欧州 オペル 新型 アストラ エレクトリック バッテリーEV 2022年11月30日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。

オペルは、新型のBEV(バッテリーEV)「アストラ エレクトリック(Astra Electric)」を欧州で2022年11月30日発表した。

目次

オペル 新型 アストラ エレクトリック について

ICE を搭載した同等のモデルとほぼ同じように見えますが、機械的に関連するプジョー 「E-308」と同様に完全電動パワートレインを採用。パワートレインから始めて、EV には、最高出力154 hp (115 kW / 156 PS) 、最大トルク270Nm (199 lb-ft) 単一のフロントマウント電気モーターが装備。出力数値はプジョー「E-308 / E-308 SW」と同じですが、オペル / ボクソールがステランティス ブランドポートフォリオのプジョーの下に位置しているため、トルクが10Nm (7.4 lb-ft) 増加。

リチウムイオン バッテリー54kWhは、ハッチバックとエステートの両方で同じ 416kmの WLTP 範囲に十分なエネルギーを持っている。100kWhのDC 急速充電器を使用すると、バッテリーは 30分で80%まで充電できる。状況に応じて航続距離またはパフォーマンスを優先する、「エコ」「ノーマル」「スポーツ」の 3つのドライビング モードにアクセス。同社は加速数値を明らかにしていませんが、最高速度は170km/h (106 mph) に制限。アストラ エレクトリックが、よりパワフルなプラグイン ハイブリッド アストラGSeよりも直線で速いかどうか気になるところである。バッテリーを車体下部に配置しても、乗客と荷物のためのスペースが損なわれないと主張しています。ただし、アストラ スポーツ ツアラー エレクトリックの貨物容量は516~1,553リットルであるのに対し、ICE搭載の同等品は 608~1,634リットル。

オペル 新型 アストラ エレクトリック エクステリアについて

Cセグメント5ドアハッチバックの「アストラ」と「アストラ エレクトリック(Astra Electric)」と同じように見えるが、フロントのインテークとオペル バイザー グリルのスリットは保持され、モデルのゼロ エミッションの性質を示す唯一の詳細は、排気管がないことと、充電ポート以来のテールゲートの「e」バッジ。ガソリン式のバリエーションでは、ガス栓と同じ場所にある。EV には、ダイヤモンドカットまたはフルブラック仕上げの 18 インチアルミホイールと、GSラインのよりスポーティなバンパーが標準装備。

オペル 新型 アストラ エレクトリック インテリアについて

インテリアには、オプションでアルカンターラ張りのマルチアジャスタブル AGR 認定スポーツ シート、10 インチ デュアル スクリーンを備えたピュア パネル デジタル コックピット、およびヘッドアップ ディスプレイがあります。安全装置には、Intelli-Drive 2.0 パッケージの一部として、適応型 Intelli-Lux LED Pixel Light とともに多数の ADAS が含まれている。

あわせて読みたい
2021年 後半 オペル ブランド 日本市場での販売を再開 グループPSAの傘下である自動車メーカー「オペル」が2021年後半、日本市場に再上陸する。 【オペル ブランド 日本市場での販売】 親会社であるGMの経営悪化も深刻化した...
あわせて読みたい
プジョー 新型 308 / 308 SW フルモデルチェンジ 日本モデル 2022年4月13日発表 プジョーは、Cセグメントコンパクトカーの新型「308」および「308 SW」日本モデルを2022年4月13日発表し、受注を開始した。 【新型 308 / 308 SW フルモデルチェンジ エ...
あわせて読みたい
プジョー 新型 308 フルモデルチェンジ コンパクトハッチ 2021年発売 プジョーは新型「308」のフルモデルチェンジを行い2021年に発売を開始する。 【新型 308 フルモデルチェンジ】 新型「308」はフルモデルチェンジによりエクステリアデザ...
あわせて読みたい
プジョー新型 308 SW フルモデルチェンジ ステーションワゴン 2021年発売 プジョーは新型ステーションワゴン「308 SW」のフルモデルチェンジを行い2021年6月21日(現地時間)に世界初公開した。ヨーロッパででは2021年末から発売を開始する。 ...

https://www.opel.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次