レクサス

レクサス 新型 LEXUS IS200t IS250 IS300h IS350 ビックマイナーチェンジ 2016年10月20日発売

2016年10月21日

LEXUS IS

レクサスは新型ISシリーズ(IS200t IS250 IS300h IS350)のマイナーチェンジをし、2016年10月20日発売した。価格:470万円~638万5000円。

新型 LEXUS IS マイナーチェンジについて

現行3代目は2013年から販売を開始しており、丸3年のタイミングでマイナーチェンジとなる。2016年4月25日から開催される北京モーターショー2016において新型ISシリーズを初披露した。

元々、ISシリーズは1999年に日本のトヨタ「アルテッツァ」のレクサスモデルとしてIS200の販売を開始。2代目は2005年から販売を開始したが、2Lモデルが廃止となり更に一回りサイズも大きくなり価格帯も上がりターゲット顧客層も変わる。そして現在の3代目となり2Lモデルが復活しIS200tが2015年7月23日発売となった!!今回のマイナーチェンジではフロントバンパーのデザイン、内装デザインの変更などが行われ、イメージを変える。

新型 LEXUS IS マイナーチェンジ エクステリアについて

“Aggressive Sports”をデザインテーマとし、従来型ISで好評だった高い走行性能を予感させるイメージを進化させ、よりアグレッシブなデザインとしている。具体的には、ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプ、フロントおよびリヤバンパーを中心に、力強くスポーティなスタイリングを実現した。フロントまわりは、フェンダーからダイナミックにつながる塊感のあるバンパーコーナーにより、スポーティでアグレッシブな造形を追求。ヘッドランプはL字型のクリアランスランプと連続性を高め、内側に延長した特徴的な形状とし、鋭さを強調したデザインとしている。LEXUSのデザインアイコンであるスピンドルグリルは、上下の比率を変化させ、グリル下部がより大きく広がり、両下端のブレーキダクトへ空気を導く機能性も表現した、低重心でスポーティな印象を与える造形とした。また“F SPORT”は、3次元F字メッシュパターンにジェットブラックメタリックコーティングを施した独自のスピンドルグリルに、ブレーキダクトと関連を持たせたサイドガーニッシュを組みあわせ、スポーティなイメージの付与と空力性能向上を両立している。

リヤビューは、リヤコンビネーションランプの内部に大胆な造形のL字を3つ層状に重ねた奥行きのあるデザインや、エギゾーストパイプの形状変更により、スタンスの良さを強調した。

新型 LEXUS IS マイナーチェンジ インテリアについて

インテリアは、機能性の向上やISが本来持つスポーティさを進化させるとともに、LEXUSセダンとしての質感の高さを向上させている。具体的には、マルチメディアディスプレイを10.3インチに拡大。ナビゲーションやオーディオの情報をより大きくより鮮明に表示するとともに、リモートタッチ側面にEnterボタンを設置し、操作性も向上。また、メーターフードは、スタートスイッチを押しやすい角度に調整したほか、フードステッチの通し方を変更することで、スポーティさを演出している。また、ヒーターコントロールパネルとオーディオパネルを質感の高いヘアライン調に変更したうえで、大型化した二―パッドで両端から挟み込む構成とすることにより、車格感の向上を目指した。加えて、カップホルダーの使用性向上やアナログクロックの視認性向上など、細部に至るまで質感の高さと利便性を追求している。

予防安全パッケージLexus Safety System +を新たに採用

予防安全パッケージLexus Safety System +を新たに採用。歩行者検知機能付衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱による事故の予防に貢献するステアリング振動機能付レーンディパーチャーアラート(LDA)、夜間の前方視界確保を支援するためロー・ハイビームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム(AHB)、そして設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールをパッケージ化し、多面的な安全運転支援を強化している。

新型 LEXUS IS マイナーチェンジ 走行性能について

サスペンションのストローク速度が極めて低い状態から十分な減衰力を発揮する改良型ショックアブソーバーを採用したほか、フロントサスペンションロアアームをアルミ製に変更し、剛性アップと軽量化を両立。さらにスプリング・ブッシュの特性や、AVS・EPSの制御など、細部に至るまでチューニングを施し、操縦安定性と乗り心地をより高次元で両立することで、運転の気持ちよさを追求ラインナップは変更なく。IS200t、IS350、IS300h(ハイブリッド)4WD IS240が ラインナップされる。

LEXUS IS

左がversion L 右がF SPORT

LEXUS IS200t “F SPORT”

LEXUS IS200t “F SPORT”

LEXUS IS200t “F SPORT”

LEXUS IS200t “F SPORT”

LEXUS IS version L

LEXUS IS version L

version L 単眼タイプ


F SPORTで装着されたLEDヘッドライト

新型 LEXUS IS マイナーチェンジ スペック

スペック IS 300h IS 200t IS 350
全長 4,680mm
全幅 1,810mm
全高 1,430mm
ホイールベース 2,800mm
エンジン 2.0L 直列4気筒
エンジン
2.0L 直列4気筒
ターボエンジン
3.5L V型6気筒
エンジン
最高出力 131kW (178ps) /
6,000kgm
180kW (245ps) /
5,800kgm
234kW (318ps) /
6,600rpm
最大トルク 221Nm (22.5kgm) /
 4,200~4,800rpm
350Nm (35.7kgm) /
1,650~4,400rpm
380 Nm(38.7kgm) /
4,800rpm
モーター
最高出力
105 kW
(143ps)
モーター
最大トルク
300Nm
(30.6kgm)
トランス
ミッション
電気式無段変速機 8-Speed SPDS
駆動方式 2WD(FR)
4WD
FR
乗車定員 5名

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

LEXUS IS

https://lexus.jp/models/is/

トヨタニュースリリース

https://global.toyota/jp/detail/11851749

https://global.toyota/jp/detail/13721444/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-レクサス

© 2021 最新自動車情報