ポルシェ 新型「マカンEV」 2025年モデル トリプルスクリーンと拡張現実(AR)技術 採用 インテリア公開

当ページのリンクには広告が含まれています。
2025 Porsche Macan EV

ポルシェは、コンパクトSUVのスポーツカー「マカン」の次期型に電気自動車(BEV)「マカンEV」を設定し、2024年に発売する。2025年モデルの「マカン EV」のトリプル スクリーンのインテリアを示す画像をいくつか2023年12月12日(現地時間)公開した。ナビゲーションの指示を投影できる拡張現実(AR)ヘッドアップ ディスプレイが搭載。

目次

ポルシェ 新型「マカンEV」 2025年モデル インテリア について

最大3つスクリーンを多用した新しいインテリア。ステアリングホイールの後ろにある新しい「12.6インチデジタルインストルメントクラスター」と、「10.9インチのメインインフォテインメントスクリーン」の間にダッシュボードに取り付けられたトグルギアセレクターを採用。グローブボックスの上にあるオプションの3番目のスクリーンは、中央ディスプレイと同じ「10.9インチ」で、乗っている人はビデオをストリーミングしたり、TikTok などのアプリを使用したりできる。

スクリーンの表面がドライバーの覗き見を防ぐため、車が動いていても停止していても、この操作を行うことができる。道路にナビゲーション画像を投影できる新しい拡張現実ヘッドアップ ディスプレイを採用する。

新型「マカン EV」スパイショット

アウディの新型「Q6 e-tron」の姉妹となる「マカンEV」はテスト中のプロトタイプ「マカン」は最高の出来栄えであることは間違えいさそうだ。EVバージョンは従来型のボンネットとフェンダー、そしてはるかにスリムで角張ったヘッドランプポッドを備えている。全体的には、EVとICEのモデルが構造を考慮するとどれほど似ているかは驚くべきですまったく異なるプラットフォームを採用しており、マカンの基本デザインは10周年を迎えようとしている。ポルシェはEVが内燃機関のマカンの代替品ではないと指摘しようと苦心している。ポルシェは、すべての顧客が切り替えの準備ができているわけではないことを認識しているため、2つのモデルは数年間は並行して販売される。

PPEプラットフォーム ポルシェとアウディが共同開発

PPE(Premium Platform Electric)プラットフォームを使用「ポルシェ」と「アウディ」は共同で完全電気自動車用のアーキテクチャを開発した。これにより、純粋な電気プラットフォームの利点をさまざまな方法で享受できる。たとえば、パッケージやスペースの点でです。同時に、このアーキテクチャーは、ホイールベース、トレッド幅、および最低地上高の操作に非常に大きな余地を提供するため、さまざまなセグメントを含むさまざまなモデルを実現するために使用できる。PPEプラットフォームをベースにした最初のポルシェは、マカンEVである。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
アウディ新型「Q6 e-tron」プロトタイプのテストを北極圏で開始

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
アウディ 新型 Q6 e-tron 電気自動車(EV) SUV 2023年発売

ポルシェ 新型「マカン EV」について

800Vのアーキテクチャ、最新世代の強力な電気モーター、最先端のバッテリーと充電管理により、このモデルはポルシェの特徴である E-Performanceを提供。成功を収めたコンパクトSUVの後継モデルは、このセグメントで最もスポーティなモデルとなる。再現可能なクラス最高のパフォーマンス値に加えて、開発目標には、長距離機能と高性能急速充電が含まれる。

PPEプラットフォームは、後輪および全輪駆動とさまざまなパフォーマンス レベルを備えた幅広いモデルを可能に。システムの出力は、最初は約603hp (450kW / 612PS)  まで上がり、最大トルクは1,000Nm を超えるという。

タイカン」と同様に、ポルシェは次世代の「マカン」に800Vテクノロジーを導入。一貫した高性能が保証され、充電時間が大幅に短縮され、高電圧ケーブルの重量とそれに必要なスペースが削減。さらに共通の特徴は、ポルシェが使用するヘアピン巻きの永久励磁同期電気モーター (PSM) です。ACモーターのローターに永久磁石が取り付けられており、モーター内に永久磁場を生成。非同期モーター (ASM) と比較して、PSM は出力とトルクの密度が高く、効率が高く、出力の再現性が優れている。効率を最適化するために、リア アクスルのパルス インバーター (PWR) の半導体材料として、シリコンの代わりに炭化ケイ素 (SiC) が使用。アンダーボディに総容量約100kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。航続距離、性能、持続可能性のバランスをとる方法を検討。「タイカン」の270kW よりもさらに高い充電容量で充電。適切に強力な急速充電ステーションでは、バッテリーの充電レベルを 25分以内に5%から80%に上げることができる。

メーターパネルは、クラシック、マップ、フルマップ、ピュアの4つの異なるモードを備えている。クラシックモードは従来のインストルメントクラスターに似ているが、2つのマップモードにはナビゲーション情報が表示。一方、純粋モードは、矢印を使用して「速度、交通標識、ナビゲーションなどの重要な運転情報」のみを表示する。デジタルインストルメントクラスターは、大型16.8インチ ディスプレイで、本物のガラスと反射防止特性を与える「蒸着蒸着偏光フィルター」を使用。インフォテインメントシステムの下には、2つの長方形の通気口と触覚フィードバックを備えた8.4インチのタッチスクリーンを備えたランプ状のセンターコンソールがる。温度調節設定と加熱/換気されたフロントシートに簡単にアクセス、画面には手書き認識技術があり、ユーザーはナビゲーションシステムの住所を簡単に入力できる。

助手席側には中央の10.9インチインフォテインメントディスプレイがあり、「Hey Porsche(ハイ ポルシェ)」に対応する音声制御技術とナビゲーションなどのアプリを備えいる。電話、メディア、ポルシェコネクトに対応。Apple Musicを搭載する。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
ポルシェ 新型 タイカン マイナーチェンジ 2024年モデル 2023年発売

ポルシェニュースリリース

https://newsroom.porsche.com/en.html

2025 Porsche Macan EV

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次