スズキ インドにて 新型 大型3列シートSUV コードネームY17 2025年以降に発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
Suzuki Grand Vitara

スズキ インドにて新たな3列シートSUV(Y17)の開発を行い2025年から2027年に発売を予定している。マルチ・スズキ・インディアが2022年7月20日発表した「グランドビターラ」よりも大型なSUVモデルとなる。

目次

スズキ 新型 大型3列シートSUVモデルについて

スズキの大型3列SUVはコードネームY17で、自己充電式ハイブリッドパワートレインのオプションを備えて2025年にデビューすると海外メディア「AUTOCAR」は報じている。このモデルは、全長4,345mmの「グランドビターラ」と基礎を共有し、その引き伸ばされたボディには追加のシート列とより大きなトランクのためのスペースが確保。マルチ・スズキ・インドの竹内久最高経営責任者(CEO)は、同社の現地ラインナップには十分なSUVがなく、「下位のものと上位のもの」を提供することで埋められる「ギャップ」がまだあることを認めた。「顧客がより大きなSUVを望むなら、我々はそのニーズを満たすだろう」と語った。

スズキ インド 新型「グランドビターラ」 について

スズキは、グローバルにおけるSUVのフラッグシップとして、新型「グランドビターラ」を開発。エクステリアはショルダーラインや前後フェンダーを強調することで、SUVらしい力強さを表現するとともに、フロントに特徴的な3灯式LEDランプ、左右のランプをつなぐクロームバー、多角形グリルを採用。

インテリアは、剛性感のあるインパネや太いコンソールを採用、逞しいSUVの印象を持たせながら、インパネやトリムはボルドーとブラックの2トーンカラーにシルバーステッチを施した合皮を採用。全方位モニターやヘッドアップディスプレイなどの先進装備を採用、インドでマルチ・スズキ社が展開するコネクテッドサービス「スズキコネクト」に対応、ワイヤレスチャージャーや後部座席のエアコン吹き出し口などの快適装備を採用。

パワートレインにはマイルドハイブリッド、ハイブリッドシステム「インテリジェントエレクトリックハイブリッド」をインドで初導入、4WD仕様車には4つの走行モードをダイヤルで簡単に選択できる「ALLGRIP」をインドで初採用。

グランドビターラとは?

日本で販売されているエスクード(海外名:ビターラ)の海外向けモデルとして生産・販売されていたが、エスクードが4代目へフルモデルチェンジしたタイミングで2015年をもって生産を終了。2022年にトヨタ自動車との協業により生産されるモデルとして約7年ぶりに車名復活となった。現行、エスクードよりも洗練されており、上位モデルとして日本でも「グランドビターラ」を販売する価値はありそうだ。

あわせて読みたい
トヨタ 新型 「アーバンクルーザーハイライダー」インドにて2022年7月1日発表 トヨタはインドにて、新型SUV「アーバンクルーザー・ハイライダー」2022年7月1日に発表した。兄弟車となるスズキの新型「グランドビターラ」は2022年7月20日発表した。 ...

スズキニュースリリース

https://www.suzuki.co.jp/release/d/2022/0720a/index.html

スズキ

https://www.suzuki.co.jp/

Suzuki Grand Vitara

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次