フォルクスワーゲン 新型 タイゴ コンパクト クーペSUV 2021年7月28日発表

フォルクスワーゲンはコンパクトクーペSUV新型「タイゴ」を2021年7月28日発表した。2021年内から販売を開始し、納品は2022年となる。

目次

フォルクスワーゲン 新型 タイゴ について

フォルクスワーゲン 新型 タイゴ エクステリア

T-Crossと同じMQBA0プラットフォームをベースにしたタイゴは、クーペスタイルのルーフラインが低く、ボディサイズは全長4,270mm、全幅1,757mm 全高1,493mm、ホイールベース2,566mm とした。Tクロスよりも約160mm長くホイールベースも長い。タイゴの容量は438リットルであるため、T-Crossの455リットルと比較して、その荒々しいルーフラインはブートスペースを犠牲にしている。

フォルクスワーゲン 新型 タイゴ インテリア

インテリアは最新世代のVWのMIB3インフォテインメントシステムを、ワイヤレスAppleCarPlayとAndroidAutoを備えた6.5インチまたはオプションの9.2インチタッチスクリーン、およびオールデジタルゲージクラスターと組み合わせ、オプションには、タッチセンシティブ気候制御と、ドライバー支援システムのコレクションをバンドルするIQ.Driveパッケージが含まれる。

フォルクスワーゲン 新型 タイゴ エンジン ラインナップ

ヨーロッパでは前輪駆動のみで利用可能で、2つのガソリン(ガソリン)エンジン、最高出力94 hpまたは109hpを供給する1.0リッターターボチャージャー付き3気筒TSI、1.5リッターターボチャージャー付き4気筒から選択。 148hpで。94hpユニットは標準の5速マニュアルとペアになり、109hpエンジンは6速マニュアルまたは7速DSGデュアルクラッチトランスミッションの選択肢を提供する。

あわせて読みたい
フォルクスワーゲン 新型 タイゴ クロスオーバー 2021年3月30日発表 フォルクスワーゲンは新型クロスオーバー「TAIGO(タイゴ)」を2021年3月30日(現地時間)発表した。2021年末に発売する。 【新型 タイゴ について】 南米の「Nivus」...

フォルクスワーゲン

Carscoops
VW Hatched Another Crossover, The 2021 Taigo 'Baby' Coupe-SUV | Carscoops Volkswagen just can't stop introducing new crossovers. This time, they took South America's Nivus and brought it to Europe as the Taigo.

https://www.volkswagen.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる