三菱 新型「デリカD:5」フルモデルチェンジ 初のPHEVモデル 2025年発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
delica_d5

三菱は世界で唯一のオールラウンダーミニバン(SUV・ミニバン型)新型「デリカD:5」のフルモデルチェンジを行い2025年頃に発売する。現行、デリカD:5を 2007年1月31日から販売しており、丸18年目のフルモデルチェンジとなる。次期「デリカ D:5」のコンセプトモデルと言われているPHEVシステムを採用した電動クロスオーバーMPV「MITSUBISHI D:X Concept」を「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」で2023年10月25日世界初公開した。コンセプトから量産モデルまでに2年ほどの時間がかかりそうだ。

目次

三菱 新型「デリカD:5」フルモデルチェンジ について

「D:5」はデリカ(DELICA)の5代目を意味する。 2007年1月31日から販売を開始。2012年12月26日からクリーンディーゼル車の販売を開始。その他、現在に至るまで何度もマイナーチェンジを繰り返し、人気を維持している車種である。今回は、18年ぶりとあって、エクステリアやインテリアの一新はもちろんだが、パワートレインに三菱お得意の「PHEV」搭載や、最新の安全装備を搭載することで今までよりも魅力的なモデルとする。

三菱 新型「デリカD:5」フルモデルチェンジ エクステリア について

世界で唯一のオールラウンダーミニバン(SUV・ミニバン型)らしいデザインを引継ぎ採用しながらも最新のエクステリアデザインを取り入れる。

三菱 新型「デリカD:5」フルモデルチェンジ インテリア について

インテリアは「フル液晶デジタルメーター」や「大型インフォテインメントシステム」を採用、AndroidAutoとワイヤレスAppleCarPlayを採用。複数のUSB-AおよびUSB-C充電ポートが標準装備。車体姿勢の変化をつかみやすい水平基調のインストルメントパネルでは、芯が通った力強さと開放感を表現。フロアコンソールは幅広で存在感があり高級感のあるデザイン。ドアトリムには触感がよく質感の高いソフトパッドを広範囲に採用。

三菱 新型「デリカD:5」フルモデルチェンジ 安全装備 について

安全システムには、レーダークルーズコントロール[LCC](全車速追従機能付)と車線維持支援機能[LKA]を組み合わせた高速道路 同一車線運転支援機能「マイパイロット」や運転支援機能「e-Assist」採用がされている。「e-Assist」は衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM](歩行者検知付)、踏み間違い衝突防止アシスト[EAPM]、オートマチックハイビーム[AHB]、標識認識システム[TSR]、先行車発進通知[LCDN]、車線逸脱警報システム[LDW]&車線逸脱防止支援機能[LDP]、ふらつき警報[LDA]、前方衝突予測警報[PFCW]の8つの機能で構成される。

移動物検知機能付のマルチアラウンドビューモニターを備え、ラゲッジスペースの荷物で後方が見えにくい場合や夜間・雨天時にミラー下部のレバーを切り替えることでリアカメラの映像がルームミラー上に映り、後方の視認性を高めるデジタルルームミラーを採用(グレードにより標準装備またはメーカーオプション設定)するほか、スタビリティコントロール機能とトラクションコントロール機能を組み合わせて車両の安定性を高めるアクティブスタビリティコントロール[ASC]、対向車や先行車にハイビームを照射しないようにハイビームの照射範囲を切り替えるアダプティブLEDヘッドライト[ALH]も採用(ALHは一部グレードにメーカーオプション設定)。エアバッグは運転席&助手席、サイド、カーテン、運転席ニーの7つを装備している。

三菱 新型「デリカD:5」フルモデルチェンジ パワートレイン について

前後輪それぞれに独立した高出力モーターを搭載することでツインモーター4WDとし、モータードライブならではの驚くほどなめらかで安定した力強い走りを実現。大容量バッテリーの搭載により、長いEV航続距離を実現。走行状況などによってエンジンでの発電や駆動を組み合わせるため、バッテリー残量を気にせず、安心のロングドライブが楽しめる。

2.4L 4気筒エンジンDOHC+前後2モーター、最高出力98kW/5,000rpm、最大トルク195Nm/4,300rpmにモーターを組み合わせ、出力はフロントモーターではジェネレーターとともにマグネット配置や巻線を最適化し、冷却効率の高い油冷システムなど最新技術を導入。最高出力85kW、最大トルク255Nm。リアモーターは最高出力100kW、最大トルク195Nmさせている。

クロスオーバーMPV「MITSUBISHI D:X Concept」について

三菱は、PHEVシステムを採用した電動クロスオーバーMPV「MITSUBISHI D:X Concept(ミツビシ ディーエックス コンセプト)」を「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー)」で2023年10月25日世界初公開した。「MITSUBISHI D:X Concept」は、未来の「デリカ」をイメージした、冒険心を呼び覚ます三菱自動車らしい電動クロスオーバーMPVのコンセプトカー。

MPVならではの便利で快適な広い室内空間と、SUVならではの高い走破性を兼ね備え、行動範囲を限定しないPHEVがもたらす力強く快適な走りにより、さまざまな冒険の良き相棒として、アクティブなモビリティライフをサポート。

現行の「デリカD:5」にも採用されている堅牢なDピラーをはじめとした各ピラー部分には、「デリカD:5」で高い安全性に定評のある、環状骨格構造リブボーンフレームをさらに強化して採用し、高い安全性と乗員を包み込む安心感のある広い室内空間を実現しました。

クロスオーバーMPV「MITSUBISHI D:X Concept」エクステリア について

デリカのデザインコンセプトは、「絶対安全大空間」と「絶対走破性」です。「絶対安全大空間」のために、広い室内空間と高い安全性を継承しました。キャビン前方からDピラーまで続くサイドウインドウグラフィックと堅牢なDピラーにより「デリカ」らしさを表現。 下方まで回り込んだフロントウインドウにより大空間を演出。「絶対走破性」のために、力強さと高い走破性を実現しました。たくましく張り出したオーバーフェンダーと大径タイヤにより力強さを表現。 前後スキッドプレートとサイドステッププロテクターを装備。フロントデザインは、ダイナミックシールドをさらに進化させ、プロテクト感を高めました。サイドから回り込んだボディと一体化したシールドによりキャビンを守る。スキッドプレートによりプロテクト感を高める。特徴的なTシェイプランプにプロジェクションレーザーライトを採用。ボディカラーは、ラグジュアリーなグランピングをイメージしたカッパーに、セミグロスの新しい質感を加え、上質感を表現しました。

クロスオーバーMPV「MITSUBISHI D:X Concept」インテリア について

デリカの室内空間は、ワンボックスタイプの広さを活かして、乗員全員がゆったりと過ごせるスペースを確保した。シートは、上下動や回転が可能で、体格に合わせて見晴らしの良い着座位置に設定できます。運転時は、高いアイポイントにより前方視認性を確保し、運転しやすく開放感のある視界を実現。休憩時には、後方に回転させ、乗員全員で会話を楽しめる室内空間を作る。フロントウインドウと連続して足元まで繋がるシースルーボンネットには、前方の路面状況とフロントタイヤの切れ角などを組み合わせて表示し、解放感のある広々とした視界を実現します。音声対話式AIコンシェルジュが目的地までのルート情報や天候情報などを提供。インストルメントパネルやシートにタン色の本革をレイアウトし、アルマイトグレー色の金属調パーツをアクセントに配置することで、上質感とギア感を演出しました。

ヤマハ株式会社との協業により、さらに進化した新世代のオーディオシステムを採用した。

クロスオーバーMPV「MITSUBISHI D:X Concept」PHEVを採用

環境に配慮しながら走る歓びを提供するPHEVシステムを採用。日常はほとんどEV走行、遠出はハイブリッド走行とすることで、冒険心を呼び覚まし行動範囲を広げます。状況に応じて走行モードを選択することができ、どんな冒険にも対応可能。

三菱ニュースリリース

https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2023/detail5748.html

delica_d5

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次