MENU
最新自動車情報
編集者
当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

マイナーチェンジ 「タント」「タントカスタム」は大幅に魅力的なモデルとなり進化を遂げる 2022年10月3日発売

tanto

ダイハツの「タント」「タントカスタム」は2022年10月3日にマイナーチェンジを行い発売を開始する。発売から丸3年となる「タント」は一体どんな進化を遂げているのか、今までとは違いが数多くあるのでまとめてみた。

目次

マイナーチェンジする「タント」「タントカスタム」は新デザインのエクステリアを採用する

エクステリアのデザインを変更。(タントカスタムはフロントグリルとヘッドライトを変更。)

アクティブモデルとして新モデル「FUNCROSS(ファンクロス)」を設定。

L(スマートアシスト非装着車)を廃止し、スマートアシストを全車標準装備する。

ボディーカラー・インテリアカラーに新色を追加する。

新しいエクステリアのデザインを変更(フロントバンパー、ヘッドライト類)、新モデル「ファンクロス」を設定。ボディーカラー・インテリアカラーに新色を追加する。スマートアシストに「ブラインドスポットモニター」+「RCTA(リヤクロストラフィックアラート)」を採用。L(スマートアシスト非装着車)を廃止し、スマートアシストを全車標準装備する。

新モデル「Fun Cross(ファンクロス)」

新モデルとなる「Fun Cross(ファンクロス)」はクロスオーバーデザインを採用しタフさを強調したデザインとなる。ルーフレール、防水加工ラゲッジルーム、シート、オレンジ内装アクセントを採用する。

新型 タント/タントカスタムスペックについて

スペックタントタントカスタム
エンジン形式NAターボ
全長3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm
全高1,755〜1,775mm1,755〜1,775mm
ホイールベース2,460mm2,460mm
エンジン658cc 直3 DOHC
エンジン
658cc 直3 DOHC
ターボエンジン
最高出力38kW(52ps)/
6,900rpm
47kW(64ps)/
6,400rpm
最大トルク60Nm(6.1kgm)/
3,600rpm
100Nm(10.2kgm)/
3,600rpm
トランスミッションCVTCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WD
JC08モード燃費27.2km/L(2WD)
25.4km/L(4WD)
25.2km/L(2WD)
23.8km/L(4WD)
WLTCモード燃費21.2km/L(2WD)
20.2km/L(4WD)
20.0km/L(2WD)
18.8km/L(4WD)
あわせて読みたい
ダイハツ 新型 タント タントカスタム マイナーチェンジ 2022年10月3日発売 ダイハツは新型「タント」「タントカスタム」のマイナーチェンジを行い2022年10月に発売する。 【新型「タント」「タントカスタム」 マイナーチェンジ について】 新し...

新型 タント について

ダイハツは新型タント/タントカスタムのフルモデルチェンジを行い2019年7月9日に発売した。新開発プラットフォーム「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を採用する。更に、新開発の「ミラクルウォークスルーパッケージ」や「次世代スマートアシスト」を採用する。

車両構造の見直しによる車両の軽量化、上下曲げ剛性は従来比30%向上アッパーボディのハイテン率10%向上させ車両全体で約80kgの軽量化を実現・トランスミッションの改良・エンジンの改良で日本初の「マルチスパーク(複数回点火)」を採用などを採用により、エンジンは圧縮比の向上やインジェクター噴霧微粒化等により燃焼効率を高めた。これにより、更なる軽量化を行い、燃費向上する。トランスミッションには世界初の「パワースプリット技術」を採用した、新開発の「DCVT(Dual mode CVT)」やエンジンの改良を行いJC08モード燃費27.2km/Lとなる。

新型 タント ミラクルウォークスルーパッケージ

旧型同様に助手席側のセンターピラーレスを有効活用したパッケージングで「運転席ロングスライドシート(最大540mm前後可能)を採用。更に助手席を(380mm)前後が可能となり助手席を完全に前に移動できることで運転席から後部座席への移動を簡単に行え、ピラーレスを最大限に活用できる。

tanto

最近では後部座席にしかISOFIX対応のチャイルドシート置くことができないためどうしても子供は後ろになり都度運転席から降りて子供を載せたり下ろしたりしなければならないが新型タントであれば簡単に後部座席へ移動し子供と一緒に乗り降りもできることが最大の利点だ。最大のライバルとなる新型N-BOXはピラーレスを採用していないため大きな差別化となる。  

新型 タント イージークローザー

助手席側のセンターピラーレスであるがため側面衝突の衝撃吸収のために助手席のドアは対策を取っているためどうしても重くなり半ドアになりやすい。しかし、「イージークローザー」を採用し半ドア状態から自動的にドアを引き込み、確実にドアが閉じるのを補助する機能を採用。スライドドアにも同じく採用されている。

新型 タント パワースライドドアウェルカムオープン機能

運転席にあるボタンで降車時に予約をしていれば車に近づいただけで自動的にパワースライドドアを自動で開くことが可能。大きな荷物を持っている時や子供を抱いていて両手がふさがっている時にとても便利な機能である。

新型 タント TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ搭載

TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、大きな表示サイズのデジタ ルメーターを採用、左右のエコドライブアシスト 表示は運転状況に合わせて照明色が変化を採用。

tanto

ダイハツ 新型 タント タントカスタム フルモデルチェンジ DNGA 次世代スマアシ採用 2019年7月9日発売

あわせて読みたい
ダイハツ 新型 タント タントカスタム フルモデルチェンジ DNGA 次世代スマアシ採用 2019年7月9日発売 ダイハツは新型タント/タントカスタムのフルモデルチェンジを行い2019年7月9日に発売した。新開発プラットフォーム「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」を採用...

新型 タント 新グレード「セレクション」シリーズ

ダイハツは新型「タント」の新グレード「セレクション」シリーズを新設定し2019年12月23日発売した。新グレード「セレクション」シリーズは「タントX」「Xターボ」「カスタムX」「カスタムRS」をベースを設定。既存のパックオプションであるコンフォータブルパック、スマートクルーズパック、スタイルパックの3種をグレードに応じて標準設定としお買い得な価格とした。

ダイハツ 新型 タント 新グレード「セレクション」シリーズを新設定 2019年12月23日発売

あわせて読みたい
ダイハツ 新型 タント 新グレード「セレクション」シリーズを新設定 2019年12月23日発売 ダイハツは新型「タント」の新グレード「セレクション」シリーズを新設定し2019年12月23日発売した。 【新型 タント 新グレード「セレクション」シリーズ】 新グレード...

新型 タント X“スペシャル” について

ダイハツは新型「タント」に 新グレード X“スペシャル” 追加設定し2020年6月17日発売を開始した。「タント」のXをベースとした新グレードの「X“スペシャル”」を設定。運転席ロングスライドシートや ミラクルオープンドアなどの機能でスムーズな車内移動が可能になる「ミラクルウォークスルーパッケー ジ」の特長はそのままに、その他の装備内容を一部見直し、ベースグレードよりもお求めやすい価格とした。

新型 タント X“スペシャル” 主要装備

ミラクルウォークスルーパッケージ(運転席ロングスライドシート(540mm/ シートバックレバー付)、助手席ロングスライド(380mm)など)

プッシュボタンスタート&キーフリーシステム(イモビライザー機能付・ タッチ式リクエストスイッチ式(運転席/助手席)

リクエストスイッチ付 (バックドア))

オートエアコン(プッシュ式)

オート格納式カラードドアミラー(2WD)

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動方式 価格
X“スペシャル” 658cc 直3 DOHC
エンジン
CVT 2WD 1,408,000円
4WD 1,534,500円
あわせて読みたい
ダイハツ 新型 タント 新グレード X“スペシャル” 追加 2020年6月17日発売 ダイハツは新型「タント」に 新グレード X“スペシャル” 追加設定し2020年6月17日発売を開始した。 【新型 タント X“スペシャル” について】 「タント」のXをベースと...

新型 タント 一部改良について

ダイハツは新型「タント」の一部改良を行い2020年12月1日発売する。「次世代スマートアシスト」のステレオカメラを一新し知性能向上や夜間歩行者へ対応。クルマだけではなく、夜間の歩行者との衝突回避もサポート。「衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者[昼夜])」「衝突警報機能(対車両・対歩行者[昼夜])」標識認識機能(進入禁止)に加え、新たに(最高速度/ 一時停止)を認識し表示する。路側逸脱警報機能、ふらつき警報も新たに追加する。

ダイハツ 新型 タント 一部改良 2020年12月1日発売

あわせて読みたい
ダイハツ 新型 タント 一部改良 2020年12月1日発売 ダイハツは新型「タント」の一部改良を行い2020年12月1日発売する。 【新型 タント 一部改良について】 「次世代スマートアシスト」のステレオカメラを一新し知性能向上...

新型 タント 一部改良について

2021年モデルの新型「タント」は一部改良により「タフト」同様に停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれる「電動パーキングブレーキ&ホールド」を新たに採用。安全装備ではターボ車のみであった「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」をNA車にも採用、コーナリングトレースアシスト(CTA)」を採用。新たにボディカラーに新色「ターコイズマイカメタリック」を追加。

あわせて読みたい
ダイハツ 新型 タント 一部改良 電動パーキングブレーキ&ホールド追加 2021年9月21日発売 ダイハツは新型「タント」の一部改良 マイナーチェンジを行い2021年9月21日に発売する。 【新型 タント 一部改良について】 2021年モデルの新型「タント」は一部改良に...
あわせて読みたい
ダイハツ 新型 タフト DNGA第3弾 2020年6月10日発売 ダイハツは新型クロスオーバー「タフト」を2020年6月10日に発売した。 【新型タフトについて】 「タフト」は、“Tough & Almighty Fun Tool”「日常からレジャーシー...

新型 タント 一部改良 価格について

タント

モデル エンジン トランス
ミッション
駆動方式 価格
(10%)
L
(スマートアシスト
非搭載車)
直列3気筒DOHC
0.66L
CVT 2WD 1,243,000円
4WD 1,369,500円
L 2WD 1,342,000円
4WD 1,468,500円
X 2WD 1,490,500円
4WD 1,617,000円
X“セレクション” 2WD 1,408,000円
4WD 1,534,500円
X ターボ 直列3気筒DOHC
0.66 Lターボ
2WD 1,666,500円
4WD 1,721,500円

タントカスタム

モデル エンジン トランス
ミッション
駆動方式 価格
(10%)
カスタムX 直列3気筒DOHC
0.66 Lターボ
CVT 2WD 1,721,500円
4WD 1,842,500円
カスタムX
“セレクション”
2WD 1,749,000円
4WD 1,870,000円
カスタムRS 2WD 1,875,500円
4WD 1,996,500円
カスタムRS
“セレクション”
2WD 1,903,000円
4WD 2,024,000円

新型 タント タントカスタム について思うこと

ダイハツにとって「タント」「タントカスタム」は日本市場において軽自動車という存在であり販売力の高い車種である。今回はダイハツとして正常進化を果たし、エクステリア、インテリア、を一新することで見た目以上に乗ったときに進化を感じるモデルとなる。安全装備の充実やインテリアの最新装備により頼れる一台となる。色々話してきたが、あと3ヶ月余りの発売が楽しみである。

ダイハツニュースリリース

https://www.daihatsu.com/jp/news/2020/20200617-1.pdf

ダイハツ タント

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

tanto

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次