ランドローバー 新型 ディフェンダー フルモデルチェンジ 2019年9月10日発表

Land Rover Defende ランドローバー

ランドローバーはディフェンダーのフルモデルチェンジを行い2019年9月10日(現地時間)に発表した。

新型ディフェンダーは2020年春に発売され「5+2シート」が利用可能な「Defender110」の構成は「Explorer」「Adventure」「Country」「Urban」の4つの異なるアクセサリパックで発売。更に、170種類のアクセサリーから選択可能。「Defender 90」や多用途性と耐久性の高い商用モデルもラインナップ予定。

2019年4月30日(現地時間)71周年の記念日となる「World Land Rover Day」で、最終フィールドテストの計画を発表。2013年に販売が終了しているため、発売は2020年頃に復活を果たすことになる。2019年9月12日〜9月22日開催されるフランクフルトモーターショー 2019にて正式発表された。

ランドローバー 新型 ディフェンダーについて

世界で最も技術的に進歩したオフロード車として開発。新しいボディ構造とまったく新しいテクノロジーと実績のあるハードウェアを組み合わせた。

Land Rover Defende

新しいD7xアーキテクチャに基づいて軽量オールアルミニウムモノコック構造「オールアルミニウムD7xプラットフォーム」を採用。従来のフレーム上のボディデザインの3倍の剛性となる。完全に独立したサスペンションを採用。

Land Rover Defende

エクステリアはスクエアホイールアーチと新しいLEDヘッドライトと垂直テールライトによって、タフさと高級感を出した。18インチの白塗装プレススチールリムから22インチのルナ合金まで、12種類のホイールデザインを選択できる。

Land Rover Defende

インテリアにはデジタルインストルメントパネル、中央のタッチスクリーンには、「次世代 Land Rover Electronic Vehicle Architecture(EVA 2.0を搭載したヘッドアップディスプレイ)」を搭載。

Land Rover Defende

フロントロウセンターシート(ジャンプシート)は「First Edition Defender 90」では標準、「Defender 110」ではオプションとなる。「Defender 110」は5、6人または5 + 2の座席。「Defender 90」は6人乗り、6座席である。

3つのインテリアカラーの組み合わせと異なるインテリア仕上げオプション。「S」および「SE」トリムにはグレインレザーと耐久性のある堅牢なテキスタイルを組み合わせ。「HSE」モデルは、ハイグレードのウィンザーレザーを提供。、ディフェンダーXは、ウィンザーレザーとスチールカットプレミアムテキスタイルアクセントを組み合わせて、耐久性を強化。

Land Rover Defende

「Defender 110」 地上高291 mm、アプローチ、ブレークオーバー、およびデパーチャーアングル(けん引アイカバーを外したオフロードの高さ)がそれぞれ  38、28、40度。最大牽引能力は3,720 kg。最大積載量900kg、最大ルーフ静荷重300kg、最大ルーフ動荷重168kg、最大渡河水深900mm。

ランドローバー 新型 ディフェンダー 搭載エンジンについて

P300 2.0L 4気筒 ターボチャージャー付きガソリンエンジン、最高出力296hp(300 PS)、7.7秒の0-60 mph時間を可能にします(8.1秒で0-100 km/h)8スピードZFオートマチックトランスミッションとツインスピードトランスファーボックスの組み合わせ。

P400 3.0L 6気筒 ツインスクロールターボチャージャーの48V マイルドハイブリッド(MHEV)最高出力395 hp(400 PS)最大トルク406 lb-ft(550 Nm)5.8秒で0から60 mph(0-100 km/h6.1秒)。8スピードZFオートマチックトランスミッションとツインスピードトランスファーボックスの組み合わせ。

D200 最高出力197hp(200 PS)、D240 最高出力237hp(240 PS)来年、プラグインハイブリッドパワートレインがラインナップされる。

ランドローバー 新型 ディフェンダー 運転支援システムについて

運転支援システムには、「アダプティブクルーズコントロール」「リアプリコリジョンモニター」「リアトラフィックモニター」「クリア出口モニター」「緊急ブレーキ」「レーンキープアシスト」「交通標識認識」「ドライバー状態モニター」などを採用。

ランドローバー 新型 ディフェンダー グレード

Defender、Defender S、Defender SE、Defender HSE、Defender X、Defender First Edition。

Land Rover Defende

Land Rover Defende

Land Rover Defende

Land Rover Defende

Land Rover Defende

Land Rover Defende

Land Rover Defende

Land Rover Defende

New Land Rover DEFENDER – Design

ランドローバー 新型 ディフェンダー 過酷なテスト走行について

フルモデルチェンジに向けて、数多くのテストを行い、テスト走行距離が120万kmに到達し、開発の節目を迎える。新型「ディフェンダー」には地球上で最も過酷といわれる環境で4万5000項目ものテストを実施。50度の高温にもなる砂漠からマイナス40度の北極圏、米国コロラド州ロッキー山脈の1万フィートという環境にまで至る。強靭なラダーフレームのシャシとアルミニウムボディを採用。エクステリアデザインはキープコンセプトではあるが現代的なデザインを多く取り入れている。

New Land Rover DEFENDER – Capability

Land Rover Defende

Land Rover Defende

Land Rover Defende

Land Rover Defende

Land Rover Defende

Land Rover Defende

Land Rover Defende

Land Rover Defende

Land Rover Defende

ランドローバー ディフェンダーについて

イギリス・ランドローバー社が1948年から製造していた四輪駆動車ランドローバー・シリーズを1990年に改良した時点で付けられた車名である。強靭なラダーフレームのシャシとアルミニウムボディを採用し、各国の軍用車両や警察、消防車両などに多数採用されている。

1990年、ランドローバー・90/110はランドローバー・ディフェンダーとなった。1989年にディスカバリーが発売、混乱を避けるための変更であった。

2013年10月、最新の衝突安全基準や排ガス規制に対応することが難しくなったという理由により2015年12月20日を持って生産終了とされることがアナウンスされ、67年間の歴史に幕を下ろすこととなった。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

https://www.carscoops.com/2019/04/all-new-land-rover-defender-launching-in-september-deliveries-start-in-2020/

https://www.carscoops.com/2019/09/2020-land-rover-defender-reborn-as-a-modern-4×4-with-advanced-tech/

ランドローバーニュースリリース

https://pr.jlrj.jp/press/show/5457/land-rover

https://pr.jlrj.jp/press/show/5936/land-rover

ランドローバー

https://www.landrover.co.jp/index.html

ランドローバー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました