レクサス 第2世代版 Lexus Safety System+を2018年より導入 比較 変更点

レクサスは、2015年から導入を開始した、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を、更なる事故低減への寄与を目指した第2世代システムに進化させ、2018年より日本、北米、欧州を中心に順次、各車に導入すと発表した。

目次

Lexus Safety System +について

トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」のレクサスブランド向けの「Lexus Safety System +」、ならびにその機能強化型の「Lexus Safety System +A」の2種類設定があり、それぞれ対象機種と安全性が異なる。

Lexus Safety System +

LEXUS 全ての車に採用。トヨタ車に搭載される「Toyota Safety Sense P」と同様のフロントガラスに設置した単眼カメラとバンパーに設置されたミリ波レーダーを搭載。

  • 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
  • レーンディパーチャーアラート(LDA)
  • オートマチックハイビーム(AHB)
  • アダプティブハイビームシステム(AHS)
  • レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)

Lexus Safety System +A

Lexus Safety System +AはLEXUS LSシリーズに搭載。フロントガラスに設置した2眼カメラとバンパーに設置されたミリ波レーダーを搭載。

  • 歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
  • フロントクロストラフィックアラート[FCTA]
  • レーンディパーチャーアラート(LDA)
  • オートマチックハイビーム(AHB)
  • レーントレーシングアシスト(LTA) ドライバー異常時停車支援システム
  • レーンチェンジアシスト(LCA)
  • アダプティブハイビームシステム(AHS)
  • レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)
  • 先行車発進告知機能(TMN)

第2世代版 Lexus Safety System+ 性能比較

システム 次世代
Lexus Safety
System+
Lexus Safety
System +
Lexus Safety
System +A
オートマチック
ハイビーム
衝突回避支援型
プリクラッシュ
セーフティ

昼・夜間歩行者
自転車

昼間歩行者

昼間歩行者
レーントレーシング
アシスト
×
レーンチェンジ
アシスト
× ×
レーン
ディパーチャー
アラート

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報

ステアリング制御
白線/黄線 検出
ふらつき警報

ステアリング制御
白線/黄線 検出
ふらつき警報
フロントクロス
トラフィックアラート
× ×
ロードサインアシスト ×
レーダークルーズ
コントロール
先行車発進告知 ×

第2世代の次世代Lexus Safety System +について

レクサスニュースリリースより

2017年10月19日に発売した新型LSに搭載された先進の予防安全パッケージ「Lexus Safety System + A」の衝突回避支援や高度運転支援「Lexus CoDrive」を、第2世代のLexus Safety System +に展開する。具体的には、現在、第1世代のLexus Safety System +に採用している「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、以下の進化により、事故の防止や交通事故死傷者の更なる低減と、ドライバーの負担軽減を目指す。

カメラ・レーダーの性能向上等により、検知対象を拡大し、機能を向上

高度運転支援機能・レーントレーシングアシスト(LTA)を採用し、Lexus CoDrive対象車を拡大。ユニットを小型化し、搭載性を向上。

検知対象の拡大と機能向上

PCSに「夜間歩行者」、「自転車運転者」を新たに検知対象として追加。従来のシステムでは検知できなかった「夜間歩行者」、「自転車運転者」の検知機能を追加することにより、重大事故の原因をより広くカバー。

「ロードサインアシスト(RSA)」の導入

カメラが主要な道路標識を読み取り、インストルメントパネル内に表示、制限速度や一時停止、進入禁止、はみ出し禁止などの交通規制の見落とし軽減に寄与し、安全運転をサポート。

高度運転支援「Lexus CoDrive」レーントレーシングアシスト(LTA)の採用

ドライバーの負担低減・利便性向上等のため、レーントレーシングアシスト(LTA)を採用。レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう、ドライバーのステアリング操作をアシストする。レーダークルーズコントロールの機能と相まって、自動車専用道路等でのドライバーの負担を軽減し、より余裕を持った運転に寄与同時に、LTAは「レーンディパーチャーアラート(LDA)」の機能も有し、白線の無い直線道路でも道路端を認識することにより、路外逸脱の警報(ディスプレイ表示、ブザーまたはステアリング振動)と、回避操舵のアシストを実施。

今後 第2世代版 Lexus Safety System +を導入する車種

新型 LEXUS ES シリーズ ES300h

レクサス 新型 LEXUS ES シリーズ ES300h フルモデルチェンジ FF高級セダン 日本 2018年10月24日発売

あわせて読みたい
レクサス 新型 ES300h フルモデルチェンジ FF高級セダン 日本2018年10月24日発売 レクサスは新型 LEXUS ESシリーズのフルモデルチェンジを行い「ES300h」を日本で2018年10月24日に発売した。日本で先行発表は9月12日に行われた。「デジタルアウターミ...

新型 LEXUS UX200 UX250h

新型 LEXUS UX200 UX250h クロスオーバーSUV 2018年11月27発売

あわせて読みたい
レクサス 新型 UX200 UX250h クロスオーバーSUV 2018年11月27発売 レクサスは新型モデルのUXシリーズ、クロスオーバーSUVモデルを開発し2018年11月27日の発売する。LEXUS UX300eも今後ラインナップされる予定だ。価格:390万円〜535万円...

レクサス 新型 LEXUS RX

レクサス 新型 LEXUS RX マイナーチェンジ 2019年11月発売

あわせて読みたい
レクサス 新型 LEXUS RX マイナーチェンジ 2019年8月29日発売 レクサスは新型RXシリーズのマイナーチェンジを行い2019年8月29日発売した。 【レクサス 新型 RX マイナーチェンジについて】 エクステリアのデザイン変更を行い、フロ...

レクサス 新型 LEXUS NX 

レクサス 新型 NX マイナーチェンジ 一部改良 2019年4月発売

あわせて読みたい
レクサス 新型 NX マイナーチェンジ 一部改良 2019年5月6日発売 レクサスは新型NXのマイナーチェンジ(一部改良)を行い2019年4月18日に発表した。2019年5月6日に発売する。今回は第二世代の「Lexus Safety System +」を搭載するのが...

レクサス 新型 LEXUS IS 

レクサス 新型 LEXUS IS シリーズ フルモデルチェンジ TNGA採用 2019年7月発売

あわせて読みたい
レクサス 新型 IS フルモデルチェンジ TNGA採用 2023年10月発売 レクサスは新型「IS」のフルモデルチェンジを行い2023年10月に発売する。予想価格:450万円~700万円。2020年6月1日にティーザー画像を公開。2020年6月16日午前8時 米国...

トヨタ 第2世代版 Toyota Safety Senseを2018年より導入 比較 変更点

あわせて読みたい
トヨタ 第2世代版 Toyota Safety Senseを2018年より導入 比較 変更点 トヨタは、2015年に導入を開始した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を、更なる事故低減への寄与を目指し第2世代システムに進化させ、2018年より順次、各車に...

レクサスニュースリリース

あわせて読みたい

トヨタニュースリリース

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる