トヨタ 新型 ハリアー ハイブリッド フルモデルチェンジ JC08モード燃費21.8km/L プラットフォーム エンジン一新 2013年12月2日と2014年1月15日に発売

トヨタ

harrier_08.jpg
harrier_07.jpg
harrier_06.jpg

今年の冬ついにハリアーが復活する。

2013年12月2日ガソリン車発売  272万円~378万9000円

2014年1月15日ハイブリッド車発売 361万円~447万円

初代ハリアーは、乗用車をベースにした高級クロスオーバーSUVの先駆けとして、1997年にデビュー。

2003年にデビューした2代目ハリアーも、初代の魅力をさらに進化。

2005年にはハイブリッドモデルも追加、大ヒット。

その後2009年にフルモデルチェンジを果たした3代目は、日本市場でもレクサス店へ移行。(RXシリーズ)

しかし一方で根強い支持を集めていたハリアーも、引き続き国内で販売を継続。結果として、2012年まで9年間に渡り生産されることとなった。そして、発売まで4ヶ月も期間があるがトヨタが正式にデザイン公開をした。ハリアーは国内専売モデルで国外ではRAV4という扱いになっている。

エンジンモデルは、2L直4ガソリン

全長4570×全幅1800×全高1640 ホイールベース2660

エンジン型式3ZR-FAE 直4DOHC 排気量1986

最高出力116kw 151ps/6000rpm

とハイブリッドモデルは、2.5L直4+モーター
の二種類となる。

新型、旧型ガソリン車比較表

車名 新型ハリアー

 新型ハリアー
ハイブリッド

旧型ハリアー
全長 4570mm 4575mm
全幅 1800mm 1815mm
全高 1640mm 1665mm
ホイールベース 2660mm 2615mm
エンジン  直4 DOHC 直4DOHC
+モーター
直4 DOHC
 排気量 2.0L 2.5L 2.4L
最高出力  151ps/
6000rpm
152ps/
5,700rpm
160ps/
5600rpm
 モーター最高出力  – 143ps  –
トランスミッション CVT 電気式無段変速機 4速AT
燃費JC08モード 16.0km/L  21.4~21.8km/L 11.0km/L
 価格 272~360万円 361~447万円 266~305万円

ガソリンモデルは2.4Lから2Lへダウンしているがエンジン出力が変わらずむしろ軽量化のおかげで運動性能は向上し、燃費向上にもつながるはずだ。また、先代ハリアーの2.4Lバージョンでも、11.0km/Lであったことから、40%も燃費が向上したことになる。燃費の向上率で言えば、ガソリン車の方が大きいのだ。

ガソリン車はJC08モードで 2WD 16.0km/L 4WD 15.2km/L

グランド 272万円

エレガンス 280万円

プレミアム 305万円

プレミアムアドバンスパッケージ 360万円

2.5Lハイブリッドは現在のクラウンやカムリに搭載しているものと同じである。

これによりJC08モードで21.8km/Lとなる。

グランドハイブリッド 361万円

エレガンスハイブリッド 367万円

プレミアムハイブリッド 392万円

プレミアムアドバンスパッケージハイブリッド 447万円

トヨタ自動車 https://toyota.jp/

12月2日から発売!詳しくは⇒

トヨタ 新型 ハリアー ハイブリット JC08モード燃費21.8km/L 2013年12月2日 2014年1月15日発売 すでに1万台受注
トヨタ自動車は2013年11月13日、多目的スポーツ車(SUV)「ハリアー」を全面改良し、2013年12月2日に発売すると発表した。ハイブリッド車(HV)は2014年1月15日に発売する。車線をはみ出す恐れがある場合に警報を発しながら運転操...
トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました