マクラーレン 新型 765LT 最高出力765ps 2020年3月3日発表

マクラーレンは「LT」の新型「765LT」2020年3月3日発表した。765台の限定モデルとなる。デリバリー開始は2020年9月を予定している。

2020年3月5日〜2020年3月15日(現地時間)に行われるジュネーブモーターショー2020にて世界初公開の予定であったが新型コロナウィルスにより中止となったが、デジタル記者会見が2020年3月3日(現地時間)に放送された。

目次

新型 765LT

最新のロングテールモデルになるように設定された「765LT」は、「720S」をより軽く、より強力である。炭素繊維を多用した空力パッケージが与え、10スポークホイールは、セナから供給されるキャリパーを備えたカーボンセラミックブレーキシステムによってバックアップ。セナのカーボンセラミックディスクを備えたトラックブレーキパッケージを選ぶことができる。従来のカーボンセラミックディスクよりも約60%強く、摩耗と色あせを軽減するために4倍の熱伝導率を提供。

換気された後部のフェイシアと、同等のスチール製のセットアップよりも40%軽量の4テールパイプチタン製排気システム。軽量化に加えて、システムは「シアリングLTサウンドトラック」を提供。

鍛造アルミニウムピストン、追加の燃料ポンプ、改良されたオイルポンプ、再調整されたエンジン管理システムを備えた4.0L V8ツインターボエンジンから供給。最高出力755hp(563 kW / 765 PS)と最大トルク590 lb-ft(799 Nm)720Sと比べの最高出力45 hp(33 kW / 45 PS)最大トルク22 lb-ft(30 Nm)を発揮する。最適化されたギアリングを備えた7速デュアルクラッチトランスミッション、「720Sよりも15%速いギア内加速と、マクラーレンスーパーシリーズモデルの最速ラップタイム」が可能。最高速度330km/h、0-100km/h加速2.8秒、0-200km/h加速7.2秒となる。

.

新型 765LT スペック

スペック 新型765LT
全長 4,600mm
全幅 1,930mm
全高 1,157mm
ホイールベース 2,670mm
エンジン 4.0L V8ツインターボエンジン
最高出力 755hp(563 kW / 765 PS)/
7,500rpm
最大トルク 800Nm/5500rpm
トランスミッション 7速DCT
駆動方式 RWD
乗車定員 2名
0-100km/h加速 2.9秒
最高速度 330km/h

ソース

Carscoops
The McLaren 765LT Is A Lightweight Heart-Throb With An Active Rear Wing And A 755 HP Twin-Turbo V8 |... McLaren's latest Longtail hits 60 mph in 2.7 seconds and has a top speed of 205 mph.
あわせて読みたい
あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

当サイトの運営者。2013年から現在まで日本車から外車まで幅広い情報を紹介致します。フォローお願い致します。

目次
閉じる