しが期待できる。快適性能では「ディーゼル車」をおすすめする。

まとめ

グレード「S Package」「L Package」「Exculusive Mode」に加え「ガソリン車」「プラグインハイブリッド車」「ディーゼル」「ディーゼルマイルドハイブリッド」からの選択なので非常に悩むことになる。ディーゼル車とガソリン車ならガソリン車の方がトータルコストが安い。快適な走行を求めるなら「プラグインハイブリッド」「ディーゼルマイルドハイブリッド」も選択肢に入れるべきだ。

結論、新型CX-60で一番おすすめは「Exculusive Mode」または余裕があるなら「PHEV Premium Modern」「XD-HYBRID Premium Modern」あたりを考えて商談に望んでもらいたい。

目次に戻る

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次