大谷翔平がアンバサダーを務めるポルシェジャパンのSNSでドジャーブルーの電気自動車「タイカン」と共に登場

当ページのリンクには広告が含まれています。
2025 porsche new taycan shohei ohtani

ドジャースの大谷翔平の“球場入り”が話題になっているが、2024年2月10日に大谷翔平がアンバサダーを務めるポルシェジャパンのSNSにて電気自動車モデルの「タイカン」と共に写る写真と共にドジャースのチームカラーであるドジャーブルー(Dodger blue)の「タイカン」の写真を公開している。

目次

大谷翔平がアンバサダーを務めるポルシェジャパンのSNS

「次の夢に向かって、新たな章の始まり。Driven by Dreams. A new chapter begins.」と記して投稿した。2枚目に写るドジャースのチームカラーであるドジャーブルー (Dodger blue)の「タイカン」の写真を公開しているが現時点で「ペイント トゥ サンプル ブラス」¥3,314,000から選択できるはずだ。ちなみにwebカラーは「#1E90FF」となる。

ポルシェジャパンはいつから大谷翔平をアンバサダーに?

大谷翔平選手は、2022年8月4日にポルシェジャパンのアンバサダー「ポルシェ ドライビングアスリート」に就任しました。ポルシェジャパンは、大谷選手の「常に向上心を持って挑戦し続ける姿勢」と、ポルシェのブランドビジョンである「夢を追いかける人のためのブランド」が一致すると考え、アンバサダー契約を締結しました。

契約内容

大谷選手は、ポルシェのアンバサダーとして、広告やイベントなどに登場する予定です。また、ポルシェの車両も提供される予定です。

契約期間

契約期間は非公開です。

大谷選手とポルシェ

大谷選手は、ポルシェについて「憧れであり、夢でもあった」とコメントしています。また、「ポルシェという洗練された情熱を持つスポーツカーブランドと一緒に活動できることを嬉しく思う」と語っています。

今後の展開

ポルシェジャパンは、大谷選手とのパートナーシップを通じて、ブランド認知度向上や顧客層拡大を目指していく予定です。

https://www.porsche.co.jp/pip/drivingathlete/

ポルシェ 新型 タイカンについて

ポルシェ初となるスポーツタイプのEV(電気自動車)である。ポルシェは、EV(電気自動車)新型「タイカン」の改良モデルを2024年2月7日発表した。日本モデルもポルシェジャパンにて同日予約受注を開始した。

ポルシェ 新型EV「タイカン」2025年モデル について

「タイカン」は 2019年から生産されているが、大幅なアップデートが行われずにかなり長い間市場に出され続けていた。今回2025年モデルで大規模なフェイスリフトがついに実現し、より多くのパワー、より多くのテクノロジー、より優れた電気ハードウェア、より優れたパフォーマンスを提供。常にパフォーマンスが重視され、タイカンのラインナップのどのモデルも、後継モデルよりも速く加速する。ベースの後輪駆動モデルは、パフォーマンスが最も向上し、わずか4.8秒で0-100km/hに達します。これは、旧バージョンよりも 0.6秒速くなりました。最上位グレード「タイカンターボ S」は、0-100km/h加速は0.4秒短縮され、2.4秒まで短縮されました。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
【2024年】 速い車はこれだ! 0-100km/h加速 ランキング 国産・輸入車 世界トップ40

ポルシェ 新型EV「タイカン」2025年モデル エクステリア について

新型「タイカン」のヘッドライトとテールライトを備えた新しいフロントエンドとリアエンドのスタイルにより、ポルシェのエクステリアデザイナーはタイカンの滑らかで純粋なデザインをさらに磨き上げた。新しいフロントフェンダーとフラットなヘッドライトは、タイカンのワイド感をさらに強調。精巧な光学を使用した高解像度HDマトリックステクノロジーの新しいヘッドライトは、夜間にポルシェ特有の4灯のグラフィックで照らしている。リアライトストリップのポルシェロゴは、立体的なガラスルックのデザインを採用、初めて装備されたイルミネーテッド仕様は、乗車時および発進時のアニメーションが特徴。ターボとターボSは、エクステリアとインテリアの両方で、アクセントカラーのターボナイトにより他のモデルとの違いを際立たせている。

ポルシェ 新型EV「タイカン」2025年モデル インテリア について

新型「タイカン」のインテリアではインストルメントクラスター、センターディスプレイ、オプションの助手席側ディスプレイは、機能を追加して最適化されたユーザーインターフェースを備えている。ステアリングホイールのモードスイッチは標準装備。スポーツクロノパッケージとパフォーマンスバッテリープラスを装備したタイカンモデルは、モードスイッチに専用のプッシュトゥパスボタンを備える。

ステアリングホイールの左側後方にある新しいコントロールレバーを使用すると、ドライバーアシスタンスシステムをより直感的に操作することができ、Apple CarPlayは、車両のディスプレイと機能にさらに完全に統合されている。新しい車載ビデオ機能により、センターディスプレイと助手席側ディスプレイでのビデオストリーミングも可能。

ポルシェ 新型EV「タイカン」2025年モデル スペックについて

スポーツクロノパッケージの新しい「プッシュトゥパス」機能を使用するとボタンに触れるだけで、モデルに応じて最大70kWのブーストを10秒間利用することができる。加速の向上は、主にシステム出力の増加によるものです。たとえば、ベーシックモデルのタイカンの出力は従来よりも60kW向上しており、タイカンターボSでは、さらに140kWのローンチコントロールが追加。これにより、トップモデルのシステム出力は700kW/952PSに増加。

ボディタイプとエンジンに応じて、航続距離は175km(35%)増加して最大678km(WLTP)になった。アップグレードされたタイカンは、先代モデルよりも長距離走行時の充電回数が少なくなっただけでなく、充電速度も向上。パフォーマンスバッテリープラスの総容量は93kWhから105kWhに増加。

最大15kg軽量化された一方で、標準装備は従来よりもさらに充実。アンビエント照明、フロントシートヒーター、ポルシェインテリジェントレンジマネージャー(PIRM)、ワイヤレス充電式スマートフォントレー、運転席側および助手席側電気充電ポート、ドライブモードスイッチ、パワーステアリングプラスが標準装備。日本ではタイカン4Sにパフォーマンスバッテリープラスが標準で搭載となる。

ポルシェ 新型EV「タイカン」2025年モデル 価格 グレード について

価格は1,370万円から2,308万円までで、全グレード右ハンドルとなる。

グレード価格
(10%)
タイカン13,700,000円
タイカン4S16,500,000円
タイカンターボ22,890,000円
タイカンターボS27,460,000円
タイカン4クロスツーリスモ15,070,000円
タイカン4Sクロスツーリスモ16,700,000円
タイカンターボクロスツーリスモ23,080,000円

ポルシェ 新型 タイカン ニュルブルクリンク 北コースのタイムアタック

新型タイカンのプロトタイプで「ニュルブルクリンク 北コース」のタイムアタック行いEV最速となる「7分42秒」のラップタイムを記録したと2019年8月26日(現地時間)発表。メルセデスAMG GT R  7分10秒92、ホンダ シビックタイプR 7分43秒80、ルノー メガーヌRS.275トロフィーR  7分54秒36。

ポルシェニュース

https://newsroom.porsche.com/en.html

https://newsroom.porsche.com/en/2024/products/porsche-the-new-taycan-35190.html

2025 porsche new taycan shohei ohtani

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次