MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

一部改良 C-HR 魅力的な特別仕様車「“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”」2022年8月5日発売

C-HR

トヨタの「C-HR」は2022年8月5日に一部改良を行い特別仕様車「“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”」発売する。発売から約6年となる「C-HR」は一体どんな進化を遂げているのか?

目次

C-HR 特別仕様車「“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”」はどんなモデルか?

ボディカラーに「セメントグレーメタリック〈1H5〉」と「ダークブルーマイカメタリック〈8W7〉」を新たに設定。

「C-HR」の特別仕様車「“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”設定。特別色「イナズマスパーキングブラックガラスフレーク」を設定。

法規対応によるガス規制と騒音対策。

「C-HR」特別仕様車「“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”」は「G」、「G-T」をベースに、「G」「G-T」をベース車に、特別色「イナズマスパーキングブラックガラスフレーク」をボディカラー色に設定する、マットブラック塗装とダークスモークメッキナットの18インチアルミホイール、ブラックエクステンション加飾のBi-Beam LEDヘッドランプを採用した。

インテリアではブラウンの差し色やベージュのステッチを施した専用シート表皮を採用、パノラミックビューモニター、パーキングサポートブレーキ(前後方静止物・後方接近車両)などを特別装備しとて(2,725,000円~3,055,000円)お得な1台となる。

新型 C-HR グレード 価格

2021年モデルよりも1万円アップしている。

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
S-T 1.2L 直列4気筒
DOHC
直噴ターボ
「8NR-FTS」
Super CVT-i 2WD 2,425,000
6速MT 2,392,000円
Super CVT-i 4WD 2,623,000円
G-T 2WD 2,725,000
6速MT 2,692,000
Super CVT-i 4WD 2,923,000円
“GR SPORT” 6速MT 2WD 2,792,000円
Super CVT-i 2WD 2,825,000円
4WD 3,023,000円
特別仕様車
G-T“Mode-Nero
Safety PlusⅢ”
Super CVT-i 2WD 2,715,000円
4WD 2,923,000円
S 直列4気筒 1.8L 
DOHC
エンジン
(2ZR-FXE)+
モーター
(THS II) 
電気式
無段階変速機
2WD 2,755,000円
G 3,055,000円
S“GR SPORT” 3,155,000円
特別仕様車
G“Mode-Nero
Safety PlusⅢ”
3,055,000円

新型 C-HR スペックについて

スペック 新型C-HR
全長 4,385mm
全幅 1,795mm
全高 1,550mm
ホイールベース 2,640mm
エンジン 1.2L 直列4気筒 DOHC
直噴ターボ
1.8L 直列4気筒 DOHC
+モーター(THSⅡ)
最高出力 85kW(116ps)/
5,200-5,600rpm
72kW(98ps)/
5,200rpm
最大トルク 185Nm(18.9kgm)/
1,500-4,000rpm
142Nm(14.5kgm)/
3,600rpm
モーター最大出力 53kW(72ps)
モーター最大トルク 163Nm(16.6kgm)
トランスミッション Super CVT-i/
6速MT
電気式
無段階変速機
駆動方式 2WD/4WD 2WD
JC08モード燃費 15.2-16.4km/L(2WD)
15.4km/L(4WD)
30.4km/L
WLCTモード燃費 15.4km/L 25.8km/L
価格 2,425,000円〜
2,923,000円
2,755,000円〜
3,155,000円

C-HR 特別仕様車について思うこと

トヨタにとって「C-HR」は日本市場において主力となるコンパクトSUVという存在であり販売力の高い車種である。トヨタとして正常進化を果たしてきた「C-HR」を更に「“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”」のカスタマイズをすることでより魅力的なモデルとなった「インテリジェントクリアランスソナー」や「パノラミックビューモニター」を標準装備することで完全に払拭することができた。同じクラスの車で敵がいないとまで言ってもいいかもしれない。そしてモデルとしても末期を迎えていながらも、外観に人気の「セメントグレーメタリック〈1H5〉」と「ダークブルーマイカメタリック〈8W7〉」を採用するところは流石トヨタと言ったところだ。現行モデルが好きな人は購入を考える最後の機会になるかもしれない。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 C-HR 一部改良 特別仕様車 “Mode-Nero Safety Plus Ⅲ” 2022年8月29日発売 トヨタは「C-HR」の一部改良を行い、特別仕様車「G“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”」「G-T“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”」を設定し2022年8月5日発表、2022年8月29日発売。 【新...

トヨタC-HR

https://toyota.jp/c-hr/

C-HR

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次