MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

マツダ 新型 CX-30 CX-3とCX-5の中間サイズ ジュネーブモーターショー 2019 世界初公開

mazda cx-30

マツダはCX-3CX-5の中間サイズ となる全く新しいモデル新型「CX-30」を2019年に発売する。欧州では2019年8月頃から販売を開始する。以降、順次世界各国で販売を開始する。2019年3月7日~3月17日に開催されるジュネーブモーターショー 2019にて「CX-30」世界初公開した。

目次

新型 CX-30について

新世代商品として初の二桁シリーズとなる「CX-30」はCX-3とCX-5の中間サイズである 。ベースは新型「MAZDA3」となる。デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用。 車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用している。

CX-30 が CX-4とならなかった理由とは?

CX-30サイズはCX-3とCX-5の中間サイズである 。単純に考えればCX-4でいい。しかし1つ問題となったのが、中国専用モデルとして既に2016年6月から「CX-4」を販売しているからだ。

マツダ 新型 CX-30 が CX-4とならなかった理由

あわせて読みたい
マツダ 新型 CX-30 が CX-4とならなかった理由 2019年3月7日~3月17日に開催されるジュネーブモーターショー 2019にて「CX-30」世界初公開した。世界中の人がこの「CX-30」と言う名前に驚いたはずだ。何故ならCX-シリ...

新型 CX-30 エクステリアについて

mazda cx-30
mazda cx-30
mazda cx-30
mazda cx-30
mazda cx-30
mazda cx-30
mazda cx-30
mazda cx-30
mazda cx-30
mazda cx-30
mazda cx-30

新型 CX-30 ボディサイズ

サイズ新型CX-30
全長4,395mm
全幅1,795mm
全高1,540mm
ホイールベース2,655mm
乗車定員5名

新型 CX-30 ボディサイズ比較

サイズ CX-3 新型CX-30 CX-5
全長 4,275mm 4,395mm 4,545mm
全幅 1,765mm 1,795mm 1,840mm
全高 1,550mm 1,540mm 1,690mm
ホイールベース 2,570mm 2,655mm 2,700mm
乗車定員 5名

新型 CX-30 インテリアについて

インテリアはメーターパネルを液晶化し、マツダコネクトは最新の「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」TFT 8.8インチのインフォテインメントシステムが搭載。「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応となる。「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」は運転中の操作は危険だとし、タッチパネルは非搭載で全てはコマンダーコントロールで操作で行う。

mazda cx-30
mazda cx-30
mazda cx-30

新型 CX-30 エンジンについて

ラインナップ予想は「SKYACTIV-G 2.0」「SKYACTIV-D1.8」「SKYACTIV-X」がラインナップ予定だ。

スペック 新型CX-30 ガソリン車
エンジン名 SKYACTIV-X SKYACTIV-G 2.0 SKYACTIV-G 2.0
エンジン 2.0L 直4気筒
エンジン
2.0L 直列4気筒
エンジン
2.0L 直4気筒
エンジン
最高出力 133kW/181ps 114kW(155PS)/
6,000rpm
109Kw(148ps)/
6,000rpm
最大トルク 222Nm 196Nm(20.0kgm)/
4,000rpm
192Nm(19.6kgm)/
2,800rpm
駆動方式 2WD/4WD
ミッション 6AT 6速AT /6速MT
スペック新型CX-30 ディーゼル車
エンジン名SKYACTIV-D 1.8
エンジン1.8L 直4気筒デーゼルエンジン
最高出力85kW(116ps)/4,000rpm
最大トルク270Nm(27.5kgm)/2,600rpm
駆動方式2WD/4WD
ミッション6AT/6MT

i-ACTIV AWDを搭載

よりスポーティとなった新型CX-30には、新世代4WDシステム、「i-ACTIV AWD」を搭載する。電子制御で駆動力を積極的にコントロールし、走破性能と燃費性能を高次元で両立。 多くのセンサーがドライバーの意図と走行状況を正確に検知し必要な後輪トルクを瞬時に演算・指令、不要な後輪トルクの伝達を抑え、ほぼ2WD状態で走行を可能にする。

新型 CX-30 次世代の先進安全技術「i-ACTIVSENSE」全車に標準搭載

「i-ACTIVSENSE」技術を標準装備する。更にアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)に夜間歩行者検知機能を追加。TJA(交通渋滞アシスト)FCTA(フロント・クロス・トラフィック・アラート)DM(ドライバーモニタリング)TSR(交通標識認識システム)など最新の機能を採用。

今後、新しい情報が入り次第お伝え致します。

マツダニュースリリース

https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2019/201903/190305a.html

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

マツダ

https://www.mazda.co.jp/

mazda cx-30

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次