MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

トヨタ 新型 RAV4 マイナーチェンジ 2023年モデル ヨーロッパモデル 2022年6月22日発表

トヨタはクロスオーバーSUV「RAV4」のマイナーチェンジ(2023年モデル)を行いヨーロッパ(欧州)モデルを2022年6月22日(現地時間)発表した。ヨーロッパで2022年の第3四半期に生産が開始される。日本モデルは2022年10月3日に発表される予定である。

目次

トヨタ 新型 RAV4 マイナーチェンジ 2023年モデル ヨーロッパモデルについて

2023年モデルとなる「RAV4」は12.3インチのフル液晶デジタルメーター、10.5インチのインフォテインメントタッチスクリーン、およびわずかに更新されたToyota Safety Sense スイートの追加。、AndroidAutoとAppleCarPlayの互換性が標準装備、目的地近くの交通状況と駐車場の空き状況に関するライブデータに加えて、新しいオンボード音声エージェントを備えたクラウドベースのコネクトナビゲーションを利用できる。オプションで、システムは、データ接続なしのナビゲーション、高速道路標識認識、気象警報、および低排出ゾーン警報などのより多くの機能を提供。

デジタルインストルメントクラスターの追加のおかげで、競合他社とより一致する。12.3インチユニットは、7インチバージョンを小型化するエントリーレベルのトリムを除いて、すべてのグレードに標準装備。画面には4つのモード(カジュアル、スマート、スポーツ、タフ)と3つのレイアウトがある。

エクステリアデザインは2023年モデルの唯一の変更点は、プラグインハイブリッドおよびハイブリッドの全範囲(アドベンチャートリムを除く)にプラチナホワイトパールのエクステリアシェードが追加、ミッドナイトブラックメタリックルーフを備えたバイトーンオプションが追加。

更新されたToyota Safety Sense スイートは衝突前システムは、交差点でのより安全な方向転換のための交差点サポートを備え、プラグインハイブリッドでは、システムはSUVの車線で対向車を検出。トヨタは歩行者を回避できる緊急ステアリングアシストを追加、プラグインハイブリッドは追加の自転車と駐車車両の認識を備えている。

RAV4 スペック

スペック RAV4
全長 4,600mm~4,610mm
全幅 1,855mm~1,865mm
全高 1,690mm
ホイールベース 2,690mm
エンジン 直列4気筒 2.5L
直噴エンジンD-4S
+モーター(THSⅡ)
直列4気筒2.0L
直噴ガソリンエンジン
最高出力 131kW(178ps)/
5,700rpm
126kW(171ps)/
6,600rpm
最大トルク 221Nm(22.5kgm)/
3,600-5,200rpm
207Nm(21.1kgf・m)/
4,800rpm
フロントモーター
最大出力
88kw(120ps)
フロントモーター
最大トルク
202Nm(20.6kgm)
リアモーター
最大出力
40kW(54ps)
リアモーター
最大トルク
121Nm(12.3kgfm)
システム出力 E-Four:163kW(222ps)
2WD:160kW(218ps)
トランスミッション 電気式無段変速機 Direct Shift-CVT
バッテリー リチウムイオンバッテリー
駆動方式 2WD/4WD(E-Four) 2WD(FF)/4WD
乗車定員 5名
あわせて読みたい
トヨタ 新型 RAV4 一部改良 特別仕様車 Adventure“OFFROAD packageⅡ” 2022年10月3日発売 トヨタは「RAV4」の一部改良を行い2022年10月3日に発売する。 【新型 RAV4 一部改良 について】 グレード「X」に採用している「4.2インチTFTカラーマルチインフォメーシ...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる