MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

アウディ 新型 Q8 E-Tron マイナーチェンジ 2022年11月9日発表

アウディは「Q8 E-Tron」のマイナーチェンジを行い2022年11月9日(現地時間)発表した。

目次

アウディ 新型 Q8 E-Tron マイナーチェンジ について

アウディの電気自動車を定義するデザイン言語をさらに推し進め、新しいフロントおよびリアデザインを採用。Q8 e-tronは、アウディのプレステージ電動SUVモデルとして、エクステリアに採用された2次元デザインのアウディのフォーリングスによって、新しいコーポレートアイデンティティを表現。Bピラーの、Audiロゴを配したモデル名のエンブレムも新しくなった。

アウディ 新型 Q8 E-Tron マイナーチェンジ サイズについて

Q8 e-tronのボディサイズは、全長4,915mm、全幅1,937mm、全高1,619mm(Sportback)、1,633mm(SUV)で、最高レベルのスペースと快適性を提供。SQ8 e-tronとSQ8 Sportback e-tronは、全高が2mm低く、全幅が39mm拡大。ホイールベースは2,928mmで、後席の足元にも十分なスペースを確保。

ラゲッジスペースは、569リットル(SUV)、528リットル(Sportback)の十分な容量を備えている。フロントには、いわゆる“フランク”と呼ばれる、62リットルの追加ラゲッジスペースが確保。

アウディ 新型 Q8 E-Tron マイナーチェンジ エンジン ラインナップについて

どちらのボディ形状を選択しても、電動4輪駆動システムを備えた3つのドライブトレインが選択可能。

Audi Q8 50 e-tron(複合モードにおける電力消費量kWh/100km ; 24.0~20.1(WLTP); 複合モードにおけるCO2排出量(g/km):0)およびAudi Q8 50 Sportback e-tron(複合モードにおける電力消費量kWh/100km ; 23.7~19.5(WLTP); 複合モードにおけるCO2排出量(g/km):0)は、2基の電気モーターを搭載し、ブーストモードで250kWの出力と664Nmのトルクを発生し、航続距離はそれぞれ最大491km(SUV)、最大505km(Sportback)です(WLTPモード)。

Audi Q8 55 e-tron(複合モードにおける電力消費量 kWh/100km ; 24.4~20.6(WLTP); 複合モードにおけるCO2排出量(g/km):0)およびAudi Q8 55 Sportback e-tron(複合モードにおける電力消費量kWh/100km ; 24.1~19.9(WLTP); 複合モードにおけるCO2排出量(g/km):0)は、2基の電気モーターを搭載し、ブーストモードで300kWの出力と664Nmのトルクを発生します。航続距離は、それぞれ最大582km(SUV)、最大600km(Sportback)です(WLTPモード)。Q8 50 e-tron(複合モードにおける電力消費量 kWh/100km ; 24.0~20.1(WLTP); 複合モードにおけるCO2排出量(g/km):0)の最高速度は、電子的に200km。

Audi SQ8 e-tron(複合モードにおける電力消費量 kWh/100km ; 28.0~24.6(WLTP); 複合モードにおけるCO2排出量(g/km):0)およびAudi SQ8 Sportback e-tron(複合モードにおける電力消費量 kWh/100km ; 27.0~23.5(WLTP); 複合モードにおけるCO2排出量(g/km):0)は、3基の電気モーターを搭載しています。ブーストモードにおける出力は370kWで、最大トルクは973Nmです。Sモデルの航続距離は、最大494km(SUV)、最大513km(Sportback)。最高速度は、210km/h。

Audi Q8 e-tronは、2つのバッテリー容量を選択可能です。Q8 50 e-tronのバッテリーの正味エネルギー容量は89kWh(総容量95kWh)で、Q8 55 e-tron、およびSQ8 e-tronは、正味エネルギー容量106kWh(総容量114kWh)のより大きなバッテリーを搭載しています。バッテリーマネジメントシステムの調整により、お客様が利用可能なバッテリー容量も増加。Audi Q8 50 e-tronは、急速充電ステーションを使用した場合、最大150kWの出力で充電することができます。Q8 55 e-tronおよびSQ8 e-tronは、最大出力170kWの充電に対応しています。この大容量バッテリーは、理想的な条件下で、10~80%までを約31分で充電可能であり、最大420kmの航続距離に相当します(WLTPモード)。AC充電ステーションまたはウォールボックスで充電する場合、Audi Q8 e-tronは最大11kWの出力に対応。さらにアウディは、出力約22kWの充電に対応するオプションも提供。

Audi Q8 50 e-tronは、交流を使用して約9時間15分(22kW:約4時間45分)でフル充電することができる。大容量バッテリーの充電時間は、出力11kWで約11時間30分、22kWで約6時間です。e-tronルートプランナーは、ルート上の充電ポイントを検索する際に、ドライバーをサポート。

あわせて読みたい
アウディ 新型 e-tron 初 EVモデル 電気自動車 2018年9月18日正式発表 欧州2019年発売 アウディは新型e-tronは初の電気自動車(EV) 欧州で2019年に発売する。日本でも発売される予定である。価格:71,490ポンド〜82,240ポンド(約1016万円)〜(約1169万円...
あわせて読みたい
アウディ 新型 e-tron EV航続距離を25km延長 436km走行可能に アウディは初の電気自動車(EV)新型「e-tron」の技術アップデートを導入し、より長い航続距離と効率の向上を実現。航続距離を25km延長させた。日本では発売前の改善と...
あわせて読みたい
アウディ 新型 E-Tron Sportback 電気自動車 日本2020年9月17日発売 アウディはクロスオーバーSUVスタイルの新型EVモデル 「E-Tron Sportback」を日本にて2020年9月17日発売した。 【新型 E-Tron Sportbackについて】 100%電気自動車(EV...
あわせて読みたい
アウディ 新型 e-tron SUVボディタイプ 「e-tron quattro」追加 日本2021年1月13日発売 アウディは新型「e-tron」に新たにSUVボディタイプ 「e-tron quattro」追加し日本2021年1月13日発売した。更に先に導入された「e-tron Sportback」にバッテリー容量71kW...

アウディニュースリリース

https://www.audi-press.jp/press-releases/2022/ioj4tr0000001x9d.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次