MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

マセラティ 新型「MC20 Cielo」スパイダーモデル 2022年5月25日発表

Maserati MC20 Cielo

マセラティは、新型スパイダー(コンバーチブル)モデル「MC20 Cielo(チェロ)」を2022年5月25日(現地時間)発表した。日本での価格は3385万円(予定)予約受付も開始。デリバリー開始は2023年初春の予定。

目次

マセラティ 新型「MC20 Cielo」について

MC20チェロの特徴は、まさにその名前の中に表現。マセラティ・コルセ(「レーシング」の意)を指す「MC」、マセラティブランドにとって新時代の幕開けとなった2020年を指す「20」、そしてイタリア語で「空」を指す「チェロ(Cielo)」は、クーペタイプの優位性をそのままに、広い空の下で運転する悦びや楽しさを追求するモデルである。革新的なV6 ネットゥーノ・エンジンを搭載するMC20チェロは、格納式ガラスルーフという独創的な仕様によって、スポーツ性とラグジュアリーの完璧な融合を実現。高分子分散型液晶(PDLC)技術により、センタースクリーンのボタンに触れるだけで、車窓は一瞬にして透明から曇った状態へと変化する、最先端のエレクトロクロミック(スマートガラス)ウィンドウが採用。ルーフの断熱性と開閉速度(わずか12秒)も、業界最高レベルを誇ります。これらの技術が凝縮されたことで、MC20チェロは五感で感じる運転体験を実現。マセラティ・イノベーション・ラボで開発され、悠久の歴史を持つヴィアーレ・チーロ・メノッティ工場で生産される新型スパイダーは、クーペタイプと同様に100%メイド・イン・イタリーを保証。

クーペと比べ重量の増加はわずか65kg、圧巻のパワーウェイト比率に加え、カーボンファイバーシャシー(クーペ、スパイダー、将来的に発売される電動バージョンの3モデル共通)が徹底的なねじれ剛性を確保、公道やサーキットにおける卓越したハンドリングの組み合わせを実現。余分なものを全て削ぎ落とし、全ての要素が機能的な役割を持つデザインの中で、唯一、スーパースポーツカーMC20のバタフライドアを採用したことでサプライズ感を演出。これはキャビンへの乗降を容易にするだけでなく、カーボンファイバー製のコックピットとありのままのフロントホイールを誇示。

MC20チェロには、アクティブ・セーフティシステムが搭載。MY22からMC20に装備されたパーキングセンサー、リアビューカメラ、ブラインドスポットモニタリングに加え、新型スパイダーには自動緊急ブレーキ、道路標識情報、新型の360度 カメラが装備。「ハイ・プレミアム ソナス・ファベール(Sonus Faber)」オーディオシステムがオプションで装備。EISAアワードを受賞したMC20 クーペの車載オーディオシステムをスパイダー車内固有の音響・配置ニーズに合わせて最適化し、ソナス・ファベールのオーディオシステムの特徴ともいえる「ナチュラルサウンド」を実現する12個のスピーカーを配置。マセラティ・インテリジェント・アシスタント(MIA)マルチメディア・システムとマセラティ・コネクトで操作することができる。

マセラッティ ニュースリリース

https://www.maserati.com/jp/ja/news-event/new-maserati-mc20-cielo-global-premiere

MC20

https://www.maserati.com/jp/ja/models/mc20

Maserati MC20 Cielo

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる