メルセデス・ベンツ 新型 A200d 初クリーンディーゼル搭載モデル 2019年3月25日発売

A200d_AMG メルセデス・ベンツ
A200d AMG

メルセデスベンツは新型Aクラスのクリーンディーゼルエンジン「OM654q」搭載したモデル「A200d」を追加し2019年3月25日販売を開始した。納車は2019年6月頃を予定している。

A200d 価格:399万円

新型 Aクラス「 A 200 d」について

メルセデス・ベンツのコンパクトモデル群にとって初めてのクリーンディーゼルエンジンを搭載したモデル。すでにCクラスやEクラスで実績があり、優れた燃費性能を誇る直列 4 気筒クリーンディーゼルエンジン「OM654」をベースに、 横置きに対応したエンジンで、従来の排出ガス処理システムに加え、アンモニアスリップ 触媒(ASC)を備える SCR 触媒が増設されている。その結果、欧州で 2020 年から 施行予定の、EURO6d 規制や、ステージ 2RDE(実路走行試験)規制に前もって適合する 環境性能が確認されている。

「A200d」に搭載される2.0L 直列4気筒 直噴 クリーンディーゼルターボ「OM654q」は、最高出力150PS(110kW)、最大トルク320N・mと コンパクトなボディを力強く加速させる性能を有しながら、低振動で高い静粛性を両立。 シリンダーピッチを90mm、シリンダー間の厚みを8mmとし、全長をコンパクトにまとめ たシリンダーブロックは軽量化のためにアルミニウム製となっている一方、 ピストンはスチール製。この熱膨張率の異なる素材を採用することで40%以上の摩擦を低減。また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コー ティングする「NANOSLIDE®」摩擦低減加工を施している。トランスミッションは新開発の8速デュアルクラッチトランスミッション 「8G-DCT」となり、様々な状況で最適なギアを選択できる。

A200d_AMG

2.0L 直列4気筒 直噴 クリーンディーゼルターボ「OM654q」

Aクラスについて

メルセデス・ベンツ 新型 Aクラス フルモデルチェンジ MBUX インフォテイメントシステム標準装備 日本2018年10月18日発表
メルセデス・ベンツは新型Aクラスのフルモデルチェンジを行い、日本では2018年10月18日に発表し発売した。新型Aクラス発表を記念した500台特別仕様車「A 180 Edition1」も同日発売した。メルセデス・ベンツ日本は新型Aクラスのキ...

メルセデスベンツニュースリリース

https://media.mercedes-benz.jp/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E6%90%AD%E8%BC%89%E3%81%AE-A-d-%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%A8/

メルセデスベンツ Aクラス

https://www.mercedes-a.jp/