メルセデスベンツ 新型Bクラス VS トヨタ カローラ マツダ MAZDA3 スバル インプレッサスポーツ 徹底比較

mercedes-benz-b-class 競合車種比較

メルセデスベンツは新型Bクラスのフルモデルチェンジを行い日本では2019年6月6日した。C型セグメントのハッチバック型に分類される。日本車のトヨタ「カローラ」マツダ「MAZDA3」スバル「インプレッサスポーツ」と比較してみた。

新型Bクラスについて

新型Bクラスはルノー日産とダイムラー共同開発の新前輪駆動プラットフォーム、「MFAⅡプラットフォーム」FF/AWDを採用し軽量化と剛性のupする。

先代モデルよりも全長を約55mm拡大、ボディサイズを拡大した。ベースとなっているAクラス(W177)より全高は120mmほど高くなっている。Cd値は0.24と、先代モデルの0.25と比べて向上している。更にルール形状を改めリアのヘッドスペースを拡大し、リアドアの開口部を広げるなど、快適性や使い勝手を改善する。現行に比べデザインは伸びやかにフロントとリアまで曲線的につなぐルーフラインとなり、車体全体が低くスポーティに感じられ、少し下に乗っているような感覚となるだろう。

mercedes-benz-b-class

メルセデス・ベンツ 新型 Bクラス フルモデルチェンジ 2019年6月6日発売

メルセデス・ベンツ 新型 Bクラス フルモデルチェンジ 2019年6月6日発売
メルセデスベンツは新型Bクラスのフルモデルチェンジを行い日本では2019年6月6日に発売した。 ドイツのラシュタット工場にて新型Bクラスの生産を開始したと発表した。2018年12月3日(現地時間)から新しいBクラスを欧州での注文を開始し、...

新型カローラスポーツについて

トヨタは新型オーリス / オーリスハイブリッドの3代目となるフルモデルチェンジを行い米国では新型「カローラハッチバック」として、日本では新型「カローラスポーツ」として2018年6月26日発売。

toyota-corolla_sports

トヨタ 新型カローラスポーツ

トヨタカローラ店を通じて販売を開始。2018年8月2日にカローラ スポーツに6速マニュアルトランスミッション(6速MT)搭載車を新設定し発売を開始した。

TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Cプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。

トヨタ 新型 カローラスポーツ ハイブリッド オーリス フルモデルチェンジ TNGA採用 2018年6月26日発売

トヨタ 新型 カローラスポーツ ハイブリッド オーリス フルモデルチェンジ TNGA採用 2018年6月26日発売
トヨタは新型オーリス / オーリスハイブリッドの3代目となるフルモデルチェンジを行い米国では新型「カローラハッチバック」として、日本では新型「カローラスポーツ」として2018年6月26日発売。トヨタカローラ店を通じて販売を開始。2018年8...

トヨタ 新型 カローラスポーツ 一部改良 2019年9月発売

トヨタ 新型 カローラスポーツ 一部改良 2019年9月発売
トヨタは新型「カローラスポーツ」の一部改良を行い2019年9月に発売する。 新型カローラスポーツ 一部改良について 今回の一部改良ではツートンカラーをラインナップ。ブラックのルーフ、ピラー、ドアミラー、リヤスポイラーなどを組み合わせ。オ...

新型Bクラス VS 新型カローラスポーツ ボディサイズ比較

スペック 新型Bクラス 新型カローラスポーツ
全長 4,419mm~4,426mm 4,375mm
全幅 1,796mm 1,790mm
全高 1,541~1,562mm 1,460mm
ホイールベース 2,729mm 2,640mm

新型Bクラス VS 新型カローラスポーツ ターボモデル比較

スペック 新型Bクラス 新型カローラスポーツ
エンジン 直列4気筒1.4L
ターボエンジン

直列4気筒 DOHC 1.2L 
直噴ターボエンジン

最高出力 100kW(136PS)/
5,500rpm
85kW(116ps)/
5,200-5,600rpm
最大トルク 200Nm/
1,460~4,000rpm

185Nm(18.9kgm)/
1,500-4,000rpm

トランスミッション 7速DCT  6iMT/CVT
駆動方式 2WD(FF) /4WD 2WD/4WD
JC08モード燃費 17.2~19.6km/L
WLCTモード燃費 15.0km/L 15.2~16.4km/L
価格 3,840,000円 213万8400円〜
241万9,200円

新型Bクラス VS 新型 MAZDA3

マツダは「アクセラ」 セダン/ハッチバックのフルモデルチェンジを行い、2019年5月24日に発売する。今回から新世代商品第一弾とし全世界共通で車名を「MAZDA3」改名した。マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」と世界初となる「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」採用した次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用 車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用。全方位で洗練されたダイナミック性能を実現。新型「MAZDA3」からの新たな技術投入する。

mazda3

新型 MAZDA3

新型Bクラス VS 新型 MAZDA3 ボディサイズ比較

スペック 新型Bクラス 新型MAZDA3
全長 4,419mm~4,426mm 4,460mm
全幅 1,796mm 1,795mm
全高 1,541~1,562mm 1,440mm
ホイールベース 2,729mm 2,725mm

新型Bクラス VS 新型 MAZDA3 ターボモデル比較

スペック 新型Bクラス 新型MAZDA3
エンジン 直列4気筒1.4L
ターボエンジン

2.0L 直列4気筒
エンジン

最高出力 100kW(136PS)/
5,500rpm
114kW(155ps)/
6,000rpm
最大トルク 200Nm/
1,460~4,000rpm

196Nm(20.0kgm)/
4,000rpm

トランスミッション 7速DCT  6速AT
駆動方式 2WD(FF) /4WD 2WD
JC08モード燃費
WLCTモード燃費 15.0km/L 15.8km/L
価格 3,840,000円 2,470,000円〜
2,719,200円

マツダ 新型 MAZDA3 アクセラ フルモデルチェンジ SKYACTIV-X搭載 2019年5月24日発売
https://car-repo.jp/blog-entry-1042.html

新型Bクラス VS 新型インプレッサスポーツ

現行モデルは5代目で2016年10月に発売された。現行インプレッサはマイナーチェンジを行いC型として2018年10月11発表、11月2日発売開始。次世代プラットフォーム「Subaru Global Platform(SGP)」を採用。国産車で初となる「歩行者保護エアバッグ」を全車標準搭載。スバル アイサイトver.3 全車標準搭載。

impreza_1.6i-L EyeSight S-style

impreza_1.6i-L EyeSight S-style

新型Bクラス VS 新型インプレッサスポーツ ボディサイズ比較

サイズ 新型Bクラス 新型インプレッサスポーツ
全長 4,419mm~4,426mm 4,460mm
全幅 1,796mm 1,775mm
全高 1,541~1,562mm 1,480mm
ホイールベース 2,729mm 2,670mm
乗車定員 5名 5名

新型Bクラス VS 新型インプレッサスポーツエンジン比較

スペック 新型Bクラス 新型インプレッサスポーツ
エンジン 直列4気筒1.4L
ターボエンジン
1.6L水平対向4気筒
DOHC
最高出力 100kW(136PS)/
5,500rpm
85kW(115ps)/
6,200rpm
最大トルク  最大トルク200Nm/
1,460~4,000rpm

148Nm(15.1kgm)/
3,600rpm

トランスミッション 7速DCT  6AT
(リニアトロニック)
駆動方式 2WD(FF)/4WD AWD
(4WD)
JC08モード燃費 18.2km/L
WLTPモード燃費 15.0km/L
価格 3,840,000円 192万2,400円〜
216万円

スバル 新型 インプレッサ マイナーチェンジ C型 オートビークルホールド機能搭載 2018年10月11発表、11月2日発売

スバル 新型 インプレッサ マイナーチェンジ C型 オートビークルホールド機能搭載 2018年10月11発表、11月2日発売
スバルは新型インプレッサのマイナーチェンジ C型を2018年10月11発表、11月2日発売開始する。 価格:194万4000円~261万3600円 新型インプレッサ マイナーチェンジ C型について オートビーグルホールド (AVH...

最後に一言

いかがですか?新型Bクラスのライバル車たちは各社の特色を活かした魅力的なモデルであることは間違いない。現在ガソリンターボモデルとディーゼルターボのみのラインアップであり各社の比較をしたが燃費面では他社と比較して差がない。価格面では国産車の方が割安ではあるが、Bクラスには「安全運転支援システム「インテリジェントドライブ」」や「インフォテイメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」」を搭載しており、決して高いとも言い切れない。C型セグメントではストレスや疲労軽減は間違えなく、Bクラスがトップである。参考にして頂けたら幸いです。

mazda3

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/

カローラスポーツ

https://toyota.jp/corollasport/

インプレッサスポーツ

https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

競合車種比較
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
最新自動車情報2019をフォローする。
最新自動車情報2019
タイトルとURLをコピーしました