MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

メルセデスベンツ 新型 Bクラス ビックマイナーチェンジ 2022年10月5日発表

メルセデス・ベンツは新型「Bクラス」のビックマイナーチェンジを行い2022年10月5日に発表した。新型「Aクラス」と基礎を共有し、ボディサイズを拡大することで使いやすさをアップしたモデルとして発売。

目次

メルセデスベンツ 新型 Bクラス ビックマイナーチェンジ について

2023 「Bクラス」のキャビンには、7インチのデジタル インストルメント クラスターと 10.25インチのインフォテインメント ディスプレイが標準装備されていますが、顧客はより大きな 10.25インチのデジタル クラスターをオプションで選択できる。

インテリアは、新しいフラットボトム ステアリング ホイールと、センター コンソールのインフォテインメント ディスプレイのロータリー コントローラーが取り除かれたことで、さらに洗練された。MBUX システムも更新され、指紋センサー、改善された Hey Mercedes 音声アシスタント、クラシック、スポーツ、ディスクリートという名前の 3つの再設計されたディスプレイ スタイルが組み込まれている。

車線維持支援システム、アクティブ ステアリング コントロール、およびオプションのトレーラー操縦支援機能を含むアップグレードされたドライバー支援パッケージを含む、いくつかの安全性の更新も行われました。

パワートレインに関しては、Bクラスのすべてのガソリン バリアントが電動化されており、そのほとんどがベルト駆動のスターター ジェネレーターを備えた48ボルトのマイルド ハイブリッド システムを使用しています。市場に応じて、この車は B 250 e、B 180、B 200、B 220 4Matic、B 250 4Matic、B 180 d、B 200 d、および B 220 d装いで提供。Bクラスのプラグイン ハイブリッド バージョンには、3.7kWの充電標準に加えて、従来の 7.4kW の代わりに最大11 kWの交流電流で充電できる、改良された高電圧バッテリーが装備されています。過去。これらのモデルは、DC充電器を介して最大22 kW まで充電することもできます。つまり、バッテリーは25分で10%から 80%の容量まで充電できます。電気モーターもアップグレードされて、さらに5kWを供給し、合計で 80 kW になった。

あわせて読みたい
メルセデス・ベンツ 新型 Aクラス ビックマイナーチェンジ 2022年10月5日発表 メルセデス・ベンツは「Aクラス」のビックマイナーチェンジ(2023年モデル)を行い、2022年10月5日(現地時間)発表した。 【新型 Aクラス ビックマイナーチェンジにつ...

メルセデスベンツ Bクラス

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/b-class/b-class-hatchback/explore.html

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次