MENU

ジープ 新型 「ラングラー Unlimited Rubicon 4xe」 初プラグインハイブリッド 日本モデル 2022年12月14日発表

ジープは新型「ラングラー」プラグインハイブリッドモデル「ラングラー Unlimited Rubicon 4xe」を日本モデルを2022年12月14日発表、受注を開始する。

目次

新型 ラングラー4xe

ジープは新型「ラングラー」プラグインハイブリッドモデル「ラングラー Unlimited Rubicon 4xe」は、後部座席の下に350Vのリチウムイオン電池によって供給、2つの電気モータと2.0L ターボエンジンに8速オートマチックトランスミッション組み合わせ。

トランスミッション前部には、P2モーター(高電圧モータージェネレーター)を備えており、エンジンとP2モーターは2つのクラッチで制御され、バイナリークラッチと呼ばれる動力を伝達するスイッチが開いた状態で100%のEV走行モード、閉じるとエンジンとモーターの出力が融合されます。P2モーターとトランスミッションの間に備わるもうひとつのクラッチは、トランスミッションとの噛み合いを調整し、ドライバビリティと効率性を向上。

合計最高出力375HP(380PS/280kW)と最大トルク470lb-ft(637Nm)。つまり、新しいWrangler 4xeは、よりも高い推力を提供。バッテリーを充電する、新しい4x4の最大約42kmを電気のみで走行可能になり、ダッシュボードの左側にあるボタンから特別な運転モードを選択できる。3つの走行モードを選択「HYBRID(ハイブリッド)モード」「ELECTRIC(エレクトリック)モード」「e-SAVEモード」がある。ワンペダル運転にも対応。

jeep wrangler 4xe phev

バッテリーの充電は、家庭用200Vの普通充電に対応しています。減速時や制動時に働く回生ブレーキは、4×2走行時には駆動輪である後輪から、4×4走行時には4輪すべてからの制動エネルギーをバッテリーに供給します。さらに、エネルギーの回収を最大化して発電力を高める「Max Regen」機能を作動させることもできる。

ジープニュースリリース

https://www.stellantis.jp/news/20221214_jeep_wrangler_rubicon_4xe

ラングラー

https://www.jeep-japan.com/wrangler-jl.html

ジープ

https://www.jeep-japan.com

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次