MENU
最新自動車情報
編集者
最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車に関する記事は5000本以上書いてきました。マイカー以外にも多くの車種に乗っておりレンタカーや台車を含めれば50車種以上は乗っているかと思います。日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」にて世界初公開した「スイフト コンセプト」 は市販モデルその物に見えた

当ページのリンクには広告が含まれています。
2023 suzuki swift

「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」にて市販モデルに近いコンセプトモデル「スイフト コンセプト」を世界初公開。

目次

「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」出展された新型「スイフト コンセプト」について 

筆者は実際に「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」にて出展された「スイフト コンセプト」を見たがコンセプトというよりは市販モデルその物と言った感じであった。エクステリアデザインはヘッドライトのデイライトLEDやフロントグリルのデザインが非常に好印象でした。

インテリアも先代モデルよりも現代的になり、スイフト初採用となる「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」もきちんと採用されていた。

新型 スイフト フルモデルチェンジ エクステリア について

エクステリアデザインを変更。

大型9インチHDディスプレイ搭載のメモリーナビゲーションを採用。

スイフト初採用となる「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」を採用。

最新の「エンジン Z12E型 1.2L 3気筒エンジン」に新高効率「CVT」+マイルドハイブリッドを採用。

デュアルセンサーブレーキサポートⅡ」を採用。

エクステリアはキープコンセプトであるが、さらに洗練されたデザインを採用する。2024年の「スイフト」の全長は3,860mm、全幅1,695mm、全高1,500mm、ホイールベース2,450mm。先代のモデルとほぼ同じであり、プラットフォームは4代目の旧型同様に軽量化と高剛性を両立させる次世代軽量プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用。

スズキ スイフト

https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

2023 suzuki swift

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次