MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

スバル 新型 クロストレック(XV)フルモデルチェンジで 何が変わったのか? 新旧比較 ポイントまとめ

スバルは「クロストレック(旧日本モデル名:SUBARU XV)」のフルモデルチェンジを行い日本仕様プロトタイプを2022年9月15日世界初公開した。2023年に発売する。一体何が変わるのか、新型と旧型と比較して違いをまとめてみました。

目次

スバル 新型 クロストレック 共通の変更点

「SUBARU XV」の後継として車名を「CROSSTREK(クロストレック)」にグローバルで統一

エクステリアはよりシャープでかっこいい、新世代のデザインを採用。

インテリアは11.6インチセンターインフォメーションディスプレイを採用し一新する。

従来型でも評価の高かった「スバルグローバルプラットフォーム」の衝突安全性のポテンシャルをさらに引き上げ、フルインナーフレーム構造の採用など、最新の知見や技術を盛りこんだ。

トリプルカメラ(ステレオカメラユニット+広角単眼カメラ)の次世代アイサイトを採用

コネクテッド機能「SUBARU STARLINK」を採用。

スバル 新型 クロストレック 旧 XV エクステリア 新旧比較

ボディサイズはほぼ同じであるが全高が-15mm下がっている、さらに最小回転半径を5.4mとする。「スバルグローバルプラットフォーム」の衝突安全性のポテンシャルをさらに引き上げ、フルインナーフレーム構造の採用。エクステリアデザイン変更、前後バンパーデザイン変更。シャープさを感じさせるフロントグリルバーやLEDヘッドランプにより、軽快かつ精悍なイメージのフロントマスクに仕立。

旧型 SUBARU XV

新型 CROSSTREK

スペックSUBARU XVCROSSTREK
全長4,485mm4,480mm-5mm
全幅1,800mm1,800mm0mm
全高1,595mm1,580mm-15mm
ホイールベース2,670mm2,670mm0mm
最小回転半径5.4m5.4m0mm

スバル 新型 クロストレック 旧 XV インテリア 新旧比較

新たに11.6インチセンターインフォメーションディスプレイの大画面を採用、スマートフォンとの連携機能を大幅に強化。電動パーキングブレーキに加え新たにブレーキホールドを採用。スバル初4つのカメラ映像を合成して車両周囲360°を映し出す「デジタルマルチビューモニター」を採用

旧型 SUBARU XV

新型 CROSSTREK

スバル 新型 クロストレック 旧 XV 安全技術 比較

次世代アイサイトを採用し、トリプルカメラ(ステレオカメラユニット+広角単眼カメラ)を採用。性能を向上。新型ステレオカメラユニットは画角を従来型の約2倍と大幅に拡大。画像認識ソフトや制御ソフトを改良し、より広く遠い範囲まで認識できるようにした。フロントガラス取り付け式に変更するとともに、レンズフードを採用し、レンズに誤って触れることがないようにした。広角単眼カメラは、低速での走行時に、新型ステレオカメラよりも広角で、二輪車/歩行者を認識できる単眼カメラを新採用。プリクラッシュブレーキで対応できるシチュエーションを拡大し、歴代アイサイトとして最高の性能を実現。しかし、アイサイトXは非搭載となった。

システムSUBARU XV
アイサイト
Ver.3
CROSSTREK
次世代
アイサイト
方式ステレオカメラ
(CMOS)
ステレオカメラ+
広角単眼カメラ
プリクラッシュ
セーフティ
◯(50km/h以下)
歩行者衝突回避◯(35km/h)
全車速追従機能付
クルーズコントロール

(0km/h〜
約120km/h)
先行車追従操舵
車線中央維持
車線逸脱抑制
停止保持
車間距離4段階4段階
AT誤発進抑制
AT誤後進抑制
後退時ブレーキ
アシスト
自車のふらつき警報
車線逸脱警報
(40km/h以上)
ハイビーム
アシスト
リアビークル
ディテクション
ボイス
インフォメーション
前側方プリクラッシュ
ブレーキ
緊急時プリクラッシュ
ステアリング

スバル 新型 クロストレック 旧 XV 安全技術 比較

XVまで採用されていたガソリンモデル1.6L 水平対向 4気筒DOHC エンジンを廃止。2.0L 水平対向4気筒DOHC
直噴エンジン「FB20型」+モーターアシスト「e-BOXER」モデルの一本化。

旧型 SUBARU XV

スペックSUBARU XV
1.6i EyeSight
SUBARU XV
Advance
エンジン1.6L水平対向4気筒DOHC2.0L 水平対向4気筒DOHC
直噴エンジン「FB20型」
+モーターアシスト「e-BOXER」
最高出力85kW(115ps)/
6,200rpm
107kW(145ps)/
6,000rpm
最大トルク148Nm(15.1kgm)/
3,600rpm
188Nm(19.2kgm)/
4,000rpm
モーター最高出力10kW(13.6ps)
モーター最大トルク65Nm(6.6kgm)
トランスミッションCVT(リニアトロニック)CVT(リニアトロニック)
駆動方式AWDAWD
バッテリーリチウムイオンバッテリー
(4.8Ah)
JC08モード燃費15.8-16.2km/L19.2km/L
WLTCモード燃費15.0km/L

新型 CROSSTREK

スペッククロストレック(予想)
エンジン2.0L 水平対向4気筒DOHC
直噴エンジン「FB20型」
+モーターアシスト「e-BOXER」
最高出力107kW(145ps)/
6,000rpm
最大トルク188Nm(19.2kgm)/
4,000rpm
モーター最高出力10kW(13.6ps)
モーター最大トルク65Nm(6.6kgm)
トランスミッションCVT(リニアトロニック)
駆動方式AWD
バッテリーリチウムイオンバッテリー
(4.8Ah)
WLTCモード燃費15.0km/L

まとめ

新型クロストレックは今回かなりの期待度で発売されるが、その期待に答える出来栄えであることは間違えなさそうだ。特に旧モデルよりも高級感と現在のトレンドを多く取り入れているところは現在の「SUBARU XV」のユーザーやこれから車を購入を検討している人に対して大きなインパクトをあえたることになりそうだ。

あわせて読みたい
スバル 新型「クロストレック」として「XV」をフルモデルチェンジ 2022年9月15日発表 スバルは、新型「CROSSTREK(クロストレック)」の日本仕様プロトタイプを2022年9月15日世界初公開した。第3世代となる新型では、これまで市場によって使い分けていた「...

https://www.subaru.co.jp/news/2022_09_15_150743/

https://www.subaru.jp/crosstrek/crosstrek/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次