MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ダイハツ ウェイク 生産終了 後継は? 新モデル「タント ファンクロス」

ダイハツはスーパーハイトワゴン軽自動車「ウェイク」の生産を2022年8月11日終了すると7月に発表された。すでに公式ホームページは消去され、在庫がなくなり次第、販売終了となる。

目次

ウェイクのタントファンクロスとなる

コンセプトカーとして登場した「DECA DECA」をベースにした「ウェイク」が2014年11月10日に発売した。軽最大の室内空間を1,835mmの全高で実現。室内高は、軽自動車No.1の1,455mm、目線の高さを1,387mmとして、運転しやすい軽自動車を実現。大きな荷物も積み込めるように、観音開きタイプのドアを採用したコンセプトモデル。実際の扉はスライドドアを採用している。

何と言っても特徴なのが車高が1835mmある。

あわせて読みたい
ダイハツ 新型 ウェイク「 デカデカ DECA DECA 」2014年11月10日発売 高さ1,835mm 東京モーターショー2013、コンセプトカーとして登場した「DECA DECA」をベースにした「ウェイク」が2014年11月10日に発売した。 【新型 ウェイク について】 デカデカは...

はじめは大きさと使い勝手の良さが話題となり販売台数も好調であったが、次第に低迷。同じくダイハツの軽自動車ハイ系ワゴン「タント」「タントカスタム」はフルモデルチェンジを果たし、販売台数も好調を維持し続けた。軽最大の室内空間を1,835mmの全高で実現しているが軽自動車でそこまでを求めている人が少なっかったのも事実である。両側スライドドアの「タント」は逆に助手席側のセンターピラーレスを有効活用したパッケージングで「運転席ロングスライドシート(最大540mm前後可能)を採用。など使い勝手では上回り顧客ニーズを「タント」がカバーする結果となった。

「ウェイク」の販売終了により、日常用途はもちろん、レジャー用途など多用途に使える新ジャンルの軽自動車として、「タント」のアクティブモデルとして新モデル「FUNCROSS(ファンクロス)」を設定することで「ウェイク」の用途を補う。

あわせて読みたい
マイナーチェンジ 「タント」「タントカスタム」は大幅に魅力的なモデルとなり進化を遂げる 2022年10月3... ダイハツの「タント」「タントカスタム」は2022年10月3日にマイナーチェンジを行い発売を開始する。発売から丸3年となる「タント」は一体どんな進化を遂げているのか、...

新モデル タント「Fun Cross(ファンクロス)」

新モデルとなるタント「Fun Cross(ファンクロス)」はクロスオーバーデザインを採用しタフさを強調したデザインとなる。ルーフレール、防水加工ラゲッジルーム、シート、オレンジ内装アクセントを採用する。

スペックウェイクタント
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,835mm1,755〜1,775mm
ホイールベース2,455mm2,460mm
エンジン直3 DOHC
660cc
直3 DOHC
660cc
最高出力38kW (52PS)/
6,800rpm
38kW(52ps)/
6,900rpm
最大トルク60Nm (6.1kgm)/
5,200rpm
60Nm(6.1kgm)/
3,600rpm
トランス
ミッション
CVTCVT
駆動方式2WD/4WD2WD/4WD
JC08モード燃費25.4km/L(2WD)
23.2 km/L(4WD)
27.2km/L(2WD)
25.4km/L(4WD)
車両重量990kg(2WD)
1070kg(4WD)
880kg(2WD)
970kg(4WD)

ウェイクについて

「ウェイク」は軽自動車としてはとてもインパクトのあった車種だと思います。当時、コンセプトカーとして登場した「DECA DECA」は話題性が強く。その後でた「ウェイク」はCMキャラクターには玉山鉄二さん、中島広稀さんと共に話題となりました。しかし、両側スライドドアのダイハツ車は「タント」「ムーヴキャンバス」「トール」商用利用であれば「アトレー」「ハイゼットカーゴ」などもあり、ある意味で中途半端なモデルとなってしまったのかもしれない。

ダイハツ タント

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

ダイハツ

https://www.daihatsu.co.jp/top.htm

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次