MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ホンダ アキュラ 新型 インテグラ として 20年ぶりフルモデルチェンジ 米国モデル 2022年3月10日発表

ホンダはアキュラ「インテグラ」としてフルモデルチェンジを行い2022年3月10日に発表した。日本ブランド「ホンダ」から2001年に北米でアキュラ・RSXに置き換えてから20年後に「インテグラ」車名として復活を果たす。価格はおよそ30,000ドルで始まる。

目次

アキュラ 新型 インテグラ フルモデルチェンジ エクステリアについて

LEDデイタイムランニングライトを備えた印象的なJewelEyeLEDヘッドライトを備えている。微妙なインテグラスクリプトも、運転席側のヘッドライトの下のボディワークにエンボス加工さている。インテグラプロトタイプには、光沢のある黒いグリル、黒い下部グリル、丸いフォグライト。クーペのようなルーフラインを持つ5ドアハッチバックデザインを採用。1.5L VTEC ターボエンジンに6速マニュアルトランスミッションを搭載。

アキュラ 新型 インテグラ フルモデルチェンジ インテリアについて

インテリアはホンダ 新型「シビック」とほぼ同様で10.2インチのデジタルインストルメントクラスターと、有線のAndroidAutoおよびAppleCarPlayと互換性のある7インチのインフォテインメントシステムがある。エントリーレベルのモデルでさえ合成皮革で包まれた加熱されたフロントシートを備え、8スピーカーオーディオシステム、パワームーンルーフ、分割折りたたみ式リアシート、および運転席側の8方向パワー調整を採用。

「A-Specスポーツアピアランスパッケージ」を搭載したモデルは、ステンレススチールペダルと赤いゲージの針を装備、シート、ステアリングホイール、シフターにもコントラストステッチが施されている。

テクノロジーパッケージを備えたA-Specを選択でき、マイクロスエードインサートを備えたより洗練された合成皮革シートに加えて、運転手用の12方向のパワー調整、助手席用の4方向のパワー調整を備えている。レンジトッパーがAlexaとワイヤレスAndroidAutoおよびAppleCarPlayを備えたより大きな9インチのインフォテインメントシステムを搭載、その他のハイライトには、5.3インチのヘッドアップディスプレイ、ワイヤレススマートフォン充電器、フロントシートの上のヘッドライナーに2つのスピーカーが取り付けられた16スピーカーのELSStudio3Dプレミアムオーディオシステムがある。それらは、LEDアンビエント照明と後部座席用の2つを含む3つのUSB-Cポートによって結合されている。

あわせて読みたい
ホンダ 新型 シビック フルモデルチェンジ 11代目ハイブリッドモデル「e:HEV」日本2022年7月発売 ホンダは新型「シビック」のフルモデルチェンジを行い11代目として日本モデルは2021年9月3日発売した。 そして発売から1年のタイミングでハイブリッド「e:HEV」モデルを...
あわせて読みたい
ホンダ 新型 シビックSi フルモデルチェンジ 2022年モデル 200HPターボ タイプRパーツを装備 ホンダは、新型となる2022年モデルの「シビックSi」を米国にて2021年10月19日(現地時間)発表した。新しい第11世代の「シビックセダン」に基づいて制作、これまでで最...

アキュラ 新型 インテグラ フルモデルチェンジ エンジンスペックについて

1.5L 4気筒エンジンターボチャージャー付き、最高出力200 hp(149 kW / 203 PS)と最大トルク192 lb-ft(260 Nm)を発生。CVTまたは6速マニュアルがA-Specバリアントで利用可能、マニュアルモデルにはリミテッドスリップデフが装備。テクノロジーパッケージを備えたレンジトッピングのインテグラA-Specは、統合ダイナミクスシステムに適応ダンパーと個別モードを追加。

アキュラ 新型 インテグラ フルモデルチェンジ 安全装備について

アダプティブクルーズコントロール、レーンキーピングアシスト、渋滞アシスト(CVTのみ)、および交通標識認識テクノロジーも備え、後方のクロストラフィックアラートを備えた標準のブラインドスポット情報システムによって結合。テクノロジーパッケージを備えたインテグラA-Specは、フロントおよびリアパーキングセンサーと、衝突を防止または軽減するために自動的にブレーキをかけることができる低速ブレーキ制御を追加。

インテグラについて

初代 AV/DA1/2型 1985年にクイントがフルモデルチェンジ「クイントインテグラ」としてデビュー。アメリカではホンダの高級車チャンネル「アキュラ」において「アキュラ・インテグラ」として、レジェンドに次ぐアキュラブランド第2弾として発売。

2代目 DA5/6/7/8/DB1/2型 1989年に2代目にフルモデルチェンジ。4代目シビック(EF型)とサスペンション部品を共有し、初のVTEC搭載車であるのも特徴。北米では先代に引き続きアキュラブランドで販売。

3代目 DC1/2/DB6/7/8/9型 1993年にへフルモデルチェンジ。5代目シビックとプラットフォームを共有。2001年6月に生産終了。

4代目 DC5型 2001年7月2日にフルモデルチェンジ。7代目シビック(EU/EP型)とプラットフォームを共有。アキュラブランドでも引き続き販売されたが、モデル名は「RSX」に改められている。2007年2月完売し販売終了。4代22年の歴史に幕を閉じた。

あわせて読みたい
ホンダ 中国では 新型「インテグラ」2022年モデルを「シビック」と共通デザインとして発表 ホンダと広汽集団の合弁会社である広汽本田汽車有限公司は中国モデルの新型「インテグラ」2022年モデルを発表した。米国仕様のアキュラ「インテグラ」とは異なり新型「...
あわせて読みたい
ホンダ アキュラ 新型 インテグラ として 20年ぶりフルモデルチェンジ 米国モデル 2021年11月11日世界... ホンダはアキュラ「インテグラ」としてフルモデルチェンジを行い2023年モデルの「アキュラ インテグラ プロトタイプ」2021年11月11日に世界初公開した。日本ブランド「...

ホンダ アキュラ

https://acuranews.com/en-US/releases/new-acura-integra-prototype-makes-global-debut-previews-a-premium-sport-compact-for-a-new-generation

https://www.acura.com/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次