MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ダイハツ 新型 ハイゼット トラック マイナーチェンジ (一部改良) スマートアシストIIIt 搭載 軽トラ MT車初採用 2018年5月29日発売

hijet truck

ダイハツは、新型「ハイゼット トラック」のマイナーチェンジ (一部改良)を行い2018年5月29日に発売する。価格:68万400円~139万8600円。

目次

新型ハイゼット トラックについて

今回の一部改良では、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢt(スリー ティー)」を採用し、軽トラックとしては初、またダイハツのMT車としても初となる衝突回避支援ブレーキ機能を搭載した。開発に際しては、軽トラックユーザーの使用用途として、業務用途のみならず日常用途との兼用が増加している点に着目。さらに近年の安全志向の高まりや、軽トラックユーザーの高齢者比率が増加していることなどを受け軽トラックに最適化させた仕様の「スマートアシストⅢt」を新たに開発。

衝突回避支援システム スマートアシストⅢtについて

軽トラックとして初となる、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢt」を採用。搭載車は政府が交通事故対策の一環として普及啓発している「セーフティ・サポートカーS」の「ベーシック+」に該当。

「スマートアシストⅢt」は、「スマートアシストⅢ」で採用している世界最小サイズのステレオカメラを搭載。軽トラックの車両特性に合わせ、安全に減速し、衝突回避または被害軽減させるため、作動速度域を最適化。

衝突警報機能 走行中に前方の車両や歩行者をステレオカメラが検知し、衝突の危険性があると判断した場合、ブザー音とメーター内表示でお知らせ。 対車両約4〜約100km/h走行時、対歩行者約4〜約50km/h走行時。

事前ブレーキ 衝突の危険性がさらに高まったとシステムが判断した場合、自動的に弱いブレーキをかける。対車両約4〜約50km/h走行時、対歩行者約4〜約50km/h走行時。

緊急ブレーキ 衝突が避けられないとシステムが判断した場合、強いブレーキで減速。衝突の回避や、被害の軽減をサポート。対車両約4〜約50km/h走行時、対歩行者約4〜約50km/h走行時。

誤発進抑制制御機能(前方)ATのみ 前方約4m以内に障害物等があることをステレオカメラが検知している時に、シフトポジションを「前進」にしたままブレーキペダルと間違えるなどして必要以上にアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制。

車線逸脱警報機能 約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合、道路上の車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警報し、逸脱回避操作を促す。

先行車発進お知らせ機能 信号待ちなどで前のクルマが発進したことに気づかない時、ブザー音とメーター内表示でお知らせする。

フォグランプをLED化するとともに、ベゼル意匠を変更 ジャンボ“SAⅢt”/ジャンボ、エクストラ“SAⅢt”に標準設定。フォグランプのLED化に伴い、「スタイリッシュパック」とLEDヘッドランプを統合し、「LEDパック」として新たに設定。またフロントグリルとフォグランプベゼルをダークメッキからシルバーメッキへ変更。

SAⅢtグレードに標準装備

VSC&TRC

エマージェンシーストップシグナル

ヒルホールドシステム(AT車のみ)

IR&UVカットガラス(フロントウインドゥ)

トップシェイドガラス

バニティミラー(運転席)

新型ハイゼット トラック スペックについて

スペック新型ハイゼット トラック
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,780〜1,885mm
ホイールベース1,900mm
エンジン660cc 直列3気筒 エンジン
最高出力34kW(46ps)/5,700rpm
(39kW(53ps)/7,200rpm)
最大トルク60Nm(6.1kgm)/4,000rpm
駆動方式2WD(FR)/4WD
JC08モード燃費17.4〜19.0km/L

ダイハツニュースリリース

https://www.daihatsu.com/jp/news/2018/20180514-1.pdf

ハイジェットトラック

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/truck/index.htm

hijet truck

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる