レクサス 新型 LEXUS RX マイナーチェンジ 2019年8月29日発売

RX レクサス
Lexus RX F SPORT

レクサスは新型RXシリーズのマイナーチェンジを行い2019年8月29日発売する。

レクサス 新型 RX マイナーチェンジについて

エクステリアのデザイン変更を行い、フロントとリアバンパーのデザイン変更。LEDヘッドライトのデザイン変更。(三眼フルLEDヘッドランプ+LED シーケンシャルターンシグナルランプ フロント&リヤ)テールランプのフルLED化 意匠変更フォグランプやガーニッシュデザイン変更。世界初の「ブレードスキャン®式 アダプティブハイビームシステム(AHS)」を(RX450h L “version L” “F SPORT” 標準)搭載。

RX

スピンドルグリルにはL字モチーフのブロックメッシュパターンを採用。高級感をよりアップさせた。

RX

インテリアにはRX450h Lに6人乗りバージョンを採用、2列目シートは独立したキャプテンシートを採用する。

RX

ナビゲーションのタッチディスプレイ化やApple CarPlayとAndroid Auto両方をサポート、USBソケットの増設、スマートフォン収納箇所の追加、タッチパッド式のリモートタッチを採用。

RX

ハンズフリーパワーバックドア (挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)は全車標準装備、リヤバンパーの下に足を出し入れするだけで自動でオープン&クローズが可能。パドルシフト全車標準装備。

スポット溶接の打点増加、構造用接着剤の接着面拡大によってボディ剛性を強化。ショックアブソーバーに「フリクション・コントロール・デバイス」が追加し、路面からの微小な入力で発生する高周波振動を低減する「フリクションコントロールダンパー」を採用。「アクティブコーナリングアシスト(ACA)」採用。

RX

NXの一部改良と同様に「アクティブコーナリングアシスト(ACA)」の標準装備。予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を進化した第2世代の次世代Lexus Safety System +を標準装備する。現在、第1世代のLexus Safety System +に採用している「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、各機能を進化させ、事故の防止や交通事故死傷者のさらなる低減と、ドライバーの負担軽減を目指す。

「Lexus Safety System +」の進化

単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」自動車専用道路等においてレーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーダークルーズコントロール」と「レーントレーシングアシスト(LTA)」カメラで主要な道路標識を読み取り、メーターとヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト(RSA)」先行車の発進をメーターとヘッドアップディスプレイ内での表示とブザーで知らせる「先行車発進告知機能(TMN)」採用する。

新型 RX マイナーチェンジ 搭載 次世代 Lexus Safety System + の主な特長

ミリ波レーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保。歩行者検知機能付衝突回避支援型PCS、LDA、AHBの3種類の予防安全機能に加え、レーダークルーズコントロールも装備する。

システム 次世代
Lexus Safety
System+
Lexus Safety
System +
Lexus Safety
System +A
オートマチック
ハイビーム
衝突回避支援型
プリクラッシュ
セーフティ

昼・夜間歩行者
自転車

昼間歩行者

昼間歩行者
レーントレーシング
アシスト
×
レーンチェンジ
アシスト
× ×
レーン
ディパーチャー
アラート

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報

ステアリング制御
白線/黄線 検出
ふらつき警報

ステアリング制御
白線/黄線 検出
ふらつき警報
フロントクロス
トラフィックアラート
× ×
ロードサインアシスト ×
レーダークルーズ
コントロール
先行車発進告知 ×

カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示、およびステアリングの振動でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。また、電動パワーステアリングを制御し、車線内走行をしやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートする「レーンキーピングアシスト」(LKA)を一部車両に搭載する。

歩行者認識対応のプリクラッシュセーフティ(歩行者「昼・夜」自転車運転者「昼」)
歩行者検知機能付衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティ(PCS)」、車線逸脱による事故の予防に貢献する昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能
車線逸脱警報
ステアリング振動機能付レーンディパーチャーアラート(LDA)
アダクティブハイビームシステム(AHS)
ヘッドライプの配光を先行車両や対向車に直接ハイビームを当てないように最適な状態にする。
オートマチックハイビーム
歩行夜間の前方視界確保を支援するため
ロー・ハイビームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム(AHB)
レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
歩行夜間の前方視界確保を支援するため
ロー・ハイビームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム(AHB)
レーンレーシングアシスト
レーントレーシングアシスト[LTA]採用。 高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。
ロードサインアシスト(RSA)
歩行夜間の前方視界確保を支援するためロー・ハイビームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム(AHB)
先行者発進通知機能(TMN)
先行車が動き出した場合、自車が停止し続けている場合にカラーヘッドアップディスプレイとマルチインフォメーションディスプレイ表示、ブザーで先行車が発進したことを知らせる。
安全運転支援システム「ITS Connect」
ITS専用周波数(760MHz)による路車間・車車間通信を活用した安全運転支援システム「ITS Connect」、アクセルの踏み間違いや踏み過ぎなどで起こる衝突を緩和するインテリジェントクリアランスソナー、さらに駐車時に左右後方から接近してくる車両と衝突の危険性がある場合、自動的にブレーキ制御するリヤクロストラフィックオートブレーキ(RCTAB)を採用し、予防安全機能を強化。
先行者発進通知機能(TMN)
先行車が動き出した場合、自車が停止し続けている場合にカラーヘッドアップディスプレイとマルチインフォメーションディスプレイ表示、ブザーで先行車が発進したことを知らせる。

レクサス 第2世代版 Lexus Safety System+を2018年より導入 比較 変更点

レクサス 第2世代版 Lexus Safety System+を2018年より導入 比較 変更点
レクサスは、2015年から導入を開始した、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を、更なる事故低減への寄与を目指した第2世代システムに進化させ、2018年より日本、北米、欧州を中心に順次、各車に導入すと発表した。 ...

新型 RX マイナーチェンジ スペックについて

スペック 新型RX450h L 新型RX450h 新型RX300
全長 5,000mm 4,890mm
全幅 1,895mm
全高 1,725mm 1,710mm
ホイールベース 2,790mm
エンジン 3.5L V型6気筒
エンジン+モーター
2.0L 直4気筒
ターボエンジン
最高出力 193kW(262ps)/
6,000rpm
175kW (238) /
4,800~5,600rpm
最大トルク 335Nm(34.2kgm)/4,600rpm 350Nm (35.7kgm) /
1,650~4,000rpm
フロントモーター
最高出力
123kW(167ps)
フロントモーター
最大トルク
335Nm(34.2kgm)
リアモーター
最高出力
50kW(68ps)
リアモーター
最大トルク
139Nm(14.2kgm)
トランス
ミッション
電気式無段階
変速機
6 Super ECT 
駆動方式 2WD/
E-Four(4輪駆動方式)
2WD/4WD
JC08モード
燃費
17.8km/L 18.8km/L 11.8km/L
乗車定員 6〜7名 5名
価格 5,036,727円〜
6,303,273円

新型 RX マイナーチェンジモデル 価格 グレードについて

ガソリンモデルRX300のみ価格を調べました。RX450hについては後日再度調査します。RX300の価格差は6万〜11万円ほどです。

RX300 価格

モデル エンジン トランス
ミッション
駆動方式 新型価格 旧価格 新旧価格差
RX300
“version L”
2.0L 直4気筒
ターボエンジン
6 Super
ECT 
2WD 6,038,182円 5,961,000円 +77182円
4WD 6,303,273円 6,221,000円 +82,273円
RX300
“F SPORT”
2WD 5,910,545円 5,801,000円 +109,545円
4WD 6,175,637円 6,061,000円 +114,637円
RX300 2WD 5,036,727円 4,972,000円 +64,727円
4WD 5,301,818円 5,232,000円 +69,818円

RX450h / RX450h L 価格

モデル エンジン トランス
ミッション
駆動方式 新型価格 旧価格 新旧価格差
RX450h L 3.5L V型6気筒
エンジン
+モーター
電気式
無段階変速機
4WD 7,690,000円
RX450h
“version L”
2WD 7,036,000円
4WD 7,296,000円
RX450h
“F SPORT”
2WD 7,176,000円
4WD 7,436,000円
RX450h 2WD 6,047,000円
4WD 6,307,000円

RX マイナーチェンジモデル ボディカラー全11色について

ソニッククォーツ※2

ソニックチタニウム

ブラック

グラファイトブラックガラスフレーク

レッドマイカクリスタルシャイン

アンバークリスタルシャシン ※2

アイスエクリュマイカメタリック※2

テレーンカーキマイカメタリック※2

ディープブルーマイカ

ホワイトノーヴァガラスフレーク ※ 1

ヒートブルーコントラストレイヤリング ※ 1

※1 “F SPORT” 専用色 ※2 “F SPORT” 選択不可

RX マイナーチェンジしたポイント 

新型RXは次世代 Lexus Safety System +となりプリクラッシュセーフティにおいては歩行者「昼・夜」自転車運転者「昼」まで検知が可能となった。ナビゲーションにタッチディスプレイ化やApple CarPlayとAndroid Auto両方をサポートした。更にボディ剛性アップとショックアブソーバーの改良により乗り心地や安定性が向上した。

RXシリーズについて

現行モデルは4代目となる新型RXシリーズは2015年10月22日に発売された。「RX450h」「RX350」(日本未発売)のエンジンだが、現行に搭載されている物を新化させた。

3.5LV型6気筒DOHCのアトキンソンサイクルエンジンと高トルクモーター内蔵のトランスミッションを組み合わせとそのハイブリッドモデル (3.5LV型6気筒DOHC+モーター)エンジンの最高出力は310psだ。更にスポーティバージョンである「F SPORT」も登場すると発表されている。

「RX450h」のJC08モード燃費は18.2〜18.8km/Lとなる。そして、2015年4月20日に上海モーターショー2015で発表された「RX200t」新型エンジン 直4 2.0L直噴ターボが新たに搭載。ツインスクロールターボチャージャー、可変角を拡大したDual VVT-iWを使しエンジンの最高出力が238ps(170kW)もあるのでまずRXでも問題のない走りとなる。

新型RXでは全車標準装備で予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を採用。「RX200t」のJC08モード燃費は12.1km/Lとなる。

RX450h

RX450h

RX300(RX200t) マイナーチェンジモデル 変更点について

2017年9月14日に新型NXのマイナーチェンジを行ったが同様の変更が行われRX200tの2Lターボエンジン搭載車をグレードモデル「RX300」とする。

2017年12月7日にRX450h version Lグレードをベースに3列化をした「RX450h L」をラインナップする。

電動格納式のサードシートを採用。18インチアルミホイールをよりメタリックな塗装としたほか、セキュリティ機能を強化。

RX450h

RX450h

RX450h

RX450h

RX450h

RX450h

RX450h L

RX450h L

RX450hL

RX450h

RX450h

RX450h

RX450h

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

レクサスニュースリリース

https://lexus.jp/pressrelease/news/20190530.html

LEXUS RX

https://lexus.jp/models/rx/

タイトルとURLをコピーしました