MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

日産 新型 アルティマ 2023年モデル マイナーチェンジ 新しいVモーショングリル採用 2022年6月9日発表

日産は、新型「アルティマ(日本名:ティアナ)」2023年米国モデルとしてマイナーチェンジを行いと2022年6月9日(現地時間)発表した。

目次

日産 新型 アルティマ 一部改良 2023年モデル エクステリア について

再設計されたV-モーショングリルを採用。マスクはよりシンプルなエクステリアとなり、他のモデルと同等の新しい日産エンブレムを採用。スポーティなルックスは、標準のLEDヘッドライトと新しい19インチの合金ホイールデザイン(SVでは17インチ)によって強化。2023年に、日産は2つの新しいエクステリアシェード(グレースカイパールとガーネットパールメタリック)と、オプションのシングルパネルムーンルーフを提供。アルティマは、S、SV、SR、SL、およびSRVC-ターボFWDグレードで提供。これらはすべてFWDが標準装備されていますが、SV、SR、SLは日産のインテリジェントAWDシステムでも利用可能。

日産 新型 アルティマ 一部改良 2023年モデル インテリア について

インテリアは、以前の8インチユニットに代わる、新しい12.3インチインフォテインメントタッチスクリーンに、ワイヤレスのAppleCarPlayと有線のAndroidAuto接続、日産のDoor-to-Door Navigation、およびNissanConnectServicesを備えている。7インチのデジタル計器クラスター、オプションの革張りのゼログラビティシート、8パワーの調整可能な運転席、ワイヤレス電話充電パッド、WiFiホットスポット、9スピーカーのBoseを装備できます。プレミアムオーディオシステム、アクティブノイズキャンセレーション、AmazonAlexa。基本的なADASシステムを含むSafetyShield360スイートは、すべてのトリムレベルに標準装備されていますが、より洗練されたProPILOTAssistとIntelligentAroundViewMonitorはより高いグレードに装備。

日産 新型 アルティマ 一部改良 2023年モデル エンジン について

2.5L DOHC 直列4気筒直噴エンジンは、グレードレベルで標準装備、最高出力188hp、最大トルク180 lb-ft(FWD)。2.0L VC-Turbo 直列4気筒、最高出力236hp、最大トルク267 lb-ftは、4気筒の燃費でV6レベルに近い性能を発揮します。VC-Turboは、Altima SRVC-Turbo前輪駆動グレードで利用。どちらのエンジンも次世代のXtronicトランスミッションに適合。前輪駆動に加えて、2021アルティマはインテリジェント全輪駆動も提供。これはアルティマプラチナに標準装備、2.5L 4気筒エンジンを搭載したSV、SR、SLグレードレベルで利用できます。このシステムは、道路や運転状況に応じて、トルクをホイールに自動的に再配分する高度なトルク分割制御戦略を使用(前部0:100から前部から後部50:50まで)。

日産ニュースリリース

https://usa.nissannews.com/en-US/releases/2023-nissan-altima-boasts-a-refreshed-design-and-more-tech

日産

https://www.nissan.co.jp/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる