レクサス 新型 NX マイナーチェンジ 一部改良 2019年4月発売

LEXUS NX レクサス
LEXUS NX

レクサスは新型NXのマイナーチェンジ(一部改良)を行い2019年4月に発売する。今回は第二世代の「LEXUS SAFETY SYSTEM+」を搭載するのが最大の変更点だ。

新型 NX マイナーチェンジ 一部改良について

エクステリア、インテリアに変更はない。ボディカラーに「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング〈4Y1〉」を追加。

インテリアカラーに「ブラック×アクセントサンフレアブラウン(”version L”専用)」「ブラック×アクセントマスタードイエロー(”F SPORT”専用)」を追加する。「アクティブコーナリングアシスト(ACA)」の標準装備。第二世代の「Lexus Safety
System +」を搭載。第一世代との違いは、歩行者認識対応のプリクラッシュセーフティ(歩行者「昼・夜」自転車運転者「昼」)、レーントレーシングアシスト(LTA)と先行者発進通知機能(TMN)、ロードサインアシスト(RSA)をパッケージ化している。

第二世代の「Lexus Safety System +」

衝突回避支援や高度運転支援機能である「Lexus CoDrive」を含む予防安全パッケージ第二世代の「Lexus Safety System +」を採用し全車標準装備する。

システム 次世代
Lexus Safety
System+
Lexus Safety
System +
Lexus Safety
System +A
オートマチック
ハイビーム
衝突回避支援型
プリクラッシュ
セーフティ

昼・夜間歩行者
自転車

昼間歩行者

昼間歩行者
レーントレーシング
アシスト
×
レーンチェンジ
アシスト
× ×
レーン
ディパーチャー
アラート

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報

ステアリング制御
白線/黄線 検出
ふらつき警報

ステアリング制御
白線/黄線 検出
ふらつき警報
フロントクロス
トラフィックアラート
× ×
ロードサインアシスト ×
レーダークルーズ
コントロール
先行車発進告知 ×

予防安全パッケージLexus Safety System +を採用。パッケージ化、多面的な安全運転支援を強化している。安全性能

歩行者認識対応のプリクラッシュセーフティ(歩行者「昼・夜」自転車運転者「昼」)
歩行者検知機能付衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティ(PCS)」、車線逸脱による事故の予防に貢献する昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能
車線逸脱警報
ステアリング振動機能付レーンディパーチャーアラート(LDA)
アダクティブハイビームシステム(AHS)
ヘッドライプの配光を先行車両や対向車に直接ハイビームを当てないように最適な状態にする。
オートマチックハイビーム
歩行夜間の前方視界確保を支援するため
ロー・ハイビームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム(AHB)
レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
歩行夜間の前方視界確保を支援するため
ロー・ハイビームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム(AHB)
レーンレーシングアシスト
レーントレーシングアシスト[LTA]採用。 高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。
ロードサインアシスト(RSA)
歩行夜間の前方視界確保を支援するためロー・ハイビームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム(AHB)
先行者発進通知機能(TMN)
先行車が動き出した場合、自車が停止し続けている場合にカラーヘッドアップディスプレイとマルチインフォメーションディスプレイ表示、ブザーで先行車が発進したことを知らせる。
安全運転支援システム「ITS Connect」
ITS専用周波数(760MHz)による路車間・車車間通信を活用した安全運転支援システム「ITS Connect」、アクセルの踏み間違いや踏み過ぎなどで起こる衝突を緩和するインテリジェントクリアランスソナー、さらに駐車時に左右後方から接近してくる車両と衝突の危険性がある場合、自動的にブレーキ制御するリヤクロストラフィックオートブレーキ(RCTAB)を採用し、予防安全機能を強化。
先行者発進通知機能(TMN)
先行車が動き出した場合、自車が停止し続けている場合にカラーヘッドアップディスプレイとマルチインフォメーションディスプレイ表示、ブザーで先行車が発進したことを知らせる。

レクサス 第2世代版 Lexus Safety System+を2018年より導入 比較 変更点

レクサス 第2世代版 Lexus Safety System+を2018年より導入 比較 変更点
レクサスは、2015年から導入を開始した、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を、更なる事故低減への寄与を目指した第2世代システムに進化させ、2018年より日本、北米、欧州を中心に順次、各車に導入すと発表した。 ...

レクサス 新型「NX300」「NX300h」 スペックについて

スペック 新型NX300 新型NX300h
全長 4,640mm
全幅 1,845mm
全高 1,645mm
ホイールベース 2,660mm
エンジン

2.0L直列4気筒
ターボエンジン

2.5L直列4気筒エンジン
+モーター

最高出力 175kW(238ps)/
5,600rpm
110kW(152ps)/
5,700rpm
最大トルク 350Nm(35.7kgm)/
4,000rpm

206Nm(21.0kgm)/

4,400~4,800rpm

モーター最高出力 105kW(143ps)
モーター最大トルク 139Nm(14.2kgm)
トランスミッション 電気式無段階変速機(CVT)
駆動方式 FF /4WD (E-Four)
JC08モード燃費 12.4〜13.0km/L 19.8〜21.0km/L
価格 440万円~532万円 504万円~596万円

レクサス NXシリーズについて

lexus_NX_0011.jpg

NXシリーズは NX200t / NX300hを2014年7月29日から発売を開始!!
LEXUS初のコンパクトクロスオーバーSUVとして、LEXUS独自の印象的で洗練されたデザインを実現。ハイブリッドモデルのNX300h(2AR-FXE型エンジン搭載)新ダウンサイジングターボモデルのNX200t(8AR-FTS型エンジン搭載)の2つを用意。それぞれFFまたはAWDが選べる。一部改良を2016年8月25日に行いボディカラーに「F SPORT」専用色の「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」と「ヒートブルーコントラストレイヤリング(オプションカラー)」を追加して12色展開した。内装色の「F SPORT」専用ブラックは新たに追加したボディカラーに連動した色のステッチ(「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」選択時はオレンジ、「ヒートブルーコントラストレイヤリング」選択時はブルー)を施した。さらに、全車において、G-Linkサービスの「LEXUS Apps」や「マップオンデマンド」などで高速データ通信が利用できるLTE通信に対応した。

lexus_NX_007.jpg

Lexus_NX

lexus_NX_008.jpg

LEXUS_NX_200t_04938.jpg

LEXUS_NX_200t

LEXUS_NX_200t_04939.jpg

レクサスは新型NXのマイナーチェンジを行い2017年9月14日に発売。

NX300 価格:440万円~532万円 

NX300h 価格:504万円~596万円

プラットフォームを用いて製造されているトヨタ ハリアーも同じタイミングでマイナーチェンジした。

レクサス 新型NX マイナーチェンジモデル 変更点は?

LEXUS NX

LEXUS NX

LEXUS NX

LEXUS NX

NX200tの2Lターボエンジン搭載車をグレードモデル「NX300」とする。予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用。ナビゲーションディスプレイ7.0インチから10.3インチに変更。三眼式のLEDヘッドランプは超小型LEDランプユニットの採用。LEDシーケンシャルターンシグナルランプを全車標準装備。新色を追加しカラーバリエーションを増やす。ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)、カラーヘッドアップディスプレイは全グレードにオプション設定。(86,400円)

ソース

https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000679255/#22454204

トヨタ安全技術

https://global.toyota/jp/mobility/

レクサス NX

https://lexus.jp/models/nx/

レクサス
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました