ヒュンダイ ジェネシス 新型 G80 フルモデルチェンジ 2020年発売

ヒュンダイ

韓国自動車メーカーのヒュンダイはプレミアムブランド「ジェネシス」の新型「G80」のフルモデルチェンジを行い2020年に発売する。

ジェネシス 新型 G80 フルモデルチェンジについて

中型の高級セダンG80は先代よりもはるかにスポーティな「アスレチックエレガンス」のデザインを採用。フロントエンドは、広い空気取り入れ口の上にある大きなクレストグリルによって占められており、どちら側にも、フロントフェンダーにエコーされる「二重線」のクアッドヘッドライトがある。

さらに後方に移動すると、長いフードと、ヘッドライトからテールライトまで続くダイナミックな放物線がある、このラインは、ドアのベースにある上向きのクロームアクセントによって対照的です。最大の変更点の1つは、新しい4ドアクーペのスタイリング。この取り組みの一環として、G80は、ラキッシュなフロントガラスと傾斜した屋根を採用し、一体型スポイラーを備えたトランクに合流し、全体的なデザインはアウディA7スポーツバックを思い起こさせる。

20インチのホイールと、クレストグリルを想起させるフィニッシャー付きのデュアル排気システムがある。

ボディサイズは全長4,995mm、全幅1,925mm、全高1,465mm、ホイールベース3,010 mm。前モデルよりも5 mm、長く、36mm広く、15 mm低くなった。

2021モデルはより高品質の素材、高度なテクノロジー、そしてよりモダンなデザインを特徴としている。革で覆われた「エルゴモーション」シートこのシート、選択した運転モードに応じて調整される7つのエアセルがある。シートには、自動姿勢補正機能と、長時間のドライブでの疲労を軽減する「ストレッチモード」も備わっている。

眼鏡不要の3Dテクノロジーを搭載した12.3インチのデジタルインストルメントクラスターを採用。右側には、14.5インチのインフォテインメントシステムがあり、無線アップデートとAndroid AutoおよびApple CarPlayの互換性を備えている。

G80は2.5L 4気筒ターボチャージャー付きエンジンを搭載。最高出力300 hp(224 kW / 304 PS)と最大トルク311 lb-ft(421 Nm)。または、3.5L V6 エンジン、最高出力375 hp(280 kW / 380 PS)、最大トルク391 lb-ft(530 Nm)のターボチャージャー付きを選択することもできる。

地域によっては2.2L 4気筒ディーゼルが搭載。最高出力207 hp(154 kW / 210 PS)最大トルク325 lb-ft(441 Nm)。

ソース

https://www.carscoops.com/2020/03/2021-genesis-g80-aims-to-change-everything-you-thought-about-the-brand/

ジェネシス G80

https://www.genesis.com/us/en/2020/genesis-g80.html

ヒュンダイ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2020をフォローする。
最新自動車情報2020