ランボルギーニ 新型「ウラカン ステラート」オフロードバージョン 2023年2月から1,499台限定生産

当ページのリンクには広告が含まれています。
ランボルギーニ ウラカン ステラート

ランボルギーニは、「ウラカン」のオフロードバージョン「ウラカン ステラート(Huracán Sterrato)」を2022年11月30日(現地時間)ワールドプレミアを行う。2023年2月から1,499台限定で生産。

目次

ランボルギーニ 新型「ウラカン ステラート」について

ベースの「ウラカンエボ AWD」と同じV10 エンジンを搭載。全輪駆動であり、オフロードを冒険できる。ポルシェ 911 ダカールと同じように、オフロードを走れるスーパーカー。

V型10気筒 5.2L自然吸気エンジンは、最高出力610ps(602hp)、最大トルク417 lb-ft (565 Nm)を出力し、7速デュアルクラッチ式トランスミッション、全輪駆動。0-100km/hは3.4秒、最高速度は260km/h。車高を44mmアップ、フロント30mm、リア34mm拡大されたトレッドに組み合わせられた専用開発のブリヂストンDueler AT002 19インチオールテレーンタイヤを収納する、力強いデザインのボルトオンフェンダーを採用。タイヤはランフラット技術により、悪路を走行しタイヤがダメージを負い空気圧ゼロとなった場合でも時速80kmで距離80kmの走行が可能。ドライブモードセレクターは、グリップの低い状況にあわせた「Rally」モードを設定。

まだ価格が設定されていないが、ベースのRWD Evoの現在の価格は21万5,000ドル強、全輪駆動のEvo Spyder は30万ドルをわずかに下回ります。しかし、ランボルギーニがステラートをSTOと同等のものとして売り込むとしたら、328,000ドルを目にすることになるかもしれない。ただ、ランボルギーニは2023年2月から1,499台しか製造しないため、価格がどうであれ、すぐに売れてしまうだろう。

あわせて読みたい
ランボルギーニ 新型 ウラカン EVO RWD 後輪駆動 2020年発売 ランボルギーニは新型「ウラカン EVO」の派生製品として後輪駆動モデル「Huracan (ウラカン )EVO Rear-Wheel Drive(RWD)」を2020年1月4日(現地時間)に正式発表し...
あわせて読みたい
ランボルギーニ 新型「ウラカン ステラート」オフロードバージョン 2022年11月30日ワールドプレミア ランボルギーニは、マイアミで開催される「Art Basel(アート バーゼル)」にて、「ウラカン」のオフロードバージョン「ウラカン ステラート(Huracán Sterrato)」を20...

ランボルギーニ

https://www.lamborghini.com/jp-en

ランボルギーニ ウラカン ステラート

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次