BYD 新型「SEAL(シール)」電気自動車 EVセダン 日本モデル 2023年12月発売

当ページのリンクには広告が含まれています。
BYD シール

BYDはフラッグシップ 電気自動車(EV)新型「SEAL(シール)」を日本にて2023年12月に発売する。「SEAL」は、「DOLPHIN」と同じく海からのインスピレーションを得ており、スポーティーかつエレガントなデザインを特徴としたEVセダン。東京ビッグサイトを中心に開催された「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー)」に出展された。

目次

BYD 「SEAL(シール)」最新技術を結集したハイエンドe-Sedan について

「シール」は非常に重要な車両となる。私たちがすでによく知っているBYD「Atto 3」や「Dolphin」と同じBYDが独自開発した「ブレードバッテリー」を搭載したEV専用のプラットフォーム「e-Platform 3.0」を共有する、これら2つとは異なり、ブランドの「Cell-to-Bodyテクノロジー」を使用する最初のBYDモデルです。これは、バッテリーが車両構造内に組み込まれていることを意味し、安全性が向上する。

バッテリーに関して言えば、それはBYDの高度なBladeバッテリーで、正極材料としてリン酸鉄リチウムを使用しており、コバルトを100%含んでいません。ヨーロッパで納入されるモデルには、82.5kWh のバッテリーパックが搭載されていますが、より小型の61kWhパックも搭載されている。

ヨーロッパにおける「シール」シリーズのベースとなるのはデザインバージョンで、後輪に230kW (308hp) を発生する単一の電気モーターを装備、0-100km/h加速5.9秒。WLTP航続距離570kmも確保。シリーズの最上位に位置するのは、2つの電気モーターを搭載、合計390kW(523hp)を発揮する「Seal Excellent-AWD」。バージョンでは、0-100km加速3.8秒かかり、WLTP航続距離520km走行。どちらのバージョンにも、11kW 三相オンボード AC充電器が標準装備、150kW DC高速充電をサポート。つまり、バッテリーを26分で30%から80%まで充電できる。

シールはDセグメントで競合し、テスラ モデル3と直接競合。ホイールベース2,920mmで、乗員に十分なスペースを提供し、トランクには400Lの荷物容量があり、フランクにはさらに53Lの荷物が追加。高い安全性と長い航続距離を誇るBYDの最先端技術が結集された「SEAL」が、EVの新しい選択肢となることを期待している。

BYD 「SEAL(シール)」JAPAN MOBILITY SHOW 2023

BYDはフラッグシップ 電気自動車(EV)新型「SEAL(シール)」を東京ビッグサイトを中心に開催された「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー)」に出展。実際に筆者は実車を見た感想としては出来栄えば素晴らしかった。

エクステリアは、最新のデザインを採用し、先進的なスタイル、フロントは、フードの高さを抑え、スポーティなスタイルにしている。リアは、滑らかな曲線と左右を接続する横一文字テールランプを採用する。

最新インフォテインメントシステムやデジタルメーターなどの最新装備を採用。特に驚かされたのはインテリアである。高い質感と、大型センターモニターは縦にも横にもできるタブレットタイプとなっており非常に見やすかった。日本仕様は右ハンドルが採用されていた。

関連記事

▼詳しくはこちらの記事にまとめましたので参考にしてみて下さい。
EVとPHEVの合計販売台数世界一「BYD」 バッテリEV 3車種で日本市場へ参入 2023年順次発売

BYD

https://byd.co.jp/

BYD シール

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

ゲームバナー
ゲームバナー
目次