日本車

ヤマハ サードパーティ向け電気モーター「Hyper-EV」を発表

ヤマハは350kWのEVモーターセグメントへの参入を発表しました。コンパクトな電気モーターは「ハイパーEVモデル」その他の高出力モビリティセグメントでの使用を目的としており、ヤマハは今年4月から試作品の委託開発の受注を開始。

サードパーティ向け電気モーター「Hyper-EV」

ヤマハ発動機は、2020年から自動車などのモビリティ用途向けのプロトタイプ電気モーター(35〜200kW)の開発委託を受け付けている。ハイパーEVやその他の高出力アプリケーションでの設置と使用を目的として、350 kWクラス(動作電圧800V)の最大出力を誇るユニットを新たに開発。

新開発の電動機の主な特徴は、機械部品と電気部品を1つの部品として扱い、ギアとインバーターを1つのユニットに統合したコンパクトな構造。1台の車両に複数のユニットを設置して使用することを見越して開発。

ヤマハニュースリリース

https://global.yamaha-motor.com/news/2021/0412/ev-motor.html

https://global.yamaha-motor.com/business/e-motor/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

最新自動車情報

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

-日本車
-

© 2021 最新自動車情報