レクサス LC

「LC」は「レクサス」が販売するラグジュアリー2ドアクーペである。「LC」はレクサス「SC」の後継モデルとして販売する。「SC」は日本ではソアラとして販売されていたもので、2010年に販売を終了したモデルである。そもそも、LF-LCはレクサスのデザイナーが試しに作成したモデルであったが、公開以降あまりの評判の良さからここにきて開発を進めることとなった様だ。LF-LCに搭載されるパワートレインはハイブリッドになることが公表されモデルは2種類でLexus LC500とLexus LC500hである。

レクサス LCについて

2011年12月22日、北米国際自動車ショー2012(デトロイトモーターショー)においてプレミアムクーペコンセプト「LF-LC」を出展すると発表。2016年1月12日、北米国際自動車ショー2016(デトロイトモーターショー)においてLC500を世界初披露。

2012年にデトロイトモーターショーで発表したコンセプトカー「LF-LC」の革新的なデザインイメージをモチーフに、新開発プラットフォームによる骨格を活かして開発が行われた。 

LF-LC

LF-LC

初代 URZ100 / GWZ100型

2017年3月16日日本での発売を発表。LC500hは同日発売。LC500は4月13日発売。2018年4月5日特別仕様車「Structural Blue」を発売。2018年8月30日一部改良。2018年10月31日特別仕様車「Luster Yellow」を発売。2019年9月26日特別仕様車「PATINA Elegance」が発表された。2020年6月18日一部改良並びにコンバーチブルクーペモデル「LC500 Convertible」の追加、特別仕様車「LC500 Convertible”Structural Blue”」の設定が発表された、LC500 Convertibleは7月15日より順次発売。2020年10月28日特別仕様車「AVIATION」の設定が発表された(2021年1月6日発売)。

レクサス 新型 LC500 LC500h LC500 Convertible スペック

スペック LEXUS
LC500
Convertible
LEXUS
LC500
LEXUS
LC500h
全長 4,760mm 4,770mm
全幅 1,920mm
全高 1,350mm 1,345mm
ホイールベース 2,870mm
エンジン 5.0L V型8気筒
エンジン
3.5L V型6気筒 エンジン
マルチステージ
ハイブリッドシステム
最高出力 351kW (477ps) /
7,100kgm
220kW (299ps) /
6600rpm
最大トルク 540Nm (55.1kgm) /
4,800~5,600rpm
348Nm (36.3kgm) /
4900rpm
モーター
最高出力
132kW (180ps)
モーター
最大トルク
300Nm (30.6kgm)
トータル
最高出力
264kW
トランス
ミッション
10速AT
(Direct-Shift 10AT)
電気式無段変速機
駆動方式 FR
乗車定員 4名
JC08モード燃費 7.8km/L 15.8km/L
価格 1500万円〜
1700万円
1302万2,000円〜
1402万2,000円
1352万2,000円〜
1452万2,000円

レクサス 新型 LC500 LC500h LC500 Convertible グレードについて

Lexus LC500

グレード 価格
(10%)
LC500 13,500,000円
LC500“L package” 13,500,000円
LC500“S package” 14,500,000円
LC500 “Convertible” 15,000,000円
LC500 “Convertible”
特別仕様車 Stractural Blue
16,500,000円

Lexus LC500h

グレード 価格
(10%)
LC500h 14,000,000円
LC500h“L package” 14,000,000円
LC500h“S package” 15,000,000円

LEXUS LC

あわせて読みたい
Access Denied