ダイハツ 新型 ハイゼットカーゴ マイナーチェンジ 衝突回避支援システム スマートアシストIII 搭載 2017年11月13日発売

ダイハツは新型ハイゼットカーゴ マイナーチェンジを行い2017年11月13日発売した。

ハイゼット カーゴ 価格:93万4200円~149万5800円

ハイゼット トラック 価格:68万400円~134万4600円

ハイゼット スローパー 価格:161万5000円~180万円(消費税非課税)

ハイゼット カーゴ特装車 価格:93万4200円~216万1080円

ハイゼット トラック特装車 価格:126万3600円~151万2000円

新型タント/ タントカスタム新型ミライースに搭載された先進技術「スマートアシストⅢ」を採用する。(世界最小の「小型ステレオカメラ」を採用。)スマートアシストⅢはJMCPN 予防安全性能アセスメントにおいて「ASV++」を獲得している。

目次

ハイゼットカーゴについて

ダイハツの軽1BOXである。アトレーワゴンと基本構造を同一である。

現在は10代目

2004年12月20日 ハイゼットカーゴのみ先行フルモデルチェンジ。

2007年12月10日 マイナーチェンジ。フロントバンパーのデザインを変更するとともに、3本スポークウレタンホイールと明るいグレー色基調採用のインテリアに変更。その後一部改良を繰り返し行なっている。

新型ハイゼットカーゴについて

LEDヘッドライト、LED フォグランプ、新意匠のメッキフロントグリル、フロントバンパー、リアバンパー、リアコンビランプの変更などを行う。プレミアムシャインブラックを中心に、メッキやシルバー塗装による加飾で上質感あるインパネに変更。

シート表皮はインパネと統一感ある黒基調とし、質感を向上し先進的で上質な意匠の自発光式メーターを採用。間口が広く使いやすい助手席トレイ/センタートレイ、メッシュ形状に変更したことで置いたものが一目でわかるオーバーヘッドシェルフ、マルチユーティリティフックを新たに採用し、使い勝手を向上。紫外線、赤外線、花粉などを防ぎ、快適性を高める「ビューティーパック」をメーカーオプションで設定した。新エコアイドル(アイドリングストップ機能)を搭載。

ハイゼット カーゴ特装車シリーズについて

「デッキバン」「カーゴ2シーター」「カーゴ2シータークリーン」「カーゴ2シーターブラインド仕様」「カーゴセパレート2シーター」「カーゴ冷蔵車」はダイハツ生産車独自のラインナップ。

ハイゼット デッキバンについて

上級グレードの G“SAⅢ”、G はメッキフロントグリルや LED ヘッドランプ/LED フォグランプを標準装備するなど、スタイルと質感を向上した。ガードフレームの標準装備化やガードバーの形状変更により、積荷をロープ等で固定しやすくしたことでオープンデッキの使い勝手を向上。助手席シートスライドを固定式から 120mm のスライド式に変更「カラーパック」を新設定し、全 7 色から選択可能に 。


ハイゼット デッキバン

ハイゼット トラック

今回のマイナーチェンジで新型タント/ タントカスタム新型ミライースに搭載された先進技術「スマートアシストⅢ」を採用する。(世界最小の「小型ステレオカメラ」を採用。)スマートアシストⅢはJMCPN 予防安全性能アセスメントにおいて「ASV++」を獲得している。

スペック 新型ハイゼット カーゴ
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,875mm
ホイールベース 2,455mm
エンジン 直3 DOHC 660cc 直3 DOHC 660ccターボ
最高出力 39Kw[53ps]/7,200rpm 47Kw[64ps]/5,700rpm
最大トルク 60Nm[6.1kgm]/4,000rpm 92Nm (9.4kgm)/
3,200rpm
駆動方式 2WD/4WD
JC08モード燃費 16.0 km/L-18.8 km/L
車両重量 820-890kg 840-900kg

エンジンに変更はなし、しかしアイドリングストップシステムの新「eco IDLE」エコアイドル(アイドリングストップ機能)搭載、電動式パワーステアリング、新開発のタイヤを採用し燃費向上を果たしJC08モード燃費17.2km/L→17.8km/Lとなる。

新型ハイゼットカーゴ ボディカラーについて

ファインミントメタリック

ライトローズマイカメタリック

ミストブルーマイカメタリック<669>

ブラックマイカメタリック

パールホワイトⅢ

ブライトシルバーメタリック

ホワイト

先進技術「スマートアシストⅢ」を搭載

旧型のスマートアシストIIではJNCPN予防安全評価最高ランク獲得している。今回のマイナーチェンジで新型タント/ タントカスタム新型ミライースに搭載された先進技術「スマートアシストⅢ」を採用する。(世界最小の「小型ステレオカメラ」を採用。)スマートアシストⅢはJMCPN 予防安全性能アセスメントにおいて「ASV++」を獲得している。

■衝突警報機能/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両、対歩行者)

①衝突警報(対車両、対歩行者)

走行中に前方の車両や歩行者をカメラが検知し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

②一次ブレーキ(対車両、対歩行者)

衝突の危険があるとシステムが判断した場合、自動的に弱いブレーキ(一次ブレーキ)をかけ、運転者に衝突回避を促します。

③被害軽減ブレーキアシスト(対車両、対歩行者)

一次ブレーキ機能が作動している時にドライバーがブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動し、ブレーキ制動力を高めます。

④緊急ブレーキ(対車両、対歩行者)

衝突が避けられないとシステムが判断した場合、強いブレーキ(二次ブレーキ)で減速。衝突を回避したり、被害を軽減します。

■車線逸脱警報機能

走行中、ウインカーなしで車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でドライバーに警告し、操作を促します。

■先行車発進お知らせ機能

停止時に先行車が発進したことに気づかず、発進しなかった場合にブザー音とメーター内表示でお知らせします。

■AT誤発進抑制制御機能

①前方誤発進抑制制御機能

ステレオカメラにより、前方4m以内に車両や壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「前進」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。

②後方誤発進抑制制御機能

リアバンパーに内蔵されたソナーセンサーにより、後方2~3m以内に壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「後退」にしたままアクセルペダルを踏み込んだ場合、エンジン出力を制限することで、急発進を抑制します。

■ハイビームアシスト

ステレオカメラが対向車のヘッドランプなどの明るさを検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。これにより、切り替え操作なくハイビームでの走行が可能になり、街灯の少ない道路でも安心して夜間の走行ができます。

「スマートアシストⅡ」「スマートアシストⅢ」の違いについて

機能システム スマートアシストⅡ スマートアシストⅢ
方式 レーザーレーダー
+単眼カメラ
ステレオカメラ
自動ブレーキ 歩行者
警告のみ(50km/h以下)

(50km/h以下)

自動ブレーキ 衝突回避

(20km/h以下)

(30km/h以下)

自動ブレーキ 被害軽減

(30km/h以下)

○(80km/h以下・

対歩行者 50km/h以下)

誤発進抑制 前方/後方
車線逸脱警報
先行者発進お知らせ
オートハイビーム

ダイハツニュースリリース

あわせて読みたい

ダイハツ スマートアシストⅢ

あわせて読みたい

ハイゼットカーゴ

あわせて読みたい

ハイゼットデッキバン

あわせて読みたい

ハイゼットトラック

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる