MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

メルセデス・ベンツ 新型「GLA」マイナーチェンジ 2023年9月26日発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
2023 GLA

メルセデス・ベンツはコンパクトクロスオーバーSUV「GLA」のマイナーチェンジを行い日本モデルは2023年9月26日に発売する。

目次

メルセデス・ベンツ 新型「GLA」マイナーチェンジ について

今回の新型「GLA」は、エクステリアデザインを刷新するとともに、ナビゲーションシステムをSクラス等に採用している最新世代にアップデートし、安全性や快適性を高めるアダプティブハイビームアシスト等を全モデルに標準装備、Burmester®サラウンドサウンドシステムをオプション設定した。安全運転支援システムは最新にアップデートされる。

メルセデス・ベンツ 新型「GLA」マイナーチェンジ エクステリア について

SUVらしさを強調した新デザインのフロントバンパー、よりシャープな印象を与えるヘッドライトデザインを採用。AMGラインパッケージは、下部に広がる台形とその両サイドにも大きく開口するようなデザインを採用。「GLA 180」と「GLA 200 d 4MATIC」のフロントグリルにはメルセデス・ベンツのSUVに共通する特徴的なデザインのルーバーが装備AMGラインパッケージでは、クローム仕上げのダイヤモンドパターンが無数に散りばめられたシングルルーバーのフロントグリルを採用。スポーティかつ安定感のあるリアビューを演出する新デザインのリアディフューザーLEDリアコンビネーションランプのデザインを変更、よりシャープな印象を与えるリアデザイン。ホイールデザインを全て刷新、「GLA 180」と「GLA 200 d 4MATIC」の標準仕様には18インチアルミホイール、AMGラインパッケージには20インチAMGアルミホイールを採用する。

メルセデス・ベンツ 新型「GLA」マイナーチェンジ インテリア について

インテリアは、新世代のステアリングホイールを採用、オプションのAMGラインパッケージを選択すると、3本のツインスポークにより近未来的なスポーティさを演出。ナビゲーションやインストルメントクラスター内の各種設定や安全運転支援システムの設定。従来はタッチコントロールボタンへの接触やステアリングホイールにかかるトルクで判定していた、アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック使用時のハンズオフ検知機能のために、新たにリムに静電容量式センサーを備えたパッドを採用。トルクがなくともドライバーがステアリングホイールを握っていることが認識され、アクティブディスタンスアシスト・ディストロニックの使い勝手を向上。センターコンソールに設置していたタッチパッドを廃止。最新世代の対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を標準装備した。ボイスコントロールは「Hi ハイ, Mercedesメルセデス 」をキーワードとして起動。音声認識機能は多くのインフォテインメント機能(目的地入力、電話通話、音楽選択、気象情報)に加え、クライメートコントロール、各種ヒーター、照明など多様な機能にも対応。

メルセデス・ベンツ 新型「GLA」マイナーチェンジ エンジン について

「GLA 180」に搭載される「M282」エンジンでは、「デルタ形シリンダーヘッド」が採用され、その名のとおり、シリンダーヘッドが三角柱を横に寝かした形状となっている。通常のシリンダーヘッドに比べると、装着時の高さがある一方、幅や重さが小さくなり、軽量化、省スペース性能が向上。

GLA 200 d 4MATICに搭載される「OM654q」は、最高出力 150PS(110kW)、最大トルク320N・m と、コンパクトなボディを力強く加速させる性能を有しながら、低振動で高い静粛性を両立。コーティングする「NANOSLIDE®」摩擦低減加工を施している。

メルセデスベンツ 新型GLAについて

2代目、新型GLAは新型Aクラス同様にルノー日産とダイムラー共同開発の新前輪駆動プラットフォーム、「MFAⅡプラットフォーム」FF/AWDを採用し軽量化と剛性のupする。 更にルール形状を改めリアのヘッドスペースを拡大し、リアドアの開口部を広げるなど、快適性や使い勝手を改善する。新しいGLAは全長4,410mm、全幅1,834mm、全高1,611mm、ホイールベース2,729mmとなる。ホイールベースは30mm大きくなり、全長は14 mm短く、全幅は30mm広く、全高は104 mm高くなっている。後部の足元は116 mmも伸びた。

スペック新型GLA旧型GLA
(日本モデル)
全長4,415mm4,430mm
全幅1,835mm1,805mm
全高1,620mm1,505-1,510mm
ホイールベース2,730mm2,700mm

旧型に比べデザインは伸びやかにフロントとリアまで曲線的につなぐルーフラインとなり、車体全体が低くスポーティに感じられ、少し下に乗っているような感覚となるだろう。新型Aクラスのエクステリアは、メルセデス・ベンツのデザイン思想「Sensual Purity (官能的純粋性)」をさらに一歩進め、コンパクトな2ボックスデザインをベースにサイズ やプロポーションを最適化しました。エンジンラインナップも一新され、インフォテイメントシステム10.25インチディスプレイ「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」を標準搭載。運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」をはじめとする安全運転支援システム「インテリジェントドライブ」の設定する。「Car Wash function」を搭載。

メルセデスベンツ 新型GLA AI(人工知能)搭載インフォテイメントシステム MBUXを標準装備

インフォテイメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」はダッシュボードの上に浮かんでいるように見える2つの画面は「トレンチ」で分けられており。選択されたモデルおよび機器に応じて、3つのバージョンで利用可能。ステアリングのボタンを押したり直接パネルをタッチする、または音声アシスタントの「LINGUATRONIC」に「ヘイ、メルセデス」と呼びかけることで操作が可能。ベースのトリムには7インチ(17.78cm)のスクリーンが2つ高級モデルには7インチと10.25インチ(26cm)または10.25インチのディスプレイが2つ。最大解像度は1920×720ピクセル、スクリーンに結合ガラス技術を使用する。タッチスクリーンによる操作のほか、メカニカルなタッチコントロールボタンやタッチパッドからも操作ができる。

メルセデスベンツ 新型GLA エンジンラインナップについて

スペックGLA200d 4MATIC
エンジン直列4気筒2.0L
ターボディーゼルエンジン
最大出力150PS(110kW)
最大トルク320Nm
トランスミッション8速DCT
駆動方式4WD(4MATIC)
WLTCモード燃費16.5km/L

メルセデスベンツ 新型「GLA180」を追加

オールアルミニウム製の直列4気筒1.4Lターボエンジン(M 282)を搭載する新しいエントリーモデル。、超小型、軽量、優れた動・静剛性が特徴。の高圧縮比 4 気筒エンジンは、ノイズの低減に力を注ぎました。吸気ダクトにヘルムホルツ共鳴器を採用、触媒コンバーターには遮音シールを施したほか、カバーもノイズ低減の役目を持たせている。

スペックGLA180
エンジン1.4L 直列4気筒
直列4気筒
ターボチャージャー付
最大出力100kW(136PS)/
5,500rpm
最大トルク200Nm/
1,460~4,000rpm
トランスミッション電子制御7速AT
(7G-DCT)
駆動方式4WD(4MATIC)
WLTCモード燃費15.5km/L
関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
メルセデス・ベンツ 新型 GLA 180 2代目 日本 2021年4月5日発表

GLA

https://media.mercedes-benz.com/gla

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/gla/gla-suv/explore.html

メルセデスベンツ ニュースリリース

https://media.mercedes-benz.jp/download/915d00b0-1121-44fa-9890-d435e47e8ae2/20230926-gla-fnl.pdf

2023 GLA

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次