MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

フォルクスワーゲン 新型 ID.4 クロスオーバーEV 日本導入 2022年11月22日発売

フォルクスワーゲンは新型電気自動車(EV)「ID.4」の日本モデルを2022年11月22日発表した。

目次

フォルクスワーゲン 新型 ID.4

「ID.4」の意味は「ID」はフォルクスワーゲンの電気自動車 EVシリーズに付けられた名前である。CROZZの概念はID.4と呼ばれている。フロントエンドには、完全に密閉されたグリル、LEDヘッドライト、空気取り入れ口も備わっている。2022年からテネシー州チャタヌーガの工場で ID.4が建設される。MEBプラットフォームを搭載。

フォルクスワーゲン 新型 ID.4 エクステリア

「ID.3」よりも全幅と全高を50mmほど高くし、20~21インチの大径ホイールを組み合わせ。ティグアンよりも小さいボディとなる全長4,585mm、全幅1,850mm、全高1,640mmでホイールベースは2,770mm、空気抵抗係数0.28Cd。乗客数はティグアンとほぼ同じで、合計で2,829。貨物量は、2列目の後ろに858L、座席を折りたたんだ状態で1,818L。

フォルクスワーゲン 新型 ID.4 インテリア

インストルメントパネルは5.3インチの液晶を採用。ステアリングホイールのタッチセンシティブコントロールで操作されるコックピットデジタルディスプレイと、ダッシュパネルの中央にある10インチのDiscover Proタッチインフォテインメントディスプレイ(12インチのDiscover Pro Maxステートメントパッケージ)。設定可能な画面は、標準のナビゲーションシステム、すべてのテレマティクス、エンターテイメント、運転支援システム、車両設定を管理。ジェスチャーコントロールと「Hello ID」。自然な音声制御が標準。

フォルクスワーゲン 新型 ID.4 先進安全技術

標準のIQ.Drive高度運転支援技術には、フロントアシスト、サイドアシスト、リアトラフィックアラート、アダプティブクルーズコントロール、レーンアシスト、トラベルアシスト、緊急アシストが含まれる。

フォルクスワーゲン 新型 ID.4 スペック

日本仕様の新型「ID.4」は 2 種類のバッテリー容量とそれぞれ異なるモーター出力を組み合わせ「ID.4 Lite Launch Edition」は 52kWh のバッテリーを搭載し、最高出力125kW(170PS)/3851-15311rpm 、最大トルク310Nm(31.6kgfm)/0-3851rpmのモーターを搭載。最大WLTC モード航続距離388km。

上位グレードの「ID.4 Pro Launch Edition」は 77kWh の大容量バッテリーと最高出力150kW(204PS)/4621-8000rpm、最大トルク310Nm(31.6kgfm)/0-4621rpmのモーターを搭載。0~100km/h 加速は 8.5 秒(欧州発表値)で、最大WLTC モード航続距離561km。

いずれも堅牢なアルミニウム製ハウジングに搭載され、重大な事故の際はバッテリーの電源が切れるよう保護回路が組み込まれています。フロアプレートに組み込まれた冷却水回路によって、あらゆる状況でバッテリーを理想的な温度範囲に保つ熱管理システムによって安定した高出力、急速充電時の充電時間の短縮とバッテリーの長寿命化を実現。8年間または走行距離16万km走行(どちらか先に到達した方)後もオリジナルの充電容量の 70%を維持することを保証。

あわせて読みたい
フォルクスワーゲン 新型 ID.4 クロスオーバーEV 2020年発売 フォルクスワーゲンは新型電気自動車(EV)「ID.4」を欧州で2020年に発売する。 【新型 ID.4について】 「ID.4」の意味は「ID」はフォルクスワーゲンの電気自動車 EVシ...

フォルクスワーゲン

https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次