MENU

スイフトやめとけと言われる理由は?何故言われる?後悔しないためにネガティブな声の真相に迫る!

2024 suzuki swift

スズキのコンパクトカー、スイフト。スポーティな走りやスタイリッシュなデザインで人気を集める一方で、一部ネットなどでは「スイフトはやめとけ」といったネガティブな声も耳にすることがあります。

購入を検討している方にとっては、これらの声は気になるところですよね。この記事では、スイフトに対するネガティブな意見の真相を徹底的に検証し、後悔しないための車選びのポイントをご紹介します。

目次

スイフトの評判は本当に「やめとけ」?

スイフトのクチコミと評価を徹底解説

2024年6月現在、スイフトと調べると「スイフト やめとけ」と多く検索されている様子です。スイフトの評判は、SNSや自動車メディア、口コミサイトなど、様々な場所で賛否両論が見られます。

カーセンサー スズキ スイフト 口コミ

スイフトの燃費に関する口コミと評判

スイフトの燃費は、グレードや運転状況によって大きく変わります。マイルドハイブリッド車はカタログ燃費が良いものの、実燃費は期待を下回るという声も。一方、ガソリン車は街乗りでは燃費が伸び悩む傾向にあります。

乗り心地の硬さが気になる?

スイフトでよく指摘されるのが、乗り心地の硬さです。路面の凹凸を拾いやすく、長距離運転では疲れやすいと感じる方もいるかもしれません。

しかし、これはスイフトのスポーティな走りを追求した結果でもあります。キビキビとしたハンドリングや安定したコーナリング性能を実現するためには、ある程度の硬さは避けられないのです。

乗り心地を重視する場合は、スイフトスポーツではなく、標準モデルを選ぶと良いでしょう。標準モデルはスポーツモデルに比べてサスペンションが柔らかく、快適な乗り心地が期待できます。

車両重量が軽量設計

スイフトの車両重量は非常に軽量設計されており、950kg~990kgとクラスではトップレベルに軽い仕様となっています。街乗りの走行などではあまり感じないですが、高速走行ではふわふわするという意見があります。

スイフトの乗り心地が疲れるとの声の真相

スイフトはスポーティな味付けのため、乗り心地が硬いと感じる人もいます。特に路面の凹凸を拾いやすく、長距離運転では疲れやすいと感じることも。しかし、キビキビとしたハンドリングと安定した走行性能は高く評価されています。

後部座席や荷室が狭い?

スイフトはコンパクトカーということもあり、後部座席や荷室が狭いという声も聞かれます。確かに、大人数がゆったりと乗るには少し窮屈かもしれません。しかし、日常的な買い物や通勤など、1人~2人で使う分には十分な広さを確保しています。また、荷室に関しても、後部座席を倒せば容量を増やすことができます。工夫次第で、多くの荷物を積むことも可能です。

燃費性能は良いの?

スイフトの燃費性能は、グレードやエンジンによって異なります。マイルドハイブリッド車は優れた燃費性能を発揮しWLTCモード燃費24.5km/L(CVT)(実燃費は約16km/L)ますが、ガソリン車はやや燃費が悪いと感じる方もいるかもしれません。しかし、スイフトは軽量な車体と効率の良いエンジンを搭載しており、同クラスの車と比較しても十分な燃費性能を備えています。

エコ運転を心がけることで、さらに燃費を向上させることも可能です。

スイフトの購入で後悔しないためのポイント

スイフトの購入を検討する際は、以下のポイントを参考にしましょう。

スイフトの装備とグレード毎の違い

スイフトには、標準モデルやスイフトスポーツ、マイルドハイブリッド車など、様々なグレードがあります。それぞれのグレードで装備や価格が異なるため、自分のニーズに合ったものを選びましょう。

スイフトの走行性能と加速感

スイフトはスポーティな走りが魅力ですが、グレードによって加速感や乗り心地が異なります。試乗をして、実際に運転してみることをおすすめします。

スイフトの安全性能とオーディオ機能

スイフトは、スズキセーフティサポートなどの安全装備が充実しています。また、オーディオ機能もグレードによって異なります。安全性能やオーディオ機能を重視する場合は、上位グレードを選ぶと良いでしょう。

スイフトを選ぶメリットとは?

ここまでネガティブな意見を中心に紹介してきましたが、スイフトには多くのメリットもあります。例えば、スポーティな走行性能、スタイリッシュなデザイン、充実した安全装備などが挙げられます。また、コンパクトカーでありながら、高速道路での安定性も高く、長距離運転でも安心して運転することができます。価格も比較的リーズナブルで、1,727,000円から2,324,300円と他社を大きく上回る、コストパフォーマンスに優れた車と言えるでしょう。

スイフトのハンドリングとシートの快適さ

スイフトのハンドリングは軽快で、運転を楽しみたい人にはおすすめです。しかし、シートの硬さや形状によっては、長時間の運転で疲れやすいと感じる人もいるかもしれません。

スイフトのライバル車種との比較

スイフトのライバル車種としては、トヨタ ヤリス、ホンダ フィット、MAZDA2などが挙げられます。それぞれの車種で特徴や価格が異なるため、比較検討することをおすすめします。

本体価格が安くて燃費が良い

価格も比較的リーズナブルで、1,727,000円から2,324,300円と他社を大きく上回る、コストパフォーマンスの良さが魅力です。更に燃費性能も高いので、経済的です。

新型スイフトの特徴と進化点

新型スイフトは、デザインや安全性能、燃費性能などが向上しています。

新型スイフトのエクステリアと内装の魅力

新型スイフトは、よりシャープでスポーティなデザインになりました。内装も質感の高い素材が使われており、高級感が増しています。更にボディサイズを5ナンバーサイズに収めています。

新型スイフトは先進装備も多数装備

スズキとして「電動パーキングブレーキ」「オートブレーキホールド」初採用

ナビゲーション横に取り付けたカメラがドライバーの顔情報を認識、取得した顔情報から居眠り、眠気、わき見を検知して注意を促し、安全運転をサポートするドライバーモニタリングシステムをスズキ初車に採用。

デュアルセンサーブレーキサポートⅡ」を採用。衝突被害軽減ブレーキに、ミリ波レーダー、単眼カメラ、超音波センサーの3種類のセンサーを採用。新たに、検知対象として、車両、歩行者に加えて自転車や自動二輪車に対応。交差点での右折、左折の出会い頭時の車両、歩行者なども検知してさまざまな衝突回避、軽減を図る。

新型スイフトの燃費とエンジン性能

新型スイフトは、「直列3気筒 1.2L デュアルジェット自然吸気直噴エンジン+48Vモーター」マイルドハイブリッドを搭載。マイルドハイブリッドシステムを搭載しており、燃費性能が向上しています。また、エンジンも改良されており、よりパワフルでスムーズな走りを実現しています。WLTCモード燃費24.5km/L(CVT)としています。

スペック新型スイフト
全長3,860mm
全幅1,695mm
全高1,500mm
ホイールベース2,450mm
エンジン直列3気筒 1.2L デュアルジェット
自然吸気直噴エンジン+モーター
S-エネチャージ
(マイルドハイブリッド「SHVS」)
最高出力60kW(82PS)/5,700rpm
最大トルク108Nm(11kgfm)/4,500rpm
モーター最高出力2.3kW(3.1ps)/1,000rpm
モーター最大トルク60Nm(6.1kgm)/100rpm
トランスミッションCVT/5MT
最小回転半径5.8m(2WD車)
WLTCモード燃費24.5km/L(CVT)
25.5km/L(5MT)

新型スイフトの価格とコスパの評価

新型スイフトは、価格がやや上昇していますが、性能や装備の向上を考えると、1,727,000円からと、コスパは高いと言えるでしょう。

グレードエンジントランス
ミッション
駆動
方式
価格
(10%)
HYBRID MZ直列3気筒 1.2L エンジン+
モーター
CVT2WD2,167,000円
4WD2,324,300円
HYBRID MX2WD1,922,800円
5MT2WD1,922,800円
CVT4WD2,080,100円
MG直列3気筒 1.2L エンジン2WD1,727,000円
4WD1,884,300円

編集部から一言

スイフトは、スポーティな走りを楽しみつつ、スタイリッシュなデザインと充実した安全装備を求める方におすすめの車です。乗り心地や広さを重視する方には、スイフトスポーツではなく、標準モデルを選ぶことをおすすめします。ネガティブな意見も参考にしながら、ご自身のライフスタイルやニーズに合った車選びをしてくださいね。スイフトは、きっとあなたのカーライフを豊かにしてくれるはずです。

あわせて読みたい
スズキ 新型 スイフト フルモデルチェンジ 5代目 2023年12月13日発売 スズキは新型「スイフト」のフルモデルチェンジを行い2023年12月6日発表、CVT車は2023年12月13日発売。MT車を2024年1月17日に発売する。多数の最新装備を付けて価格は1,...
スイフトとヤリスを比較した声は?

スイフトとヤリスは、どちらもコンパクトカーとして人気ですが、それぞれの特徴があります。スイフトはスポーティな走行性能とスタイリッシュなデザインが魅力で、運転を楽しみたい人に向いています。一方、ヤリスは燃費性能と安全性能が高く、実用性を重視する人におすすめです。

スイフトの値段にどんな声がある?

スイフトは、コンパクトカーの中では比較的リーズナブルな価格設定です。しかし、グレードやオプションによっては価格が上がるため、「思ったより高かった」という声も聞かれます。一方で、「価格以上の価値がある」という意見も多く、コストパフォーマンスの高さは評価されています。

スイフトの内装に対する評価は?

スイフトの内装は、シンプルながらもスポーティなデザインが特徴です。しかし、一部では「プラスチッキーで安っぽい」という声も聞かれます。一方で、「機能的で使いやすい」という意見も多く、内装の評価は人によって分かれます。

スイフトは高速道路でどうなの?

スイフトは、コンパクトカーながら高速道路での安定性も高く、長距離運転でも安心して運転できます。特に、スイフトスポーツはパワフルなエンジンを搭載しており、高速道路での追い越しもスムーズに行えます。

新型スイフトに対する評価は?

新型スイフトは、デザインや安全性能、燃費性能などが向上し、高い評価を得ています。特に、マイルドハイブリッドシステムの搭載による燃費向上は、多くのユーザーから支持されています。

スイフトスポーツの魅力は何?

スイフトスポーツの魅力は、何と言ってもその走行性能です。パワフルなエンジンと優れたハンドリングは、運転する楽しさを味わえます。また、スポーティなデザインも魅力の一つです。

スイフトがなぜ「やめとけ」と言われるのか?

スイフトが「やめとけ」と言われる理由は、主に乗り心地の硬さや後部座席の狭さなどが挙げられます。しかし、これらの点は、個人の感じ方や使い方によって異なるため、試乗をして確認することが大切です。

あわせて読みたい
新型「スイフトスポーツ」フルモデルチェンジ 5代目 1.4L ターボ マイルドハイブリッド+6MTがすごい 20... スズキはコンパクトスポーツ新型「スイフトスポーツ」のフルモデルチェンジを行い2024年11月頃に発売します。2023年12月に登場した5代目新型「スイフト」をベースにして...
2024 suzuki swift

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

最新自動車情報 編集部 サイト運営11年目となりました。車(クルマ)に関する記事は5000本以上書いてきました。新車・中古車、各メーカー、日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次