MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ランボルギーニ 新型「Revuelto(レヴエルト)」PHEVモデル 0-100km/h加速 2.5秒 2023年3月29日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
Revuelto

ランボルギーニは、V12スーパースポーツ初の新型PHEV(プラグインハイブリッド)「Revuelto(レヴエルト)」を2023年3月29日(現地時間)発表した。ハイパフォーマンスEV(HPEV)と位置付けられた。 

目次

ランボルギーニ 新型 「Revuelto」について

創立60周年を迎えるランボルギーニは「Revuelto(レヴエルト)」に、 6番目の新しいV12 パワー3基の電気モーター前輪を駆動する 148hp (150PS) の 2つのユニットと、後輪を駆動する新しい8速DCTに格納された同じ仕様の電気モーターを合わせたシステム搭載したランボルギーニのスポーツカーである。

エンジンとモーターを合わせて、システム最高出力合計1,001hp (1,015PS) パフォーマンスは、0-100km/h加速2.5秒、最高速350km/h超。3.8kWh のバッテリーは、7kWの電源を使用して30分で充電でき、V12を発電機として使用すると、わずか6分で充電できる。

インテリアは、自立型の「12.3インチのデジタルインストルメントクラスター」と「8.4インチポートレートインフォテインメントスクリーン」を採用、これら2つのスクリーンと、助手席の前方にある3番目の「9.1 インチのデジタルストリップ」は、1つの頭脳によって制御され、すべてが同じように表示され、操作されるようになっている。中央の画面から他の画面に情報を「スワイプ」することもできる。

U字型のリバース レバーを備えたギアセレクターとスターターボタン用の少し派手なフリップアップ カバーはアヴェンタドールでおなじみ、ステアリング ホイールとそれが制御する13の異なるドライビングモード構成。ホイールは同社のSquadra Corseレースカーのヨークにインスパイアされている。しかし、Revueltoには2つのロータリー コントロールがあり、Città (City)、Strada、Sport、および Corsa モードを切り替えて、状況に合わせて V12マシンのキャラクターを微調整できる。

あわせて読みたい
【2024年】 0-100km/h加速 ランキング 国産・輸入車 速い車はこれだ! 世界トップ40 今回は2024年現在、世界で発売する車の中で0-100km/h加速で速い順にランクを作成しています。公式データをもとに作成しています。販売が終了しているモデルは記載してお...

ランボルギーニ

https://www.lamborghini.com/jp-en

ランボルギーニ ニュースリリース

https://media.lamborghini.com/english/latest-news/lamborghini-revuelto--the-first-super-sports-v12-hybrid-hpev/s/a6dcb265-98ec-4a32-8969-2c9b761901c1

Revuelto

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

下のバナーをクリックしていただくと、当サイトにポイントが入り、ランキングがアップします。
(1日1クリックまで)

1位を目指しています!応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車ランキング
自動車ランキング
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
ゲームバナー
ゲームバナー
目次