スズキ 新型 スーパーキャリイ 先進予防安全装備を採用 2018年5月16日発表 発売

スズキ

スズキは軽トラック「キャリイ」の派生モデル「新型 スーパーキャリイ」を2018年5月16日に発表し発売した。

価格:97万4160円~133万9200円

super_carry_2018_032.jpg

新型 スーパーキャリイについて

キャリティとの大きな違いはシートバックスペースを備えている。(高さ920mm×横幅1,235mm×長さ250mm)運転席のシートスライド量は、軽トラックでNo.1となる180mm。シートリクライニングは最大40度。体の大きな人でもゆとりある運転姿勢の確保、手足を伸ばしてゆったりと休憩することができる。キャリイに対し、キャビンを後方へ460mm拡大し広い室内空間を実現した。助手席前倒し機構をクラス初搭載。
全高1,885mm(キャリイ+120mm)全車ハイルーフ仕様とし、余裕の頭上高を確保。ファイル等の収納に便利なオーバーヘッドシェルフを標準装備。
更に、先進の安全技術を装備や4輪ABSの標準装備。

新軽量衝撃吸収ボディー「テクト」ボディーの広範囲に高張力鋼板を使用して、強度を高めながら軽量化を実現する。

新軽量衝撃吸収ボディー「テクト」について

軽量化と高い安全性を両立した新軽量衝撃吸収ボディー「テクト」
ボディーに高強度かつ軽量な素材を使用することによって、高い安全性と車重の軽量化を両立。軽量化によりエンジンの負担を軽減し低燃費な走りに貢献する。

alut_body_01.jpg

予防安全技術を搭載

先進予防安全装備の「誤発進抑制機能」と「後方誤発進抑制機能」を、軽トラックで初めて搭載。
4輪ABSと運転席・助手席SRSエアバッグを標準搭載。

誤発進抑制機能
ペダルやシフトの操作ミスによる衝突の回避に貢献
前方約4m以内の障害物をステレオカメラで検知。
停車、または約10km/h以下の徐行中、障害物があるにもかかわらずアクセルを大きく踏み込んだ場合に、
エンジン出力を自動で抑えて急発進、急加速を抑制する機能。

後退時ブレーキサポート
停車または約10km/h以下で後退中、後方約3m以内に障害物がある場合に作動しエンジン出力を制御する。

新型 スーパーキャリイ エンジンについて

660cc 直3 DOHC VVT R06A型

最高出力:37kW(50PS)/5,700rpm

最大トルク:63Nm(6.4kgm)/3,500rpm

トランスミッション:5MT/3AT/5AGS

駆動方式:2WD(FR)/4WD

グレードについて

L 2WD

5MT 価格:974,160円

3AT 価格:1,056,240円

5AGS 価格:1,061,640円

L 4WD

5MT 価格:1,123,200円

3AT 価格:1,205,280円

5AGS 価格:1,210,680円

X 2WD

5MT 価格:1,102,680円

3AT 価格:1,184,760円

5AGS 価格:1,190,160円

X 4WD

5MT 価格:1,251,720円

3AT 価格:1,333,800円

5AGS 価格:1,339,200円

スペック新型スーパーキャリー
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,765mm
ホイールベース1,905mm
エンジン660cc 直3 DOHC VVT R06A型
最高出力37kW(50PS)/5,700rpm
最大トルク63Nm(6.4kgm)/3,500rpm
トランスミッション5MT/3AT/5AGS
駆動方式2WD(FR)/4WD
JC08モード燃費17.2〜20.2km/L

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

TECT
http://www.suzuki.co.jp/car/technology/tect/
スズキニュースリリース
http://www.suzuki.co.jp/release/a/2018/0516a/
スーパーキャリイ
http://www.suzuki.co.jp/car/carry/
スズキ
http://www.suzuki.co.jp/

スズキ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019