MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

フォルクスワーゲン 新型 バッテリEV「ID.7」2023年4月17日 世界初公開

当ページのリンクには広告が含まれています。
VW ID.7

フォルクスワーゲンは、BEV(バッテリー電気自動車)新型「ID.7」を2023年4月17日(現地時間)世界初公開した。ID.7の発売はまずは2023年秋に欧州と中国で予定、2024年に北米で発売予定。フォルクスワーゲンは2030年までに欧州での電気自動車のシェアを80%にする。2033年からフォルクスワーゲンは欧州で電気自動車のみを生産します」とコメントしている。

目次

フォルクスワーゲン 新型 バッテリEV「ID.7」エクステリアについて

「ファストバック セダン」は実際には5ドアハッチバックであり、MEBプラットフォームを採用し、「ID.7」のサイズは全長4,961mm×全幅1,862mm×全高1,538mm、ホイールベースは2,966mm。これらの数値を大局的に見ると、モデルは古い米国仕様のパサートよりも 1.7 インチ (43 mm) 長く、ホイールベースは 6.4 インチ (163 mm) 長い。「ID.7」のフロント エンドは空力的に最適化され、細身のLEDヘッドライトが細い照明付きストリップで接続。それは方向指示器を兼ねるデイタイムランニングライトを採用。空気を垂直のエアカーテンに導く彫刻されたバンパーが自動車の空気抵抗係数が約0.23Cdになり、「Tesla Model 3」と一致する。おなじみの ID ボディワークと、ヘッドライトからテールライトまで続く「フィーチャーライン」が見える。ミニマルなドアハンドル、広大な温室、空気力学的に最適化されたホイールが組み合わされている。最も目を引くディテールは、グロスブラックのピラーと窓の上にあるフェイクアルミニウムトリムストリップです。これらは簡単に派手に外れてしまう可能性がありますが、標準のグロスブラックルーフとうまく調和しています。このモデルには、ボタンを押すだけで不透明から透明に変わるオプションのパノラマ サンルーフを装備することができる。

リアビューは最も刺激的ではないかもしれませんが、ブレーキが作動したときにのみ赤く点灯する LEDライトバーが特徴です。残りの時間は、ライトが白く表示される。その下には、車幅を強調するのに役立つ水平リフレクターがあり、デザイナーは、グロスブラックのディフューザーと一体型スポイラーも取り付けた。

フォルクスワーゲン 新型 バッテリEV「ID.7」インテリアについて

「ID.7」 には、12.3 インチのデジタル インストルメント クラスターの代わりに、警告や現在の速度などの「法的に規定された」情報を表示することに重点を置いた小さなディスプレイがあり、拡張現実ヘッドアップディスプレイが標準装備、方向を含む豊富な追加情報を表示するため、画面は基本的な設計になっています。一部の人々は間違いなく従来のインストルメント クラスターを懐かしく思うだろうが、フォルクスワーゲンは、この変更により、ドライバーは道路から目を離すことなく情報を得ることができると述べた。

インテリアの中心は、ほぼすべてを制御する独立した15インチのインフォテインメント システム。これはまったく新しいもので、フォルクスワーゲンは「グラフィック インターフェイスとメニュー ナビゲーションが大幅に再構築された」と述べています。同社は、インフォテインメント システムがより直感的でカスタマイズ可能であり、2つの「タッチ バー」とホーム画面ボタンを備えていると述べています。ディスプレイの下には物理的なタッチ スライダーと音声アシスタントもあり、さまざまな車両設定を調整したり、天気に関する質問に答えたりすることができる。

ディスプレイは別として、「ID.7」はレザーと高品質の素材のエレガントな組み合わせを見ることができるため、かなり上品に見えます。フォルクスワーゲンは多くの詳細には触れませんでしたが、照明付きトリム、フローティング センター コンソール、および利用可能なツートーン デザインがあります。メタリックなアクセント、広々とした後部座席、柔軟な貨物コンパートメントも見られます。14スピーカーの Harman Kardon プレミアム オーディオ システムも採用している。

「ID.7」のフラッグシップ ステータスを考えると、フォルクスワーゲンは不運ではあるが象徴的なフェートンからヒントを得ました。特に、自動的に開閉する通気孔を備えたハイテク気候制御システムがあり、「電子的に制御された垂直および水平モーター」によって可能になる「ダイナミックな動き」によって空気を分配します。それはやり過ぎのように聞こえますが、車両に近づくとすぐに気候制御システムが機能し始めます。

フォルクスワーゲンは、最大14ウェイのパワー調整が可能なフロントシートにも多くの注意を払い、それは珍しいことではありませんが、シートには必要に応じて温度と湿度センサーを使用して暖房または冷房を作動させるクライマトロニック機能がある。ergoComfort シートは背もたれに10 個のエア クッションを備えており、空気圧力ポイント マッサージを提供。ergoPremium シートは、シートの基部に 2 つのエアクッションがあり、「骨盤と背骨を活性化」する。

フォルクスワーゲン 新型 バッテリEV「ID.7」運転支援システムについて

長距離移動のストレスを軽減するために、ID.7 には群れのデータを使用するさらに開発された運転支援システム「Travel Assist(トラベル アシスト)」も強化され、90km/h以上で走る複数車線の高速道路において、車線変更を支援する機能も提供され、車線センタリングとアダプティブ クルーズ コントロールを組み合わせた半自動運転システムです。ただし、システムはカメラとナビゲーションデータを使用して制限速度を検出し、それに応じて調整するため、それは空売りです. このシステムは、車線変更の支援も提供。

フォルクスワーゲン 新型 バッテリEV「ID.7」エクステリアについて

「ID.7」は MEB プラットフォームに乗り、2 つの異なるバッテリー パックで提供される。「ID.7 Pro 」には 77 kWh (総容量 82 kWh) のバッテリーと 170 kW のDC急速充電機能がある。これにより、モデルは WLTP サイクルで約615km移動できる。

これに続く「ID.7 Pro S」は、1 回の充電で約700kmの航続距離を可能、より大きな 86kWh (総 91 kWh) のバッテリー パックを備えている。Pro Sバリアントには、わずかに高い200kW DC急速充電機能もある。

フォルクスワーゲンは、この車のパワートレインについてはあまり語らなかったが、自動車メーカーは以前、新しい APP550 電気駆動ユニットを搭載することを確認した. 後部に取り付けられた電気モーターは、282 hp (210 kW / 286 PS) と約 406 lb-ft (550 Nm) のトルクを発生する。

フォルクスワーゲン

https://www.volkswagen.co.jp/ja.html

VW ID.7

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次