MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ルノー 新型 クリオ (ルーテシア)改良モデル エクステリアデザイン変更 2023年4月18日発表

当ページのリンクには広告が含まれています。
Renault Clio

ルノーは、コンパクトカー「クリオ(日本名:ルーテシア)」の改良を行い、欧州で2023年4月18日(現地時間)発表した。

目次

ルノー 新型 クリオ (ルーテシア)改良モデル エクステリア について

フロント エンドは新しく、よりアグレッシブなエクステリアになり、最近発売された Espace のようなルノーと、ブラッシュドサテンクロームの会社の新しい企業ロゴに合わせている。再設計の最も印象的な要素は、スリムなLEDヘッドライト。また、車の左右のコーナーに表示され、それぞれがルノーの菱形 (ダイヤモンド) の半分を表すセグメント化された DRL(デイタイムランニングランプ)。

ルノー 新型 クリオ (ルーテシア)改良モデル インテリア について

車内の素材はより高品質で、持続可能なファブリックがありますが、一般的なレイアウト (安価なバージョンでは 7 インチ、高価な車では 9.3 インチ)は以前とほぼ同じ。エスプリアルパインに乗れば、アルパインの「A」ロゴが飾られた重厚なスポーツ シートに腰を下ろし、17インチ ホイールをパンチング レザーの 3本スポークステアリング ホイール、アルミペダルを採用している。

ルノー 新型 クリオ (ルーテシア)改良モデル スペック について

1.6L E-Tech ハイブリッド 最高出力143hp (145PS) のです。英国で入手可能なエンジンはこれだけですが、他の市場では、LPG (プロパン) で作動する最高出力99hp (100 PS) の 1.2L トリプル、レギュラー ガソリンを燃料とする 89hp (90 PS) バージョン、および 64hp (65PS) 丘でサイクリストに追い越されても構わない人向けの自然吸気 1.2。ヨーロッパではディーゼルの販売が急速に落ち込んでいるにもかかわらず、ルノーは最高出力99 hp (100 PS) dCi 100 の形でクリオにスパークレスモーターを提供し続けている。

あわせて読みたい
ルノー独自ハイブリッドを搭載 新型 ルーテシア 「E-TECH HYBRID」 日本モデル 2022年6月30日発売 ルノーは、独自のフルハイブリッドシステム「E-TECH HYBRID」を搭載した「ルーテシア E-TECH HYBRID」を日本にて2022年6月30日発売した。 【新型 ルーテシア にルノー独...

ルノー

https://www.renault.jp/

https://group.renault.com/

Renault Clio

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次