ホンダ 新型 シビックSi フルモデルチェンジ 2022年モデル 200HPターボ タイプRパーツを装備

ホンダは、新型となる2022年モデルの「シビックSi」を米国にて2021年10月19日(現地時間)発表した。新しい第11世代の「シビックセダン」に基づいて制作、これまでで最高のハンドリング、最高の装備、そして最も運転が楽しいシビックSiと呼ばれている。2021年末から販売を開始する。

目次

ホンダ 新型 シビックSi フルモデルチェンジについて

シビックSi エクステリア

上部のフロントバンパーはよりアグレッシブですが、リアのバンパーはSiの2つの排気チップを可能にするように変更。車両下に隠されたフロントスポイラーとトランクリッド上部に取り付けられたグロスブラックのリアスポイラーがダウンフォースを加えて高速安定性を向上させ、ミラーキャップのグロスブラックトリムが見栄えを良くしている。

LEDヘッドライトとテールライトが標準装備、18インチの10スポークアロイホイールはSi特有のマットブラックペイントで仕上げられている。「ブレイジングオレンジ」は、2022年のSi専用色。Siはより大きなブレーキを採用し、前部に12.3インチのローター、後部に11.1インチのローター(それぞれ1.2インチと0.9インチ大きい)を備えています。これらは、標準の235 / 40R18オールシーズンパフォーマンスタイヤを採用。

シビックSi インテリア

フロントの乗員は、組み込みのヘッドレストとより目立つ肩と太もものサポートを備えたSi専用のスポーツシートによって迎えられます。下部のクッションは前面で0.5インチ高くなっており、より良いサポートを提供。ドア、ステアリングホイール、センターアームレスト、シフトブーツ、シフトノブにスポーツペダルと赤いコントラストのステッチが施されている。左側にデジタルタッチを備えた7インチのカラー計器ディスプレイは、ドライバーに必要なすべての情報を提供するのに役立つ。9インチのカラータッチスクリーンには、ワイヤレスのAppleCarPlayとAndroidAutoが統合。12スピーカーのBoseプレミアムサウンドシステムは、排気音以外の音を聞くことを選択した場合でも、優れたサウンドを実現する。

シビックSi エンジン

最新の1.5Lエンジンを搭載し、タイプRと同じ回転数マッチング技術を備えた6速マニュアルトランスミッションを採用した。最高出力200馬力(202 PS / 149 kW)/6,000rpm、最大トルク192 lb.-ft. /1,800-5,000 rpmとなる。

これまでで最も剛性の高いシビックSi

前のSiよりも26%軽量化された新しいフライホイールのおかげで、よりスッキリとしたレスポンスを発揮。ガスフローを27%増加させるデュアルコイルサイレンサーエキゾーストシステムのおかげで、より良いサウンドが得られる、新しい6速マニュアルトランスミッションのおかげで、これらのスピーディーな回転をキャッチすることができます。これは、10%短いスローでより剛性の高いシフターを備えている。Siが利用できる唯一のオプションであるマニュアルトランスミッションには、「シビックタイプR」のレブマッチングシステムが付属しています。これは、スポーツモードで430m/sで応答し、可能な限りスムーズに運転できる。

2022シビックSiは、従来のモデルよりもねじり剛性が8%高く曲げ剛性が13%高い新しいボディの恩恵を受けている。安定性のために0.5インチ(12.7mm)広いリアトラックを、スムーズな乗り心地のために1.4インチ(35.5mm)長いホイールベースも備えている。

サスペンションも、標準の2022シビックよりも8%剛性の高いフロントスプリングと54%剛性のリアスプリングで最適化。一方、ダンパーは、増加したコーナリング荷重を処理するために、上部マウントで補強されたSiおよびフロントマクファーソンストラット用に特別に調整。

安定性を向上させるために、シビックタイプR」から借りたフロントコンプライアンスブッシングは、シビックEXセダンよりも79%剛性が高くなっている。リアコンプライアンスブッシング、アッパーアーム、ロアBアームもすべてタイプRから供給されている。一方、ステアリングシャフトをピニオンギアに接続するトーションバーが60%剛性が高いため、ステアリングフィールが向上。

あわせて読みたい
ホンダ 新型 シビック TYPE R フルモデルチェンジ 2022年発売 ホンダは新型「シビック」をベースにしたスポーツモデル「シビック TYPE R」のフルモデルチェンジを行い2022年に発売する。 【新型シビックTYPE R フルモデルチェンジに...

11代目シビックについては次へ

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
トップへ
目次
閉じる