「走行距離税(走行税)」導入あるとしたら何が変わるのか?最新情報と課題

当ページのリンクには広告が含まれています。
Japan mileage tax

車の税金といえば、車種や燃費性能によって決まる「自動車税」や「環境性能割」、ガソリンを使うたびに支払う「ガソリン税」が一般的です「走行距離税」は、車種や用途に関係なく、実際に車に乗った距離に応じて課税される新しい税金です。つまり、どれだけ車を使っているかによって税金が変わる。近年、「若者の自動車離れ」「カーシェアリングの普及」など、自動車の保有者自体が減少傾向にあり、更に「燃費の良い車(ハイブリッド・プラグインハイブリッド)」や「電気自動車の普及」により、ガソリン税収入が減っています。道路の維持管理にはお金がかかるので、走行距離税はその財源確保として検討されています。まだ具体的な導入時期は決まっていませんが、2022年10月に開催された「政府税制調査会」の第20回総会においても審議が行われました。一般社団法人日本自動車工業会では走行税については断固反対としている。

目次

走行距離税とは?

走行距離税の定義

走行距離税とは、車の走行距離に応じて課税される税金です。従来の自動車税や軽自動車税とは異なり、車の使用量に応じて課税されるため、より公平な税制として注目されています。

従来の自動車税との違い

従来の自動車税・軽自動車税は、車の排気量や車種によって税額が決定されます。しかし、燃費性能や走行距離は考慮されていません。そのため、燃費の良い車や走行距離が少ない車は、排気量の大きい車や走行距離が多い車よりも税金負担が軽くなります。

走行距離税導入の背景

走行距離税の導入が検討されている背景には、以下の3つの主要な要因があります。

  • ガソリン税収入の減少: 近年、燃費性能の高い車や電気自動車の普及により、ガソリン税収入が減少傾向にあります。道路整備などの財源確保が課題となっています。
  • 電気自動車の普及: 電気自動車はガソリン車と異なり、走行中に排気ガスを排出しないため、自動車税や軽自動車税が免税・減税されています。走行距離税は、電気自動車からも税金を徴収する手段として検討されています。
  • 公平性の確保: 従来の自動車税・軽自動車税は、車の排気量や車種によって税額が決定されます。しかし、燃費性能や走行距離は考慮されていません。走行距離税は、車の使用量に応じて課税するため、より公平な税制として期待されています。

導入の背景

ガソリン税収入の減少

ガソリン税収入減少の現状

近年、燃費性能の高い車や電気自動車の普及により、ガソリン税収入は減少傾向にあります。2022年度のガソリン税収入は約2兆5千億円と、10年前から約2千億円減少しています。

ガソリン税収入減少の影響

ガソリン税収入は、道路整備や交通安全対策などの財源として重要な役割を果たしています。ガソリン税収入の減少は、これらの財源確保に影響を与えます。

電気自動車の普及

電気自動車普及の現状

近年、環境への配慮から電気自動車の普及が進んでいます。2022年度の電気自動車販売台数は約6万台と、5年前から約4倍に増加しています。

電気自動車への優遇措置

電気自動車は、環境への負荷が少ないことから、自動車税や軽自動車税が免税・減税されています。

公平性の確保

従来の自動車税・軽自動車税の課題

従来の自動車税・軽自動車税は、車の排気量や車種によって税額が決定されます。しかし、燃費性能や走行距離は考慮されていません。そのため、燃費の良い車や走行距離が少ない車は、排気量の大きい車や走行距離が多い車よりも税金負担が軽くなります。

走行距離税導入による公平性の向上

走行距離税は、車の使用量に応じて課税されるため、より公平な税制として期待されています。

走行距離税の仕組み

課税方法

走行距離税の課税方法は、主に以下の2つが検討されています。

  • 距離計を用いた課税: 車に搭載された距離計に基づいて課税する方法
  • GPSを用いた課税: GPSを利用して走行距離を測定し課税する方法

距離計を用いた課税

距離計を用いた課税は、車に搭載された距離計に基づいて課税する方法です。車検時に距離計の readings を確認し、課税額を算定します。

GPSを用いた課税

GPSを用いた課税は、GPSを利用して走行距離を測定し課税する方法です。常に車の走行位置を把握することができるため、より正確な課税が可能となります。

それぞれのメリットとデメリット

課税方法メリットデメリット
距離計を用いた課税・導入コストが低い・不正行為の可能性がある
GPSを用いた課税・正確な課税が可能・導入コストが高い

課税額の算定

課税額は、走行距離だけでなく、車の排気量や燃費性能なども考慮して算定される可能性があります。

課税額算定の要素

  • 走行距離
  • 排気量
  • 燃費性能

課税額算定の例

走行距離1万km、排気量2000cc、燃費性能15km/Lの車は、以下のように課税される可能性があります。

  • 基本税額:1万円
  • 排気量による加算税:2万円
  • 燃費性能による減算税:1万円
  • 課税額:2万円

個人情報の取り扱い

走行距離税を導入する場合、個人情報の取り扱いに関する課題があります。プライバシー保護に配慮した制度設計が必要となります。

個人情報取り扱いの課題

  • 走行履歴の記録
  • プライバシーの侵害

個人情報取り扱いに関する対策

  • データの匿名化
  • 厳格なセキュリティ対策

導入のメリット

道路財源の確保

道路財源の現状

道路整備などの財源は、主にガソリン税から賄われています。しかし、ガソリン税収入は減少傾向にあり、新たな財源確保が必要となっています。

走行距離税による道路財源の確保

走行距離税は、ガソリン税収入の減少を補い、道路整備などの財源を確保することができます。

公平性の向上

従来の自動車税・軽自動車税の課題

従来の自動車税・軽自動車税は、車の排気量や車種によって税額が決定されます。しかし、燃費性能や走行距離は考慮されていません。そのため、燃費の良い車や走行距離が少ない車は、排気量の大きい車や走行距離が多い車よりも税金負担が軽くなります。

走行距離税導入による公平性の向上

走行距離税は、車の使用量に応じて課税されるため、より公平な税制として期待されています。

環境への配慮

環境問題の現状

近年、地球温暖化などの環境問題が深刻化しています。自動車は、CO2排出量の大きな要因の一つです。

走行距離税による環境への配慮

走行距離税は、燃費の良い車や電気自動車の普及を促進し、環境負荷の軽減に貢献することができます。

導入のデメリット

地方への負担増加

地方への負担増加の現状

地方では、公共交通機関が十分に整備されていない地域が多く、車は生活に不可欠なものです。走行距離税導入により、地方住民の負担が大きく増加する可能性があります。

地方への負担増加対策

  • 地方への財源移転
  • 軽油車への減税

運輸業界への影響

運輸業界への影響の現状

運輸業界は、走行距離税導入により大きな負担を受ける可能性があります。コスト増加による物価上昇などの影響も懸念されます。

運輸業界への影響対策

  • 減税措置
  • 支援制度の拡充

個人情報漏洩のリスク

個人情報漏洩のリスク

走行距離税を導入する場合、個人情報の取り扱いに関する課題があります。プライバシー保護に配慮した制度設計が必要となります。

個人情報漏洩リスク対策

  • データの匿名化
  • 厳格なセキュリティ対策

導入時期

政府の検討状況

政府は、現在走行距離税導入に向けた検討を進めています。具体的な導入時期は、課題克服の進捗状況などによって決定されます。

課題の克服

走行距離税導入には、地方への負担増加、運輸業界への影響、個人情報漏洩のリスクなどの課題があります。これらの課題克服に向けた取り組みが重要です。

海外導入事例

ニュージーランド

ニュージーランドでは、1999年から走行距離税を導入しています。課税方法は、車に搭載された距離計に基づいています。

アメリカ(オレゴン州)

アメリカ(オレゴン州)では、2015年から走行距離税を導入しています。課税方法は、GPSを用いた課税です。

ヨーロッパ諸国

ヨーロッパ諸国では、走行距離税を導入している国が複数あります。課税方法は国によって異なります。

まとめ

走行距離税は、道路財源の確保、公平性の向上、環境への配慮など、多くのメリットを持つ税制です。しかし、導入には克服すべき課題も存在します。政府は、これらの課題克服に向けた取り組みを進め、国民の理解を得ながら、慎重に検討を進めていく必要があります。

【2024年】車の税金種類 「自動車税」や「重量税」「環境性能割」の税額一覧表まとめ

国土交通省

https://www.mlit.go.jp/

https://www.env.go.jp/policy/%E2%98%86shiryou2.pdf

Japan mileage tax

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次