トヨタ

トヨタ Toyota Safety Sense 搭載車種まとめ

crown

Toyota Safety Senseは、トヨタ自動車の予防安全パッケージである。「Toyota Safety Sense C」とその上位版である「Toyota Safety Sense P」そして2018年より「第2世代 Toyota Safety Sense」がある。予防安全パッケージが付いている機能が細かく違い知らない人からすると、付いているから「大丈夫」と思ってしまう人もいるだろう。購入後に後悔する可能性がある。そこで車種別に違いをまとめてみた。

Toyota Safety Sense 機能比較

システム 次世代
Toyota Safety
Sense
Toyota Safety
Sense  C
Toyota Safety
Sense P
方式 単眼カメラ+
ミリ波レーダー
単眼カメラ+
レーザーレーダー
単眼カメラ+
ミリ波レーダー
オートマチック
ハイビーム
衝突回避支援型
プリクラッシュ
セーフティ

昼・夜間歩行者
自転車

昼間歩行者
レーントレーシング
アシスト
× ×
レーン
ディパーチャー
アラート

ステアリング制御
白線/黄線 検出
道路端 検出
ふらつき警報

白線/黄線 検出

ステアリング制御
白線/黄線 検出
ふらつき警報
ロードサインアシスト × ×
レーダークルーズ
コントロール
×
先行車発進告知 ×

Toyota Safety Sense C

Toyota Safety Sense Cでは「プリクラッシュセーフティ」「レーンディパーチャーアラート」「オートマチックハイビーム」「先行車発進告知機能」をパッケージしている。レーザーレーダーと単眼カメラを単体のコンパクトユニットに統合しフロントガラスに搭載。

車種 装備
プリクラッシュ
セーフティ
レーン
ディパーチャー
アラート
オートマチック
ハイビーム
先行車発進
告知機能
ヴィッツ ◯※
シエンタ ◯※
アクア ◯※
ヴォクシー ◯※
ノア
エスクァイア
プロボックス ◯※
サクシード ◯※
JPNタクシー ◯※
エスティマ
エスティマ
ハイブリッド
カローラ
アクシオ
カローラ
フィールダー
アリオン
プレミオ
ポルテ
スペイド

※Toyota Safety Senseを採用し歩行者[昼]検知機能付。

トヨタは既販売車の「Toyota Safety Sense(Toyota Safety Sense C)」機能アップグレードを開始。PCS(プリクラッシュセーフティ)のソフトウェアをアップグレードし、昼間の歩行者も検知可能になる。価格は4,180円(消費税込み、取付費別)。全国のトヨタ販売店でソフトウェアのアップグレードが可能。

Toyota Safety Sense機能アップグレード 可能車種 

既販売車11車種の「Toyota Safety Sense(Toyota Safety Sense C)」のアップグレードが可能だ。

発売時期 車種 年式
9月10日 アクア 2015年11月~2018年4月
ヴィッツ 2015年6月~2018年5月
10月 ノア
ヴォクシー

エスクァイア
2016年1月~2019年1月
シエンタ 2015年7月~2018年9月
11月 ポルテ
スペイド
2016年6月~2019年7月
プロボックス
サクシード
2016年8月~2018年11月
JPN TAXI 2017年10月~2019年3月

トヨタ 既販売車のToyota Safety Sense機能アップグレードを開始 2020年9月10日から順次

トヨタ 既販売車のToyota Safety Sense機能アップグレードを開始 2020年9月10日から順次

Toyota Safety Sense P

Toyota Safety Sense C」のレーザーレーダーからミリ波レーダーに変更。「プリクラッシュセーフティ」「レーンディパーチャーアラート」「アダプティブハイビームシステムもしくはオートマチックハイビーム」「レーダークルーズコントロール」をパッケージとしている。フロントガラスに設置した単眼カメラとバンパーに設置されたミリ波レーダーを搭載。

車種 装備
プリクラッシュ
セーフティ
レーン
ディパーチャー
アラート
アダプティブ
ハイビーム
システム
オートマチック
ハイビーム
レーダー
クルーズ
コントロール
ランド
クルーザー
-
ランド
クルーザー
プラド
-
ハイエース - -
レジアス
エース
- -
マークX ◯※1 -
プリウスα ◯※1 -
カムリ ◯※1 - ◯※2
C-HR ◯※1 - ◯※2
4代目
プリウス
◯※1 - ◯※2
2代目
プリウスPHV
◯※1 - ◯※2
3代目
ハリアー
◯※1 - ◯※2
センチュリー ◯※1 - ◯※2

※1 レーンディパーチャーアラートにステアリング制御機能付き。

※2 レーダークルーズコントロールに全車速追従機能付き。

第2世代 Toyota Safety Sense

2018年から導入する第2世代の「Toyota Safety Sense」では、現在の「Toyota Safety Sense P」で採用している「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、以下の進化により、事故の防止や交通事故死傷者の更なる低減と、ドライバーの負荷軽減を目指す。今までは夜間走行での「歩行者」「自転車運転者」に対しては対策されていなかったが今回の第2世代の「Toyota Safety Sense」からは可能

車種 装備
プリクラッシュ
セーフティ
レーン
トレーシング
アシスト
ロードサイン
アシスト
アダプティブ
ハイビーム
システム
オートマチック
ハイビーム
レーダー
クルーズ
コントロール
先行車発進
告知機能
アルファード
ヴェルファイア
クラウン
カローラ
スポーツ
-
RAV4 -
カローラ
ツーリング
-
カローラ -
カローラ
クロス
-
グラン
エース
-
ヤリス -
ヤリス
クロス
-
4代目
ハリアー
4代目
プリウス
-
2代目
プリウスPHV
C-HR
ランドクルーザー
プラド
2代目
MIRAI

Toyota Supra Sense

車種 装備
プリクラッシュ
セーフティ
レーン
ディパーチャー
アラート
ブラインド
スポットモニター
アダプティブ
ハイビーム
システム
クリアラン
スソナー
リヤクロス
トラフィック
アラート
レーダー
クルーズ
コントロール
GR スープラ

第2世代 Toyota Safety Sense 未発売モデル

車種 装備
プリクラッシュ
セーフティ
レーン
トレーシング
アシスト
ロードサイン
アシスト
アダプティブ
ハイビーム
システム
オートマチック
ハイビーム
レーダー
クルーズ
コントロール
先行車発進
告知機能
4代目
ヴォクシー
-
4代目
パッソ
-
3代目
シエンタ
-
ランド
クルーザー

トヨタ 第2世代版 Toyota Safety Senseを2018年より導入 比較 変更点

トヨタ 第2世代版 Toyota Safety Senseを2018年より導入 比較 変更点

Toyota Safety Sense まとめ

車体価格200万円までの車はToyota Safety Sense Cを多く採用しており、車体価格250万円以上の車種はToyota Safety Sense Pもしくは第2世代 Toyota Safety Senseとなる。現状、トヨタ車で安全装備を重視するならToyota Safety Sense Pもしくは第2世代 Toyota Safety Sense搭載車を選択したい。

先進安全技術 国内メーカー8社 徹底比較 違いについて

先進安全技術 国内メーカー8社 徹底比較 違いについて

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?

ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」どうなのか?

日産 安全運転支援システム プロパイロットなど搭載車まとめ

日産 安全運転支援システム プロパイロットなど搭載車まとめ

スバル アイサイト Ver.2 Ver.3 ツーリングアシスト 搭載車まとめ

スバル アイサイト Ver.2 Ver.3 ツーリングアシスト 搭載車まとめ

マツダ i-ACTIVSENSE 搭載車まとめ

マツダ i-ACTIVSENSE 搭載車まとめ

ダイハツ スマートアシスト搭載車 まとめ

ダイハツ スマートアシスト搭載車 まとめ

スズキ SUZUKI Safety Support 搭載車まとめ

スズキ SUZUKI Safety Support 搭載車まとめ

トヨタ

https://toyota.jp/safety/about/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-トヨタ
-

© 2021 最新自動車情報