MENU

レクサス 新型「LX」「GX」アウトドア仕様 AAPシリーズ SEMAショー 2023年11月1日発表

2024 Lexus GX550 Overtrail

レクサスは新型「LX」「GX」などのアウトドア・マリンスポーツ仕様となるカスタマイズカーをラスベガスで開催されるSEMAショーにて展示すると2023年11月1日発表した。

目次

レクサス 新型「LX」「GX」カスタマイズカーについて

レクサスは、2023年11月1日~4日に米国ラスベガスで開催されるSEMAショーに、新型「GX」と新型「LX」などを展示。

2024 レクサス GX 550 オーバートレイル + AAP ビルド

新型「GX」は、2024年モデルで、トヨタ ランドクルーザー(250系)の姉妹モデルです。レクサスは、SEMAショーで、新型「GX」のオーナービルドや、レクサス関連アクセサリー製品(AAP)シリーズの製品を搭載した「GX 550 Overtrail+」を展示する。

レクサスは、SEMAショーで、新型「GX」のオフロード性能をアピールし、AAPシリーズの製品を紹介する「GX 550 Overtrail+」は、最高出力349馬力のツインターボ3.4L V6エンジンを搭載し、標準の18インチホイールに33インチのトーヨー オープン カントリー A/Tタイヤを装着しています。また、車載タイヤコンプレッサーやロックレールなどのオフロード装備を追加。

プリンスのルーフラックやペリカンのカーゴケースを装着し、荷物の積載量を増やしています。また、サイドに取り付けられたrotoPaxコンテナやDMOSデルタショベル、ARB TRED Proリカバリボードなど、オフロード走行に必要な装備も備えています。これらの装備により、レクサスGXは、より高いオフロード性能を実現し、困難な地形でも走破できるようになる。

2022 レクサス GX 460 プレミアム AAP ビルド

2022年型GX 460プレミアムをベースに、オフロード走行に適した装備とキャンプやアウトドアでの使用に適した装備を組み合わせたものです。

  • マットイエローのボディカラー
  • 34インチのタイヤ
  • スキッドプレート
  • オフロードロックスライダー
  • 4.6L V8エンジン
  • プリンスルーフラック
  • 10フィートのハンモック
  • ARB製冷蔵庫・冷凍庫
  • ARB製ポータブルエアコンプレッサー
  • ARB製リカバリキット
  • TRED Proリカバリボード

マットイエローのボディカラーと34インチのタイヤにより、オフロードでの存在感を高めています。スキッドプレートとオフロードロックスライダーにより、下回りを保護し、障害物からの衝撃を軽減しています。4.6L V8エンジンにより、オフロード走行に必要なパワーとトルクを生み出します。

また、プリンスルーフラックには10フィートのハンモックとARB製冷蔵庫・冷凍庫を搭載しています。ハンモックはキャンプやアウトドアでの休息に、冷蔵庫・冷凍庫は食べ物や飲み物を冷蔵・冷凍するのに便利です。

さらに、ARB製ポータブルエアコンプレッサー、ARB製リカバリキット、TRED Proリカバリボードを装備することで、オフロード走行やキャンプ・アウトドアでのトラブルに対応できる万全の体制を整えています。

2022 レクサス LX 600 プレミアム AAP ビルド

新型「LX 600」をベースにしたカスタムカー「LX 600 AAPビルド」を展示。この車両は、マットグレーのグリルと対照的なカスタムアクアマリンのボディラップ、33インチのタイヤ、光沢のあるブラックのアクセントを備え、群衆の中で際立っています。また、409hpのツインターボ3.5L V6エンジンを搭載。

サイドには、太陽や雨から身を守る格納式のカモッククロスウィングカーオーニングを装備。また、屋外で食事を準備できるヤキマエクソオープンレンジデラックスキャンプキッチンバンドルも装備。さらに、パドルボードやサーフボードを収納できるプリンスルーフラックも装備。

2024 Lexus GX550 Overtrail

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次