BMW 新型 Z4 一部改良 日本モデル 2022年12月16日発表

BMWは、2人乗りプレミアム・オープントップ・スポーツ「BMW Z4」の一部改良を行い2022年12月16日発表した。納車は、2023年1月以降を予定している。

目次

BMW 新型 Z4 一部改良 日本モデル について

「BMW Z4」は一部改良となる新型「BMW Z4」は、ヘッドライトの周りをブラックとし、BMW デザインの象徴であるキドニ ー・グリルを水平基調としたデザインとし、さらに、エア・インテークに迫力を感じさせるデザインとしている。

BMW コネクテッド・ドライブ 

BMW コネクテッド・ドライブは、車載通信モジュールにより、ドライバー、クルマ、そして取り巻く情報をIT ネットワークで繋ぐことで、「もしもの時に備える万全の安全性」、「カーライフを進化させる革新の利便性」、「充実の情報と最新のエンターテインメント」を提供する総合テレマティクス・サービスとして2013 年に輸入車として初めて導入された。また、スマートフォン向けアプリの導入により、車両情報やニュース等へのアクセスを可能にし、顧客の利便性を向上させるサービスを提供してきた。さらに、2021 年夏には、より操作性・利便性を高めた新たな機能を追加すると共に、新しいスマートフォン向けアプリ「My BMW」を導入し、車とユーザー、情報をシームレスに繋げ、より快適でスマートなモビリティ・ライフをサポートする新しいパーソナル・アシスタント・サービスとして生まれ変わった。 

BMW Intelligent Personal Assistant(インテリジェント・パーソナル・アシスタント)

BMW インテリジェント・パーソナル・アシスタントは、AI 技術を活用することで、音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となるBMW 最新の機能である。今までの音声入力と異なり、より自然な会話に近い言葉で、ドライバーの指示や質問を理解し、適切な機能やサービスを起動可能にする他、使用頻度に応じてドライバーの好みを学習し、長く乗り続けるほどドライブにおける真のパートナーとしての役割を担うことが可能となる。そして、BMW のインテリジェント・パーソナル・アシスタントの最たる特徴は、ドライバーがシステムの「名前」を自由に付けることが可能な点である。例えば、BMW インテリジェント・パーソナル・アシスタントを起動する際、「OK, BMW(オーケー・ビー・エム・ダブリュー)」だけでなく、呼びかける言葉を任意に設定することが可能なため、より身近な存在としてストレス無く使用することが出来る。

Amazon Alexa 

Alexa は、Amazon が提供するクラウドベースの音声サービスあり、全世界で利用され、日本においても、日本語による音声サービスが提供されている。Alexa は、Amazon Echo シリーズなどのデバイスに搭載されており、Alexa に話しかけるだけで天気予報やニュースの確認、音楽ストリーミングの再生、Amazon.co.jp でのショッピング、対応するスマートホームデバイスの操作などが可能になる。オーナーのスマートフォン上アプリ「My BMW」を使用して、車両をAlexa と連携させることにより、自宅さながら、Alexa の様々なサービスや機能を利用することが可能。

BMW 新型 Z4 一部改良 日本モデル 価格について

グレード価格(10%)
BMW Z4 sDrive20i7,140,000円
BMW Z4 M40i8,940,000円

BMW 新型 Z4 について

新型BMW Z4はオープンカー(ロードスター)のボディ形式、トヨタ 新型 GR スープラはクーペのボディ形式となる。BMW Z4で初めてキドニーグリルにメッシュデザインを採用。現代のBMWを象徴するデザインとなった。オープンクローズが可能なソフトトップルーフを採用、50km/h以下であれば電動操作が可能で、約10秒にてオープンクローズが可能である。

BMW Z4

先代モデルと比較して、全長は96 mm長い4,335mmに、全幅は75 mm広い1,865 mmに、全高は14 mm高い1,305 mmになりました。ホイールベースは26 mm短い2,470 mmになり、前後重量配分を50:50とし安定性を向上しボディ剛性も高めておりよりスポーティな走りが楽しめる。

BMW Z4
サイズ新型 Z4
全長4,335mm
全幅1,865mm
全高1,305mm
ホイールベース2,470mm
乗車定員2名
前後重量配分50:50
車両重量1,450kg

BMW 新型 Z4 グレード エンジンスペックについて

BMW Z4
スペックBMW Z4 sDrive20i 日本採用
エンジン2.0 L 直列4気筒
BMW ツインパワー・ターボ・エンジン
最高出力145kW(197ps)/4,500-6,500rpm
最大トルク320Nm(32.6kgm)/1,450-4,200rpm
トランスミッション8速AT
駆動方式FR
0~100km/h加速6.6秒
最高速度240km/h
スペックBMW Z4 sDrive30i 海外モデルのみ
エンジン2.0 L 直列4気筒
BMW ツインパワー・ターボ・エンジン
最高出力190kW(258ps)/5,000-6,500rpm
最大トルク400Nm(40.8kgm)/1,550-4,400rpm
トランスミッション8速AT
駆動方式FR
0~100km/h加速5.4秒
最高速度250km/h
スペックZ4 M40i 日本採用
エンジン3.0L 6気筒
BMW ツインパワー・ターボエンジン
最高出力250kW(340ps)/5,000-6,500rpm
最大トルク500Nm(51.0kgm)/1,600-4,500rpm
トランスミッション8速AT
駆動方式FR
0~100km/h加速4.5秒
最高速度250km/h

BMW 新型 Z4 インテリアについて

「BMWオペレーティングシステム7.0」を新型Z4に採用する。10.25インチのデジタルメーターパネルと10.25インチのインフォテインメントディスプレイを採用。AIによる「BMW Intelligent Personal Assistant」を採用し、「Hey BMW」と話しかければ音声で様々な操作や会話にも答えてくれる。

BMW Z4
新型BMW Z4

BMW 新型 Z4「6速MT」モデル

エントリーレベルの「sDrive20i」における6速マニュアルギアボックスで利用できるようになる。最高出力194hp(197PS)の2.0 L 直列4気筒BMW ツインパワー・ターボ・エンジンとの組み合わせだ。

BMW Z4
スペックBMW Z4 sDrive20i
エンジン2.0 L 直列4気筒
BMW ツインパワー・ターボ・エンジン
最高出力145kW(197ps)/4,500-6,500rpm
最大トルク320Nm(32.6kgm)/1,450-4,200rpm
トランスミッション8速AT/6速MT
駆動方式FR
0~100km/h加速6.6秒
最高速度240km/h
あわせて読みたい
BMW 新型 Z4 フルモデルチェンジ トヨタと共同開発 日本2019年3月25日発売 BMWはトヨタと共同開発を進め新型Z4のフルモデルチェンジを行い日本では2019年3月25日発売を開始した。特別限定カラー「フローズン・グレー」モデル「Z4 M40i Frozen Gr...

BMWニュースリリース

https://www.bmw.co.jp/ja/press/2022/20221216.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー

目次